食で世の中をエシカルに!「香りを食べるアイスクリーム」。魅惑のレシピは若手トップシェフの田村浩二氏 田村シェフに、FRAGLACEのアイスをはじめ、料理へのこだわりや思いをお聞きしました。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
食で世の中をエシカルに!「香りを食べるアイスクリーム」。魅惑のレシピは若手トップシェフの田村浩二氏

香りをたべるアイスクリームFRAGLACEのラインナップ。「ローズバニラ」「ローズチョコレート」「ティー」そして、「レモン・オリーブオイル・塩」。

FRAGLACE(フレグラス)は、いま注目のトップシェフがこだわり抜いて生み出した「香りをたべるアイスクリーム」。FRAGLACEを口に含み、体温で少しだけ溶かして息を吸い込むと、体いっぱいに芳醇な“おいしい香り”が広がります。口に入れた瞬間の「おいしい!」はもちろん、余韻もうっとりするほどおいしい。大人にこそ味わってほしい新感覚アイス、堪能してみませんか。

新登場のフレーバーは「レモン・オリーブオイル・塩」

FRAGLACEのフレーバーの第1弾はバラ、第2弾は抹茶をリリース。これらは、VOGUE、WWD、ELLE gourmet、anan、VERY、Hanakoなど、女性誌を中心に各種メディアに取り上げられ大きな話題を呼びました。そして今回は、「レモン・オリーブオイル・塩」の新フレーバーをクラウドファンディングサイト「Makuake」にて発表。こちらは、目標に対して568%達成と、プロジェクトの目標をたちまちクリアしたそうです。なお、2019年1月中には一般販売も開始する予定です。

詳細はこちら(https://fraglace.jp/

レモンの爽やかな酸味とオリーブオイルのコク、そしてちょうどいい塩味…。まさに新感覚のアイスクリーム。はじめはそのまま、あとから付属のオリーブオイルをかけて。2度おいしい体験を。

使用するオリーブオイルは、「素材の目利き」であるシェフ自ら足を運んで厳選した小豆島のもの。

鮮烈な香りをアイスで再現した田村シェフ

FRAGLACEのレシピをつくるのは、フランス発グルメガイド「ゴ・エ・ミヨ」の2018年度「期待の若手シェフ賞」にも選ばれた田村浩二シェフ。フランスのMirazur(ミシュラン2つ星、世界のベストレストランランキング現3位)、レストランES(ミシュラン1つ星)を経て、白金台「TIRPSE」でシェフを務めた、いまもっとも注目されている料理人のひとりです。

田村シェフがつくる料理は、食べる人に驚きと感動を与え、その卓越したセンスは様々なメディアにもたびたび取り上げられました。香りの「感じ方」や「出方」を計算し尽くし、研究し続けているシェフだからこそ、アイスの中に鮮烈な香りをとじ込めることに成功。FRAGLACEのアイスを一口ふくみ、体いっぱいに広がる香りを体感してみてください。

また、田村シェフはつくり手と素材をとても大切に考えています。自ら全国の生産者のもとへ足を運び、「おいしく」「こだわりのある」「地球にもやさしい」最高の食材をつねに探し続けているそうです。

シェフが可能なかぎり現地に足を運び、食材を厳選し、生産者とも対話。

「香りは記憶と結びついている」とは?シェフに聞きました

食で世の中をエシカルに!と考える田村シェフに、FRAGLACEのアイスをはじめ、料理へのこだわりや思いをお聞きしました。

エシカ編集部: オリーブオイルとアイスクリームという組み合わせの発想は、どこから?

田村シェフ: 元々オリーブオイルのパンナコッタやクリームなど乳製品と合わせるのがとても好きなのと、柑橘を使ったアイスを作りたかったので、自然とオリーブオイルが浮かびました。食材の組み合わせの着想は日々の生活の中から得ることが多いです。旅先などでも見つかりますが、常に食べるものや香るものに意識を傾けているので、ふとした時にこれとこれが合いそう!という感覚になります。

エシカ編集部: 香りを抽出するうえで、こだわっているコトは?

田村シェフ: 香りは記憶と結びついているので、その香りのイメージと味わいがつながるように意識しています。酸味のある食材の香りを活かすなら、酸味のある着地にする。イカを焼いたような美味しそうな香りの時は、旨味を強めにするなどですね。

エシカ編集部: FRAGLACEのアイスは、どんなシチュエーションで食べるのがおすすめ?

田村シェフ: 香りに意識を向けていただけるよう、ゆっくりと落ち着いて自分と向き合えるような環境で味わうのがおすすめです。また、大切な人との特別な時間だったり、日常の中での些細なご褒美だったりと、様々なシーンで楽しんでいただければ。

 エシカ編集部: 今後チャレンジしてみたいコトはありますか?

田村シェフ: 香水を作りたいのと、空間を香りでプロデュースしてみたいですね!それと、地方の自然の中で一年間限定のオーベルジュもやってみたい。自然と向き合いながら自分らしいありのままの料理を作って、食べに来た方たちとお互いに幸せになれる空間を作りたいです。

フランス発グルメガイド「ゴ・エ・ミヨ」の2018年度「期待の若手シェフ賞」にも選ばれた田村浩二シェフ。

エシカ編集部: シェフにとって、「私によくて、世界にイイ。」とは?

田村シェフ: 自分がこれをしたい!という明確なものよりは、これは絶対やりたくないというものの方が強い。なので、こういったものがあったらな…という人たちの課題や問題を解決していくほうが自分らしくもあり、人の為にもなる。自分が楽しくできる環境というのは、その時点で誰かの役に立っているのかなと思うので、自分にしか出来ないことを楽しくやる事で、少しでも世界が良くなるようにしたいと思っています。また、どんなに素晴らしいことをしていても、自分が幸せでなければ持続性は生まれない。自分が心から幸せだと思えるように、自分の環境を整えることも、巡り巡って世界にイイ事なんだと思います。自分と自分の周りの人を幸せにするように、世界が幸せになりますように。

 

雨が少なく日照時間の長い小豆島でつくられたオリーブはフルーティで、レモンや塩との相性も抜群だそう。

調理場だけでなく、全国の食材生産地もシェフの仕事場。

FRAGLACEは作る工程までも、エシカル

FRAGLACEのアイスは、障がい者福祉施設でつくられています。日本を代表するトップシェフの複雑で繊細なレシピを正確に再現するために、当初予定の倍の試行錯誤を重ねてきました。再現は困難かと思われましたが、シェフとスタッフが一体となることで、障がい者福祉施設発の世界に通用するアイスクリームが完成したのです。

大量生産では決してつくれない、丁寧な作業から生まれたエシカルでやさしいアイスクリーム。そんなFRAGLACEは、贈り物にもぴったりです。大切な人、お世話になった人にぜひプレゼントしてほしいという願いを込めて、ギフトボックスも用意されています。なお、箱の梱包、カップのシール貼りも障がい者福祉施設のスタッフの工賃になっているそうです。

フレッシュな香りや色を保ちつつ、おいしく仕上げるのがシェフの腕の見せどころ。

パッケージやカップもシックな大人仕様。贈答用にも喜ばれそう。

ーーBackstage from “ethica”ーー

満足度の高い濃厚さや、なめらかな食感など、最近の日本のアイスクリームの進化には感心するばかりでしたが、 “香り”に焦点をあてた大人のアイスクリームは、もはやオヤツの領域を超えた食文化というべきかもしれません。香りに興味のある人は、こちらのプロジェクトも要チェックですよ。オーガニックなリフレッシュミスト「ONEME」(https://www.makuake.com/project/oneme/

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

田村シェフご出演映像はこちら

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け
独自記事 【 2019/5/20 】 Art & Culture
「カンヌ」と言えば、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルム・ドールを日本に持ち帰ったのが記憶に新しいところです。 あれから早1年。そのカンヌ国際映画祭が、今年も5月14日夜(現地時間)に開幕しました。 今回は、第47回に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを勝ち取ったクエンティン・タランティーノ監督の最新...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
最新スポット「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京」でエシカルを考えるイベントを実施
独自記事 【 2019/9/6 】 Food
持続可能なコーヒー調達において、常に最先端の取り組みでコーヒー業界をリードしてきたスターバックスでは、2015年以降、エシカルなコーヒー豆の購買率 99% を毎年達成しています。 そして、それにちなみ実施されてきた「99 キャンペーン」は、今年で5年目に突入。コーヒーを取り巻く環境が変化する中でも、5年間にわたり 99...
“エシカル”第一人者、林民子さんのインタビュー
独自記事 【 2014/3/11 】 Fashion
日本に”エシカル”という言葉を初めて紹介したNPO法人ソーシャルコンシェルジュ代表理事及びSHOKAYジャパンオフィス共同代表の林民子さん。被災地の自立支援として始めたSHOKAY for TOHOKU(ショーケイ・フォー・東北)など、エシカル第一人者である林さんにこれからの日本においてのエシカル・ムーブメントの展望な...

次の記事

守りに入らず、勝負してこそ道は開ける 【トシワキタ&總水とおま・後編】 【編集長鼎談】 映画監督/映像作家 トシワキタさん 歌手/女優/ナレーター 總水(そうす)とおまさん
ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます