フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で日本のトレンド情報を発信し、中国人インフルエンサーKOLの一人として高く支持される陳さん。その活躍ぶりはNHKの番組でも取り上げられた。圧倒的な行動力で日本を学び、働き、情報発信してきた。その道のりと原動力、これからの夢について語る。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

大学時代、京都に留学。その後、狭き門を突破し日系企業へ。

ーーご出身は? どんな幼少時代を過ごしましたか?

出身は大連です。北京、上海、広東などの1級都市に続く2級都市の中でもっとも大きな街です。海に囲まれた港町で、中国北部に位置するので冬は結構寒いですね。

子どものころは、ピアノ、バイオリン、絵画教室、英語……と、色々と習い事をしていました。自分からやりたいというよりは、親に言われて、という感じでしたが。小学生になると、テレビでよく日本のアニメを見ていました。「名探偵コナン」「セーラームーン」などに夢中に。周りもみんな好きだったので、放課後に友達の家に行って一緒に見たり、アニメについて調べたりもしました。それが最初に日本に興味を持ったきっかけでした。

中国北部の街、大連出身の陳さん。「暑さは苦手。東京の猛暑にはびっくりしています」  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー大学で日本語を専攻されたとか。

英語を使うアナウンサーになりたくて、北京の大学で英語を勉強したいと思っていました。ところが、第一志望の大学に落ちてしまって。結局、地元の大連外国語大学に進学しました。この大学は日本語教育に力を入れていて、それまでも日本には家族旅行で訪れて親しみがあったので、日本語を専攻することに。本格的な日本語の勉強は初めてで、正直、すごく難しかったですね。ただ、英語の勉強を通じて語学を学ぶことは得意だったので、だんだんと身につき、同時に楽しくなっていきました。

3年のとき、交換留学で同志社大学へ。行きたい大学を選び試験を受けるのですが、同志社が京都にあることが決め手になりました。東京ほど都会すぎず、大学の雰囲気もとても良さそうだったので。実際、キャンパスライフはすごく楽しかった! 留学当初は日本語をほとんど喋れず、言いたいことがなかなか伝わらなくて苦労しましたが、先生がとても熱心で、先生とコミュニケーションする中で日本語を習得することができました。

大学時代、陳さんはビジネスで使える日本語の習得に力を入れたという。  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー初めての日本での暮らし。カルチャーショックなどはありませんでしたか?

日本人の礼儀正しさ、優しさには驚きました。電車に列に並んで乗るなんて、本当にビックリ。サービス業の方々も丁寧でとても親身になってくれて、デパートでは買うつもりがなかったのに、あまりにも熱心な接客にほだされ思わず買っちゃたことも(笑)。日本人のおもてなしの精神は、中国人も見習うべきだと思いました。1年間の留学は、大学も勉強も、そして京都での暮らしも楽しく刺激的で、心から堪能しました。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー帰国後は?

大学を卒業したら、もう一度日本に戻って大学院生になりたいと考えていました。しかし、たまたま日本の企業が大連の大学から学生を募っていて、それに挑戦してみることに。大連外国語大学からは300人以上、ほかの大学も対象だったので相当数の応募だったと思いますが、採用の5人に残ることができました。その人材サービス会社に就職し、ヘッドハンターとして働きました。

その後、中国版ツイッター「微博」関連のインターネット広告を扱う広告会社へ転職。営業として新しいクライアントの開拓をしていました。そんな中で見つけたのが、日本企業の「サラヤ」でした。もともと日本の企業にはアンテナを張っていたのですが、いろんな場所でお手洗いに行くと、必ずサラヤさんのサニタリー商品が設置されていた。「この会社すごい!」と思ってすぐに調べてみたところ、商品の素晴らしさ、そうした商品を生み出す企業姿勢に深い感銘を受けて。「この会社は微博に広告を出さないと絶対に損する」と確信し、すぐに連絡をとったのです。

当時、私は東京の支社で働いていたのですが、サラヤさんの担当の方が普段は大阪なのに、私が連絡をした翌日にたまたま東京にくる予定がある、と。すぐに会っていただき、説明をしたところ「やりましょう!」と即決してくれたのです。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

後編に続く
「この会社すごい!」。ある日本企業との出会い。

陳寧欣

1991年7月19日生まれ、中国大連出身。
2014年に来日。日本文化が好きで、中国人としての独特な視点を持ちながら日中友好の懸け橋になりたいと、広告関係の仕事をしながらKOLとしても活躍中。

記者 中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

提供:サラヤ株式会社
https://www.yashinomi.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け
独自記事 【 2019/5/20 】 Art & Culture
「カンヌ」と言えば、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルム・ドールを日本に持ち帰ったのが記憶に新しいところです。 あれから早1年。そのカンヌ国際映画祭が、今年も5月14日夜(現地時間)に開幕しました。 今回は、第47回に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを勝ち取ったクエンティン・タランティーノ監督の最新...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
最新スポット「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京」でエシカルを考えるイベントを実施
独自記事 【 2019/9/6 】 Food
持続可能なコーヒー調達において、常に最先端の取り組みでコーヒー業界をリードしてきたスターバックスでは、2015年以降、エシカルなコーヒー豆の購買率 99% を毎年達成しています。 そして、それにちなみ実施されてきた「99 キャンペーン」は、今年で5年目に突入。コーヒーを取り巻く環境が変化する中でも、5年間にわたり 99...

次の記事

《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
「この会社すごい!」。ある日本企業との出会い。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます