次世代CSV(価値創造)経営とは何かーSDGsにより社会をリ・デザインするー(最終編) 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『伊藤園編』
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
次世代CSV(価値創造)経営とは何かーSDGsにより社会をリ・デザインするー(最終編)

ethicaがメディアパートナーとして参加した「サステナブル・ブランド 国際会議2019 東京」では数々のセッションが行われました。その一つが富士通、日本航空、カルビー、住友林業の各社が参加した「次世代CSV(価値創造)経営とは何かーSDGsにより社会をリ・デザインするー」が行われました。今回はそのセッションのファシリテーターを務めた伊藤園の笹谷秀光氏の発言をまとめました。(記者:エシカちゃん)

SDGsによって社会をリ・デザインする

「富士通、日本航空、カルビー、住友林業という日本を代表するさまざまな分野の企業が集まって、SDGsを今どうやって使っているのか、今後どう使っていくのかというのが本日のテーマなので、最初に私のほうから改めてSDGsとは何かを復習して認識を統一したうえで、それぞれの会社の取り組みについて質問をしながら進めていきたいと思います。SDGsによって社会をリ・デザインする、社会を再構築する際、私が産官学を渡り歩いてきた経験が活かせるのではないか、CSV、CSR、そしてSDGsをこなしてきたのが私のこれまでのキャリアでありますから。」

三方よし

「最近思うのですが、横文字は難しい。自分よし相手よし世間よしのいわゆる三方よしでいいのではないか、これで十分に説明できるという気がしています。ただし、日本の場合、古い体質でいけば陰徳善事という言葉が一緒にあって、徳なことは隠す、分かる人には分かるというカルチャーがあります。しかし、これはグローバル時代には全く通用しないので、発信型三方よしを提唱していて、自らが歩く発信型三方よしということでホームページを使って発信しています」

つくる責任 つかう責任

「SDGsの認知度は経営者層には70%近くにまでなりましたが、それでもまだまだ世界との比較の中では、日本での定着率は低いといわざるを得ません。ですから、皆さんには伝道師になっていただきたい。

2013年から15年にかけて国連で議論をして、5つのPが危険だという認識が統一されました。People(人間)、Prosperity(豊かさ・繁栄)、Planet(地球環境)、Peace(平和)とPartnership(連携)が危ないのではないかということで、それぞれに解決策を洗い出したところ、17の持続可能な開発目標・SDGsが設定されました。

また、SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」が入ったのがSDGsの非常に重要な特徴で、企業の力を使いたいということが明確に打ち出されていて、そして、不平等をなくしてまちづくりにもつなげていこうとしています。今日はそうしたまちづくりについてもクローズアップしていきたいと思っています。

目標12は「つくる責任 つかう責任」とありますが、使うほうの責任、消費者の対応も含めてしっかりと見直しましょう。

マイケル・ポーター流のCSV

私は環境省時代からさまざまな国際交渉をしてきましたが、SDGsは非常によくできた文章であり、国連で193か国の合意ができています。これから先ずっと、国際と名の付く議論をする時はこのことを知らずして会話は成り立ちません。例えばIOC、インターナショナル・オリンピック・コミッション、国際万博事務局、ユネスコ、こうした国際関係機関は全てSDGsを理解したうえで議論をする。間もなく来るG20ももちろんです。

テーマはSDGsが主軸になるだろうという、そういう感じですので、皆さんとサステナブルブランドのためのSDGsを再認識していただいて議論に入っていただきたいと思います」

「企業の場合、社会課題は分かった。であれば社会課題だけではなく、経済価値も同時実現しよう。マイケル・ポーター流のCSV、いわば共通価値の創造と訳されているCSVを実現するというのが企業の重要な要素の一つになっています。そのためにSDGsは使えます。そのチャンスを17の項目の中から探し出していただきたい。

そして一方、リスク管理にも使っていただきたい。その両面があるわけで、両面のバランスで企業の戦略性を強めていく。そういうことで企業こそSDGsをしっかりやろうということが今、相当程度の速度で浸透していますので、その浸透の度合いについて本日のパネリストの皆さんから実例を交えて話していただきたいと思います」

SDGsが経営マターに

「4社の発表を聞いていますと、4社はすでにSDGsを使いこなしていて、何を今さらSDGsなんだろうという考えもあるでしょうが、私は世界中でまとまったというところに意義があると考えています。企業にとって発信をどうするか、共感を呼ぶ発信をしたいと思った時、伝わりにくい部分があってもSDGsをかませると、ああ、あのことをいっているのかとすごく分かりやすくなります。特にグローバルに伝わりやすくなります。

次に大事なのは、これを社内に浸透させる、インナーブランディングというのが重要なポイントになります。

SDGsというのはチャンスであると同時に、あるいはリスクかもしれません。経済価値の実現で他社との差別化ができます。ダイバーシティをきちんとやっている会社は、それはそれでいいことですが、一方、調達のラインの中で児童労働のないサプライチェーンを確保しているとか、環境にいいことをやっていますよという一方で、環境負荷の高いほうに関与していないかの両方を見ていくことが必要になると思います。

マイケル・ポーターがいった社会価値と経済価値の同時実現のさらなるバージョンアップに、SDGsは使えます。つまり、企業にとってのSDGsはCSVだというようにとらえるのが非常に重要だと私は思います。この両方が実現できているプログラムが見え始めています。

次世代CSVをテーマに今日、皆さんと考えてきましたが、従来のCSRとは違って、SDGsが経営マターになってきました。これはとても重要な要素だと思います」

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
インターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2 第二話の見どころをご紹介
独自記事 【 2022/12/5 】 Work & Study
11月7日(月)より配信がスタートした、SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2!「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演して、身近な話題や気づきから、持続可能なアクションやサステナブルについて考えを深めます。今回は、12月5...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

日本とドイツの「働き方」の違いについて
SDGsで新たな共創モデルを構築する 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】 レポート『ネスレ編』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます