3月6日・7日【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】メディアパートナーのethicaでは優待チケットも
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
3月6日・7日【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】メディアパートナーのethicaでは優待チケットも

昨年のネットワーキング・交流エリア「Activation Hub」の様子

今年もethica読者に優待チケットをご用意

昨年よりethicaもメディアパートナーとして参加している【サステナブル・ブランド国際会議】(以下SB Tokyo)。サステナビリティ(持続可能性)とブランド戦略の統合をテーマに、2007年にカリフォルニア州で生まれた大規模国際会議です。

前回2018年のSB Tokyoでは、“グッド・ライフ”を「企業やブランドが地球規模の社会的課題に積極的に関与し、すべてのステークホルダーと中長期的に良好な関係を築くこと」と再定義(Redefining)しました。そして今回は「グッド・ライフをゴールとし、サプライチェーンや取引先・社員を含めて、自社・自組織を『再構築(Redesigning)』していくこと」をテーマに、プログラムを展開していきます。

2019年も開催場所は「ヒルトン東京お台場」です(http://hiltonodaiba.jp/)。目の前に広がる海や美しい夜景も楽しめますよ。

今回もethica読者にはチケット割引優待の用意がありますので、興味のある方は早めにチェックしてみてください。

◆SB 2019 TOKYO ご優待◆

ブランドの生き残りをかけ、社会課題解決と事業戦略の統合に挑むあなたに、多くのインスピレーションと新たな出会いをもたらす2日間。

サステナブル・ブランド国際会議 2019東京

日程:2019年3月6日(水)・7日(木)
会場:ヒルトン東京お台場(東京都港区台場1-9-1)
http://www.sustainablebrands.jp/event/sbt2019/

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
下記、参加登録フォームにディスカウントコードを入力ください。
20%OFFの優待価格でご参加いただけます。
参加登録フォーム    https://bit.ly/2DFVYqz
ディスカウントコード  SBNSL220
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

昨年のネットワーキング・交流エリア「Activation Hub」の様子

2019年の注目セッション

2日間の会議のなかでも、事前にチェックしておきたいのが「ブレイクアウト・セッション」。すべて複数登壇者によるセッションで、数多くのテーマが取り上げられて白熱のディスカッションが展開されます。

多種多様なプログラムがありますが、その一部の登壇者をご紹介。気になる企業・担当者の生の声を聞くチャンスです。

【未来まちづくりファーラム】

(株)NTTドコモ 山本 和明氏

(株)NTTドコモ 山本 圭一氏

Sustainable Branding
サステナビリティ時代の企業ブランディング

(株)電通 間宮 孝治氏

Ethical Consumer
消費者のグッド・ライフをどう実現するか

楽天(株)  眞々部 貴之氏

Millennials & Z Generation
ミレニアル・Z世代から学ぶ日本におけるサステナブル消費のツボ

(株)博報堂 松井 博代氏

Sustainable Branding
All In: The Future of Business Leadership

イケア・ジャパン(株)  ヘレン フォン ライス氏

企業とNGOの連携最前線!児童労働撤廃から世界を変える挑戦

モーターデロイト 羽生田 慶介氏

SDGs Strategy
SDGs: マッピングの一歩先

(株)リクルートホールディングス 田瀬 和夫氏

【未来まちづくりファーラム】

フィンランド大使館商務部 田中 浩一氏

SDGs Strategy
SDGs: マッピングの一歩先

(株)リクルートホールディングス 瀬名波 文野氏

SDGs Strategy
次世代CSV(価値創造) 経営とは何か

(株)伊藤園 笹谷 秀光氏

Good Societyをリ・デザインする

環境省 中井 徳太郎氏

【Invite Only】SDGsで新たな共創モデルを構築するセミナー&ワークショップ

ネスレ日本(株)  阿部 純一氏

Circular Economy
サーキュラーエコノミーへの挑戦 (1)新たな価値創造戦略と実践

パナソニック(株)  石橋 健作氏

Social Business
先進企業経営者と語る途上国でのCSVビジネス

PwCあらた有限責任監査法人 磯貝 友紀氏

Sustainable City
地域コミュニティでつくるサステナブルな都市ブランド-横浜

(株)JTB総合研究所 岡田 那喜氏

SDGs Strategy
次世代CSV(価値創造) 経営とは何か

富士通(株)  梶原 ゆみ子氏

Redesigning Public Relations
姿勢が伝わるコミュニケーション

凸版印刷(株)  亀井 光則氏

Sustainable Branding
All In: The Future of Business Leadership

ネスレ日本(株)  嘉納 未來氏

Redesigning Public Relations
姿勢が伝わるコミュニケーション

(株)電通 木下 舞耶氏

Sustainable Energy
RE100
電気を選ぶことで再エネを増やそう

大和ハウス工業(株)  小山 勝弘氏

◆各セッションの詳細・開催日時はこちらで確認を

https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcsj-qjthr-c551265af64da1f54e9009c6b7d1a4a9

先進ブランドの代表者による基調講演も

国内外のサステナビリティ有識者、先進ブランドの代表者による基調講演も2日間(各日午前中)にわたり開催されますので、その一例をご紹介します。なお、どの講演も満席必至となりますので、ぜひ早めにご来場を。

■3月6日 11:35~11:50

【経営理念の実践による持続可能型社会の実現】

セイコーエプソン株式会社 代表取締役社長 碓井 稔氏

■3月6日 11:50~12:00

【煙のない社会を目指すフィリップモリスのグローバルな挑戦】

フィリップ モリス ジャパン合同会社 職務執行役副社長 井上 哲氏

■3月7日 11:30~12:00

【SDGs FutureCity YOKOHAMA】

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野 朝子氏

横浜市 副市長 荒木田 百合氏

ネットワーキングエリアでは交流も

SB Tokyoのスポンサー企業が提供するネットワーキング・交流エリア「Activation Hub」も毎年大盛況。ランチ・ブレイク、ネットワーキング・レセプションなど、様々なネットワーキング企画が満載です。ここでSBコミュニティの仲間の輪が広がり、ビジネスに結びついた事例もたくさんあるそうです。

昨年のネットワーキング・交流エリア「Activation Hub」の様子

昨年のネットワーキング・交流エリア「Activation Hub」の様子

参加者の94%が「満足」と答えた昨年のSB Tokyo

昨年開催のSB Tokyoには、 企業をはじめとして423におよぶ団体・組織から延べ1646名が参加しました。企業関係者のほかに、NPO・NGO関係者や教育機関、さらに学生の参加者も多く、昨今のサステナブル・ブランドに対する関心の高さがうかがえます。

参加者の声として、「あやふやだった事が明白に理解できるなど得られる物が多かった」「リアルなビジネスのお話しが聞けた部分はとても有意義」「結論ありきではなく、参加者への問題提起と巻き込みが誠実にされていると感じた」「CSR担当ではありませんが、現業部門に活かせるヒントが多く忘れかけた志を呼び起こすことができた」など、様々な感想が上がっています。

ethica編集部も2日間の会議に参加して、毎年進化を続けるサステナブルな取り組みを肌で感じて来たいと思います。このサイト上でもレポートしますので、お楽しみに。

昨年のネットワーキング・交流エリア「Activation Hub」の様子

昨年のネットワーキング・交流エリア「Activation Hub」の様子

関連記事:

サントリー新浪剛史社長インタビュー「3.11は決意のきっかけの一つ」

【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『サントリー編』

【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『サラヤ編』

【サステナブル・ブランド国際会議2018東京】レポート『オムロン編』

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

東北人の魂を歌い続ける、天性のエンタテイナー 【白崎映美さんインタビュー】
広瀬すず&是枝監督の新CMに見る、この世界のつながり 【エシカルへ】編

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます