人気漫画家・安野モヨコさんが描くキャラクター「オチビサン」も完成!鎌倉のソーシャルグッドな取り組みをご紹介。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
人気漫画家・安野モヨコさんが描くキャラクター「オチビサン」も完成!鎌倉のソーシャルグッドな取り組みをご紹介。

鎌倉市役所の前に、原寸大の江ノ電の先頭車両が登場。そして横のベンチにはオチビサンが座っていました。

「江ノ電」や鎌倉を舞台でお馴染みの漫画のキャラクター「オチビサン」の完成発表に伺いました。

自然豊かな、ここ鎌倉は、環境問題やリサイクルへの意識が高いエリアとしても定評があります。今回は、鎌倉市民と行政、そして企業が団結して取り組んでいるソーシャルグッドな取り組みの一端をお伝えします。

つめかえパックを集めてブロックに再生

鎌倉市役所前に、江ノ電の先頭車両が設置してあったのをご存知ですか。よく見ると、無数のブロックを組み合わせてできている原寸大の模型でした。そしてその横には、人気漫画家の安野モヨコさんが描くキャラクター、オチビサンが座っていて、こちらもカラフルなブロック製。展示期間中は、この江ノ電の中に入ってみたりオチビサンと一緒に記念撮影をしたりする親子の姿が多く見られました。

じつはこのブロックは、洗剤やシャンプーなどのつめかえパックを再生したもの。市役所の入り口の前には、空いたつめかえパックを入れる回収ボックスが置かれていました。

市役所の入り口に置かれた回収ボックス。この取材中にも「役所の用事のついでに」と、つめかえ後のパックをまとめて入れていく親子がいました。※現在、市役所からは撤去され江ノ電鎌倉駅構内に設置中

鎌倉市・NPO・企業のコラボでクリエイティブにエコ活動

今回のこの試みは、鎌倉市とNPOのカマコン、さらに有志企業がタッグを組み推進している「鎌倉リサイクリエーション」のひとつ。リサイクリエーションとは、使い終えたものを再び資源に戻すリサイクルと、新たに価値を創造するクリエーションを合わせた新しい言葉。

そもそもエコの観点から作られたつめかえパックは捨てるしかなかったものですが、それをさらに別のものにリサイクルするという新発想で、今までにないものを作りあげました。

ちなみに、カマコンは、“鎌倉の魂をもつ人たちが集まる運命共同体”をうたう、地元で大注目されているITに強いNPOです。現在はITの領域を超えて、様々な人や企業が参加・協力をして、鎌倉を盛り上げています。その活動例の一つとしてあるのが、「津波が来たら高いところに逃げるプロジェクト」。そのイメージキャラクターにオチビサンが登場しています。

そんな鎌倉愛に熱いNPOと企業、そして市役所とのコラボレーションは、これからのエコな暮らしのヒントになるばかりでなく、みんなで楽しく参加できるうえに驚くほどクリエイティブ。今まで捨てていたものが、市民を楽しませてくれたり、役立ってくれたりするのです。

江ノ電の中に実際に入ることも可能。

運転席にあるボタンを押すと発車ベルが鳴るなど凝った作りに。

市民、役所、企業が手をつないでいくように

先述したとおり、鎌倉市民はエコ意識が高く、リサイクル率でいうと全国でもトップクラスだそうです。このつめかえパックの回収を始めて数カ月で、江ノ電とオチビサンの完成が叶ったほどです(2017年10月から回収を始め、2018年4月のイベント開催までに38745個のパックが集まりました)。

このように、市民が高い意識を維持している秘訣は、日々美しい自然の中に暮らしているからというのはもちろんですが、他県から転入してきた家庭にもエコやリサイクルに関する説明会を実施するなど、市役所でもこまやかな対応を行っているからと聞きます。

また、現在市では環境経営の取り組みを考えている市内事業者向けに、「かまくらエコアクション21」(http://www.ea21.jp/)という独自の制度を設けています。これにより、市全体でエコ活動の維持・推進に取り組んでいます。

こういった活動に地元企業が積極的に参加し、さらにエコへの取り組みに力を入れる大企業がノウハウを提供するなど、環境を守りたいと願う手と手がつながって、どんどん大きな輪に成長しているのです。

「リサイクリエイション」のロゴマークは、手と手をつないでいくイメージ。

鎌倉といえば《面白法人カヤック》

今回ご紹介したNPOのカマコンですが、地元民には《面白法人カヤック》の方が、聞き馴染みがあるかもしれません。同社が中心となって、鎌倉の御成通りに「まちの社員食堂」を、鎌倉駅から徒歩3分の立地に「まちの保育園」をオープンさせたのは記憶に新しい出来事です。また、結婚式から葬儀、不動産などの事業も展開しているという、まさに鎌倉で暮らす人々のための地元密着企業。鎌倉に住みたい、鎌倉で働きたいという人は要チェックです。

面白法人カヤック
https://www.kayac.com/

2018年4月に行われた江ノ電完成式典に登壇された方々。左から、鎌倉市長 松尾崇氏、NPO法人カマコン 兼 面白法人カヤックCEO柳澤大輔氏、江ノ島電鉄株式会社 中沢俊之氏、合同会社テラサイクルジャパン エリック・カワバタ氏、花王株式会社 取締役 長谷部佳宏氏。

《オチビサン》といえば鎌倉

鎌倉在住の漫画家・安野モヨコさんの作品《オチビサン》は、鎌倉のどこかにある「豆粒町」を舞台にした作品です。鎌倉の自然が魅力的に描かれ、ほっこりできるストーリーも魅力。鎌倉の広報活動にも一役買っているので、まちのどこかでバッタリ出会えるかもしれませんよ。

オチビサンが座るベンチもブロック製。洗剤や柔軟剤のパックをリサイクルしているせいか、ほのかに良い香りがします。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

リサイクルで作られたブロックの取り組みについては、以前にもエシカの記事で取り上げさせていただきました(http://www.ethica.jp/41104/)。その時に感じたのは、このブロックの使い方は無限大だということ。ブロックを実際に持ってみましたが、軽いのにとても強固ですので、たとえば積み上げて災害時の仮設住宅にしたり、机や椅子、ベッドにもできそうです。そしてそれが不要になれば、簡単にバラしてまた次に必要なものに姿を変えられます。こういったブロックならではの可能性に目をつけた企画・開発者にも賛辞を贈りたいと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』代表・別所哲也さんが、小池百合子東京都知事を表敬訪問
『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』のトークイベントに、女優・黒木瞳さんとEXILE TAKAHIROさんが登場。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます