銀座に新たな価値と歴史を創り出すGINZA SIXスペシャルムービーに椎名林檎が出演 銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」4月20日(木)開業  〜世界が次に望むものを〜
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
銀座に新たな価値と歴史を創り出すGINZA SIXスペシャルムービーに椎名林檎が出演

「世界の銀座」の進化を引きだすエリア最大級の再開発プロジェクト

東京のど真ん中、銀座6丁目の銀座中央通りに面して間口約115m、奥行き約100mの広大な敷地に商業施設とビジネス施設が混合された大規模複合施設が再開発され4月20日(木)にオープン、なずけて「GINZA SIX」。銀座の目玉施設と言うのみならず日本の“それ”と言える施設です。
また、その空間をうめる出店店舗の豪華さ、そして幅の広さは目を奪わんばかり。本当に「豪華絢爛」と言う表現が当てはまります。具体的なお話をすれば更に理解が深まりますがエリア最大規模の商業施設には、241の世界ブランドが出展、うち半数以上の121店舗が「旗艦店」です。驚きますね。
また、この施設は単なるビジネスをけん引する場所のみならず文化の発信地でもあります。
その視点から今回は3つの施設をご紹介しましょう。さらに、巻末では椎名林檎さん主演スペシャルムービーを紹介します。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

文化・交流施設「観世能楽堂」

地下3階にある文化・交流施設「観世能楽堂」(480席)は能楽界を代表する観世流の拠点です。舞台には人間国宝や重要無形文化財指定保持者の出演が予想されます。中世の名工により作られ美術工芸としても価値の高い能面、能装束、源氏物語や平家物語、万葉集などの国文学、伝統的な音楽などのエッセンスが詰まった能の劇場が銀座の真ん中で楽しむことが出来ます。日本の伝統文化の発信拠点として、訪日外国人観光客に向けた多言語対応システムを今後導入することも予定されています。

Photo=Mirai Matsuzaki (TRANSMEDIA)

GINZA SIXの6Fに蔦屋書店オープン

“ライフスタイルを提案する書店”として展開する蔦屋書店。今回、銀座 蔦屋書店では「アートのある生活」をテーマに幅広く提案していくとのことです。「アート」と「日本文化」を主題として商品及び空間を構成し、世界一のアートブックの集積を目指すほか、生命力に満ちた江戸文化に光を当て、また、現代の東京カルチャーの発信も試みるとのこと。
同店ではアート関連の書籍、雑誌販売の他にも独立したギャラリースペースでのアート販売、日本工芸の極みとも言える日本刀の販売、重さ約40kgで圧倒的な存在感を放つ「BIG BOOK」や銀座 蔦屋書店がプロデュースし復刻した春画集など、日ごろなかなか見ることが出来ない作品なども多数取り揃えています。

シックな雰囲気の「蔦屋書店」と「STARBUCKS RESERVE® BAR」。心ゆくまでアートに浸ることができる空間です。

CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO

施設の1階、東南の角にシチズンウオッチグループのフラッグシップストアがあります。同社は日本を代表する時計メーカーですがこれほどの広さと多様な種類の時計を集めた店舗を見たことがありません。まさに日本の時計作りの技術を世界に発信する意気込みを感じました。
数々のシチズンブランドの陳列、世界最高級のブランド「Arnold&Son」ほか数多くのブランドの「ショップ イン ショップ」が見られます。店内には時計修理工房なども設けられており、至れり尽くせりと言った感じです。表に出ると交詢社通り沿いの同社のショーウィンドーには日本最大級の針式GPS衛星電波クロックが掛けられており表を歩く人に正確な時刻を知らせます。
銀座の新しい“待ち合わせ場所”の候補と言えましょう。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

以上、「日本文化」と言った視点で3施設のみご紹介しましたが、施設は広大でざっと探訪するだけでも数時間を要します。しかし、その時間を費やす意味は十分あると思います。是非、ご自分の目で味わってください。お薦めです。

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回ご紹介した「GINZA SIX」に出店されている241の企業・ブランドのうち31店舗が「エシカル」と言うカテゴリーで紹介しています。

URLは、http://ginza6.tokyo/tag/ethical  。

ビューティーライフスタイル、バッグ&シューズ、ファッション&グッズ、ジュエリー&ウオッチなど多彩な品物を見ることができますので一度ご覧になってみては。

ペンネーム:T.J

GINZA SIXスペシャルムービー「メインストリート」篇

Gallery 椎名林檎出演 〜世界が次に望むものを〜

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
新しい概念、価値を生み出す建築に魅せられて 【特別協力】藤本壮介建築設計事務所
CLOSE-UP! PR 【 2016/12/23 】 Fashion
国内外で高い評価を得る建築家の藤本壮介さん。その建築作品は、単なる美しい建物や空間に留まらず、感性や表情、時間といった目に見えないものが宿り、新しい価値を生み出しています。建築家への道のりから、初めて手がけた時計のデザインについてまでを聞きました。
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
伝統工芸とファッションをつなぎ「未来の伝統」の種をまく 【独占取材】生駒芳子さん
CLOSE-UP! PR 【 2017/2/24 】 Fashion
ファッション誌での編集長経験を生かして、ファッションやアートと、エコ、エシカルをつなぎ、「未来のラグジュアリー」を発信し続ける生駒芳子さん。日本の伝統工芸との運命的な出会い、そして、エシカルをテーマにした新しい時計「CITIZEN L Ambiluna」にかけた思いを語ります。

次の記事

得意なコト×好きなコトで社会貢献。日本初のオンライン寄付サイトを立ち上げた40歳の転機とは? 【編集長対談】(公社)アニマル・ドネーション代表理事 西平衣里さん (財)クリステル・ヴィ・アンサンブル主催「Foster ACADEMY」登壇者取材記事(前編)
飼い主がいない犬猫はどうなる?動物福祉の今を、ボランティアの現場から探ります。 (財)クリステル・ヴィ・アンサンブル主催「Foster ACADEMY」 第19回セミナー「私たちが動物ボランティアをはじめた理由」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます