森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ 国際ガールズ・デー 2017 イベントレポート
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ

「Because I am a Girl」キャンペーンの日本での推進役を務めるモデルの森星さんとネパールの少女たち。

皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが開催されました。10月7日、バーニーズ ニューヨーク六本木店で行われた森星さんのトークイベントに訪れたethica編集部が当日の様子を振り返ります。

「国際ガールズ・デー 2017」のイベント会場となったバーニーズ ニューヨーク六本木店。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

女の子の権利について考える「国際ガールズ・デー」

「国際ガールズ・デー」の制定に大きく寄与したのが、国際NGO「プラン・インターナショナル」の活動です。プラン・インターナショナルは、開発途上国の支援活動を行なっている団体で、その活動はアジア・アフリカ・中南米の51カ国に及びます。同団体が特に力を入れているのが、児童労働・児童虐待などが横行する地域で生きる子供たちへの支援。その中で、途上国の女の子たちを応援するため、2007年からスタートした「Because I am a Girl」キャンペーンは、大きな広がりを見せました。

トークイベントは外苑東通りに面した開放的な空間で実施された。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」

同キャンペーンのショッキングなコピーをご記憶の方も多いのではないでしょうか。世界ではいまだに多くの女の子が「女の子だから」という理由で、十分な教育を受けられず、若年結婚や若年出産を強要され、あるいは生きる権利すら奪われているという不条理な現状があります。寄付金を募り、過酷な環境に生きる女の子たちの保護・教育を行うことはもちろんのこと、こうした因習を改善するためには、何より社会全体への啓蒙活動が重要です。

「Because I am a Girl」キャンペーンの支援先の一つ、ネパールから来日した女の子たち。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

モデルの森星さんが支援活動を伝える「エンジェル」に

日本での「Because I am a Girl」キャンペーンの推進役である「Because I am a Girl(BIAAG)エンジェル」をボランティアで務めているのが、モデルの森星(もり・ひかり)さんです。森さんは2015年の就任以来、実際に支援先の現地を訪問したり、キャンペーンイベントへの参加、SNSでの発信を通じて、多くの女の子たちを勇気づけ、活動支援への参加を広く呼びかけています。翼を持った伝達者、エンジェルの名にふさわしい、チャーミングなキャンペーンのサポーターです。

あふれんばかりの笑顔で登場した森星さん。イベント中も、終始笑顔を絶やさなかった。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

森さんは昨年に続き、日本での国際ガールズ・デー イベントにおいて、ネパールから来日した少女たちとともにスピーチを行いました。10月7日、トークイベントの会場であるバーニーズ ニューヨーク六本木店には、キャンペーンカラーのマゼンタ(ピンク)を身につけた多くの参加者が集まりました。森星さんのスピーチの模様をお伝えします。

この日、来場者に配布された「Because I am a Girl」キャンペーンカラーのピンクのバラ。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

ひとりひとりの力は、実はすごく大きい

前々日にヨーロッパから帰国したばかりという森さん。ステージ登場時、モデレーターの後藤さん(プラン・インターナショナル)との挨拶がついつい英語になってしまい、「時差ボケ気味」と照れながらも、「『Because I am a Girl』は、女の子を応援することがテーマ。私と同世代の女の子が集まってくれたら良いなと思っていたので、すごく嬉しいです」と、笑顔で語り出しました。

世界中を駆け巡る多忙な森星さんがBIAAGエンジェルの活動を引き受けるきっかけになったのは、現在カバーガールを務める女性誌『25ans(ヴァンサンカン)』(ハースト婦人画報社)の企画で、ベトナムのハザンを訪れたときだったそうです。日本人と接触する機会がほとんど無い現地の人々にとって、「森さん=日本人」であるという認識に、自分の振る舞い方を振り返り、個人の影響力を実感したのだと言います。

森さんは英語が堪能なので、現地の方とのコミュニケーションもスムーズで、われわれスタッフも助かりました」 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

「”個人”対”個人”が、”国”対”国”に変わってくるんだなと思ったときに、知名度とは関係なく、自分という一人の人間の力の大きさを自覚しました。そして、お金や有名になることが目的ではなく、自分の目標として、影響力を持った人になりたいって思ったんです。そうすれば伝える力が広がるなと。」

「どんな職業に就いていても『”なぜ”、”何のために”自分はこの仕事をしているんだろう』ということに、ぶち当たることがあると思うんです。ベトナムで、プラン・インターナショナルさんの活動に関わる様になったことをきっかけに、自分のゴールが定まったというか。これからも私はモデルとして、ファッションとの関わりを持ち続けていきたいのですが、そうした中で、私はいろんな国に行って、いろんな子供たちと出会って、いろんなものを発信していきたいと思ったんです。25歳になってやっと気付いて、まだまだ勉強不足ですけど(笑)」

モデレーターの後藤さんは、ベトナムを出立するとき、現地の子供たちがいつまでも森さんを見送っていたエピソードを挙げながら、「森さんの『影響力を及ぼす人になりたい』というヴィジョンと、『伝える』という強い意志を持った「BIAAG エンジェル」のイメージがぴったり重なったんです」と嬉しそうに話しました。

ファッションが持つ影響力を、もっとソーシャルグッドな取り組みに

この日の森さんは、マゼンタの枠の中に「BECAUSE I AM A GIRL!」の文字が入った白いキャンペーンTシャツを着て登壇していました。このTシャツ、実は森さん本人が国際ガールズ・デーのためにデザインしたもの。目を輝かせていきいきと話す森さんは、「女の子だから」という言葉を、とてもポジティブに着こなしているように思えました。このTシャツは、プラン・インターナショナルのスポンサーシップの申込者にも広報活動推進の一環で送られており、この日会場にいたスタッフも、同じTシャツを着用していました。

ご自身がデザインされたキャンペーンTシャツを着て笑顔の森星さん。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

「モデルをさせていただいているので、ファッションの影響力の強さは日々実感しています。ファッションの世界は入れ替わりが激しくて、良くも悪くも、どんどん新しいものが求められ、つくられています。ファッションの世界が、もう少し未来のこと、環境のことを考えながら、プラン・インターナショナルのような活動ともっと手を取り合って行ったら、さらに楽しくて素敵なものができて、世界をチェンジできるんじゃないかと思うんです」

実際、国際ガールズ・デーの趣旨に共鳴したバーニーズ ニューヨークの「GIRL POSSIBLE」の活動など、ファッション界のアクションは、多くの人々の問題意識を喚起し、プラン・インターナショナルのような支援団体の広報活動を大きく後押ししています。

本国のバーニーズ ニューヨークが展開していた「GIRL POSSIBLE」の活動が2017年から日本でも。ポップなロゴが印象的。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

「私もそうなのですが、女の子って『カワイイ』とか『オシャレ』とか『写真映えしそう』っていうところから興味を持っていきますよね。でもそれって悪いことではなくて、そうであれば、私たちもそういう風に発信していけば良いと思うんです。このキャンペーンのシンボルカラーのピンクは、すごくインプットされやすくて、しかも支援先の国々の民族衣装の鮮やかな色のイメージにも通じるので、このピンクを大事にしたいなと考えながら、Tシャツをデザインしました」

ベトナム、カンボジア、ネパール・・・25歳になって気づいた「次の世代に伝えたいこと」

森さんはこれまでに、ベトナム、カンボジア、ネパールを訪問し、現地の実情を学ぶとともに多くの女の子たちを励ましてきました。自ら現地の人々と英語で話し、積極的に情報を収集しているそうです。森さん自身は、こうした経験から何を得ているのでしょうか。

「毎回、支援先の国を訪れるたびに、いつか私に子供が生まれたら、孫ができたら伝えたい、そう思えるような発見や気づきがあるんです。最初に23歳でベトナムを訪問したときには、『今ある環境を当たり前だと思わない』ことを学びました。当たり前と思わず、感謝の気持ちを忘れないこと。カンボジアでは、これは女の子に限りませんが、人間として『生きる目的やヴィジョンを持つこと』の大切さを実感しました。こんなにも多くの選択肢がある国に住んでいてさえ、目標を失うとアンハッピーになっちゃうんです。」

「Because I am a Girl」キャンペーンの活動を通じ、自分自身の成長を実感していることをいきいきと語る。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

「今回訪れたネパールは、プラン・インターナショナルのスタッフも含め、皆さんのチームワークが良くて、明るい未来のある国だという印象がありました。途上国だから劣っているなんていうことはなく、今のネパールにも良いところはいっぱいあります。ネパールの子供たちに画用紙を渡して、将来の夢を描いてもらったら、個人的な夢じゃなくて、みんなが自分たちの住んでいる街のきれいな景観を描いたのにはびっくりしました。みんな自分たちの村をどうきれいにしていくかということで頭がいっぱい! 未来しか見ていないというか、私にとっても刺激になりましたし、今回すごく勉強になりました」

「実は今もネパールの子供たちと連絡を取っていて、みんなが見てくれているから、SNSの投稿も『みんなの刺激になるような内容にしなきゃ』とか、以前よりちょっと考えてしまうようになりました(笑)。でもやっぱり、自分の考えをシェアしてくれたりすると、とても嬉しい。こうやっていろんな国で友達ができていくことが、すごくハッピーです。自分だけが現地に行って学んで自己満足で終わらないよう、このエンジェルの活動を通して、伝える力をもっと磨いていきたいと思います。そうすることで、いま自分がしている仕事をやる意義も見出せて、もっと頑張れます。」

森星さんの提案する「私によくて、世界にイイ。」は・・・

最後に後藤さんから、会場の参加者へのメッセージを求められると、森さんは「苦手なんですよね、最後のまとめの言葉って(笑)」とはにかみながら、次のようにスピーチを結ばれました。

「繰り返しになりますが、ひとりひとりの力は大きいということをいろんな国で学びました。いま、SNSなど個人が発信できる場も増えてきていますし、それをみんなが良い方向に活用してほしいと思います。慈善活動を押し付けているわけではなくて、自分のブラッシュアップとして、まずは知識や情報をインプットするところから、みんなが関わっていけたら良いな、と思います。一つの国のことを知れば、自分の国のことをもっと知りたいと思えますし、自分自身の生きるモチベーションが上がるので。」

今回お話をうかがい、森さんがBIAAGエンジェルのボランティア活動を、とてもナチュラルに自分自身の成長の中に取り入れている印象を受けました。すでに大きな影響力をお持ちの森さんですが、これからのさらなる活躍がますます期待されます。

「ひとりひとりの力は、実はすごく大きいんです」 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

皆さんも、SNS上でまずは気軽に「国際ガールズ・デー」に関するハッシュタグ「#国際ガールズデー」「#BecauseIamaGirl」 「#プランインターナショナル」を検索・発信して、途上国の女の子たちや世界中の賛同者と交流してみるのも良いかもしれません。あるいは、この記事や「Because I am a Girl」のキャンペーンサイトをシェアして、家族やお友達といろんなことを話してみては?

プラン・インターナショナルは、私たちにこのように語りかけています。

「Because I am a Girl(女の子だから) その後に来る言葉は、私たちの力で変えられる未来です。」

プラン・インターナショナルの「Because I am a Girl」キャンペーンの詳細はこちらから
https://www.plan-international.jp/girl/special/oct11.html

記者:松崎 未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

森星さんのInstagramアカウント(@xxhikarixx)フォロワーは、なんと100万人! チャーミングな笑顔と絶大な発信力を持つ森さんは、まさに「BIAAエンジェル」の適任者だと思いました。もちろん持って生まれたものもある方だとは思うのですが、何より、自分が持っているもの、自分が得たものを、惜しみなく他の人々と共有し笑顔に変換するポジティブなパワーをお持ちです。誰もが好感が持てる森さんのまっすぐさが、この日のスピーチでひしひしと伝わってきました。あのいきいきとした素敵な声を、この記事で少しでもお届けできていればと思います。

<エシカ記事予告> 女の子たちの可能性に向けて バーニーズ ニューヨークが六本木の街をピンクに染めた国際ガールズ・デー

 

バーニーズ ニューヨークが展開する女性のエンパワーメントのための活動「GIRL POSSIBLE」。お話をうかがったバーニーズ ジャパンの中庭俊一さん。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

女の子たちの可能性に向けて バーニーズ ニューヨークが六本木の街をピンクに染めた国際ガールズ・デー 【編集長対談】株式会社バーニーズ ジャパン 中庭俊一さん

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
なめらかで光沢感のあるユニクロのプレミアムリネンで春夏を快適に
独自記事 【 2020/6/22 】 Fashion
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナウイルスの影響は徐々に落ち着いてきましたが、この自粛の期間で、在宅勤務になったり休日も外に遊びに行けなくなったりと日常の過ごし方が大きく変化した方も多いのではないでしょうか。私自身、お家で過ごす時間が増えたことで自分と向き合う時間をたくさん持...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...

次の記事

【エシカ独占インタビュー】 フォロワー31万人超!世界的切り絵アーティストが初来日 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ
女の子たちの可能性に向けて バーニーズ ニューヨークが六本木の街をピンクに染めた国際ガールズ・デー 【編集長対談】株式会社バーニーズ ジャパン 中庭俊一さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます