フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
フォロワー530万超のKOL、陳さん。「中国と大好きな日本の架け橋になりたい」

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で日本のトレンド情報を発信し、中国人インフルエンサーKOLの一人として高く支持される陳さん。その活躍ぶりはNHKの番組でも取り上げられた。圧倒的な行動力で日本を学び、働き、情報発信してきた。その道のりと原動力、これからの夢について語る。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

大学時代、京都に留学。その後、狭き門を突破し日系企業へ。

ーーご出身は? どんな幼少時代を過ごしましたか?

出身は大連です。北京、上海、広東などの1級都市に続く2級都市の中でもっとも大きな街です。海に囲まれた港町で、中国北部に位置するので冬は結構寒いですね。

子どものころは、ピアノ、バイオリン、絵画教室、英語……と、色々と習い事をしていました。自分からやりたいというよりは、親に言われて、という感じでしたが。小学生になると、テレビでよく日本のアニメを見ていました。「名探偵コナン」「セーラームーン」などに夢中に。周りもみんな好きだったので、放課後に友達の家に行って一緒に見たり、アニメについて調べたりもしました。それが最初に日本に興味を持ったきっかけでした。

中国北部の街、大連出身の陳さん。「暑さは苦手。東京の猛暑にはびっくりしています」  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー大学で日本語を専攻されたとか。

英語を使うアナウンサーになりたくて、北京の大学で英語を勉強したいと思っていました。ところが、第一志望の大学に落ちてしまって。結局、地元の大連外国語大学に進学しました。この大学は日本語教育に力を入れていて、それまでも日本には家族旅行で訪れて親しみがあったので、日本語を専攻することに。本格的な日本語の勉強は初めてで、正直、すごく難しかったですね。ただ、英語の勉強を通じて語学を学ぶことは得意だったので、だんだんと身につき、同時に楽しくなっていきました。

3年のとき、交換留学で同志社大学へ。行きたい大学を選び試験を受けるのですが、同志社が京都にあることが決め手になりました。東京ほど都会すぎず、大学の雰囲気もとても良さそうだったので。実際、キャンパスライフはすごく楽しかった! 留学当初は日本語をほとんど喋れず、言いたいことがなかなか伝わらなくて苦労しましたが、先生がとても熱心で、先生とコミュニケーションする中で日本語を習得することができました。

大学時代、陳さんはビジネスで使える日本語の習得に力を入れたという。  Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー初めての日本での暮らし。カルチャーショックなどはありませんでしたか?

日本人の礼儀正しさ、優しさには驚きました。電車に列に並んで乗るなんて、本当にビックリ。サービス業の方々も丁寧でとても親身になってくれて、デパートでは買うつもりがなかったのに、あまりにも熱心な接客にほだされ思わず買っちゃたことも(笑)。日本人のおもてなしの精神は、中国人も見習うべきだと思いました。1年間の留学は、大学も勉強も、そして京都での暮らしも楽しく刺激的で、心から堪能しました。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ーー帰国後は?

大学を卒業したら、もう一度日本に戻って大学院生になりたいと考えていました。しかし、たまたま日本の企業が大連の大学から学生を募っていて、それに挑戦してみることに。大連外国語大学からは300人以上、ほかの大学も対象だったので相当数の応募だったと思いますが、採用の5人に残ることができました。その人材サービス会社に就職し、ヘッドハンターとして働きました。

その後、中国版ツイッター「微博」関連のインターネット広告を扱う広告会社へ転職。営業として新しいクライアントの開拓をしていました。そんな中で見つけたのが、日本企業の「サラヤ」でした。もともと日本の企業にはアンテナを張っていたのですが、いろんな場所でお手洗いに行くと、必ずサラヤさんのサニタリー商品が設置されていた。「この会社すごい!」と思ってすぐに調べてみたところ、商品の素晴らしさ、そうした商品を生み出す企業姿勢に深い感銘を受けて。「この会社は微博に広告を出さないと絶対に損する」と確信し、すぐに連絡をとったのです。

当時、私は東京の支社で働いていたのですが、サラヤさんの担当の方が普段は大阪なのに、私が連絡をした翌日にたまたま東京にくる予定がある、と。すぐに会っていただき、説明をしたところ「やりましょう!」と即決してくれたのです。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

後編に続く
「この会社すごい!」。ある日本企業との出会い。

陳寧欣

1991年7月19日生まれ、中国大連出身。
2014年に来日。日本文化が好きで、中国人としての独特な視点を持ちながら日中友好の懸け橋になりたいと、広告関係の仕事をしながらKOLとしても活躍中。

記者 中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

提供:サラヤ株式会社
https://www.yashinomi.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
「この会社すごい!」。ある日本企業との出会い。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます