ニュージーランド発!老舗エコブランドecostoreがルミネに期間限定オープン
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ニュージーランド発!老舗エコブランドecostoreがルミネに期間限定オープン

写真提供:株式会社マッシュビューティ―ラボ

こんにちは。つい先日ご案内した「2017年をもっとエコに!鎌田安里紗さんと一緒に最新のエコでオーガニックなライフスタイルを学ぼう!」ですが、当日イベントでプレゼントされたブランド「ecostore(エコストア)」のポップアップショップがちょうど今、ルミネ有楽町1で期間限定オープンしているんです。また、1月19日からはルミネエスト新宿店にもオープンします。これを機にあらためてご紹介したいと思います!

エコストアって、どんなブランド?エコストア製品の5つの特徴

ニュージーランドのエコ商品が好きな方には常識かもしれない老舗エコブランド、エコストア。自然原料だけで作った洗剤やスキンケア製品をメールオーダーで売り始めたのが始まりで、どんな家庭にも馴染むおしゃれでシンプルなパッケージは、「もっと多くのひとに手にとってもらおう」と2000年に一新したものだそう。わたしもこの洗練されたパッケージが本当に大好きです。

「エコストア」製品には5つの特徴があります。それは環境への安全性の高さが最高レベルであること、容器が再生可能なエコ容器であること、すべての製品において全成分を公開していること、動物実験を一切行わないこと、そして遺伝子組み換えの原料は使用しないこと。環境への安全性については、ニュージーランド有数の環境研究組織<クラウン研究所>によって最高レベルの“エンバイロマーク・ダイアモンド”の認定を受けています。

ミネラル成分が豊富に含まれた大地で生産され、キッチン、ランドリーなどの家庭用洗剤からスキンケアやベビーケアまで、さまざまな商品を取り扱っています。本国では90%以上の店舗でセレクト支持率を誇るというメジャーなブランドなのです。

写真提供:株式会社マッシュビューティ―ラボ

量り売りシステムで環境にもお財布にも優しい「Refill Station」

家で空になったエコストアの容器をお店に持っていくと、各種洗剤が100ml単位で詰め替えられちゃうお得な量り売りサービス「Refill Station」。限られた店舗でだけ行われていますが、これからオープンのルミネエスト新宿店で設置されるそうです。

ゴミとなる容器を削減しながらお財布にも優しい、エコストアならではの発想ですよね。

普段使いにもプレゼントにもこだわりのエコストアを!

もちろん、エコストアなら友達やご家族へのプレゼントでも喜ばれます。エコストアを知らない方には、5つの取り組みのストーリーもぜひ伝えたいものです。オーガニックな商品がどういうものなのか知ったら、きっとただの洗剤とは違った意識で使っていただけるはず。

ルミネ有楽町店は1月5日から25日まで。ルミネエスト新宿店は1月19日から31日まで。ぜひぜひ足を運んでみてください!

<ecostore POPUP SHOP@ルミネ有楽町>

■会期 2017年1月5日(木)~25日(水)
■会場 ルミネ有楽町1・1F正面入り口(東京都千代田区有楽町2-5-1)
■営業時間 平日 11:00 ~ 21:30 土日祝 11:00 ~ 21:00

<ecostore POPUP [email protected]ルミネエスト新宿>

■会期 2017年1月19日(木)~31日(火)
■会場 ルミネエスト新宿・B1F(東京都新宿区新宿3ー38―1 B1F)
■営業時間 平日11:00 ~ 22:00、土日祝10:30 ~ 22:00

 

ーーBackstage from “ethica”ーー

量り売りサービス、体験してみたいけど今月は空になりそうにないという方も多いはず。しかし慌てて使い切るのはエコじゃない…ですよね、やっぱり。(笑)もし運良く使い切ったら、容器は洗ってよく乾かしてから持っていきたいものですね。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

2017年をもっとエコに!鎌田安里紗さんと一緒に最新のエコでオーガニックなライフスタイルを学ぼう! 1月14日(土)14時~(株)マッシュビューティーホールディングス本社ビル1階にて開催!
おうちレストランって知っていますか? ささやかで特別な時間を!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます