パタゴニアが見据えるビジネスと地球の未来/ヴィンセント・スタンリー氏(後編) 【サステナブル・ブランド国際会議2020 横浜】レポート
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
パタゴニアが見据えるビジネスと地球の未来/ヴィンセント・スタンリー氏(後編)

2020年2月19日、20日の2日間にわたって開催された「サステナブル・ブランド 国際会議2020 横浜」。そこで行われた50を超えるセッションの中から、アメリカのアウドドア衣料品のグローバルブランド『パタゴニア』のヴィンセント・スタンリー氏のスピーチを、前編に続いてご紹介します。「企業や人が、自然に対して謙虚であることが重要」と説くヴィンセント氏ですが、では、具体的にはどうしたらよいのでしょう。ヴィンセント氏が、パタゴニアが行ってきた取組みと未来に向けた戦略を話してくれました。(記者:エシカちゃん)

パタゴニアの取組み

パタゴニアは、アウトドア衣類ビジネスにおいて、どのような取組みを進めてきたのでしょうか。その企業姿勢がわかるのが、ヴィンセント氏が語った、ふたつの繊維に関する話でした。

ヴィンセント氏は、まずオーガニックコットンについて語り始めました。実はパタゴニアも、最初からオーガニックコットンを採用していたわけではなかったといいます。

「コットンは植物由来の繊維なので、石油由来の化学繊維と比較して環境負荷の少ない素材であると考えていました。しかし80年代後半になって、実はコットンのほうが地球に悪い影響を及ぼしているということがわかったのです」

その理由は、コットンを栽培する際に使う化学肥料や農薬に含まれる有害物質にありました。有機リンは殺虫剤などにも使われる成分ですが、実は元々は、神経ガスとして第一次世界大戦中に開発されたものなのです。有機リンの負の側面について、ヴィンセント氏はこう説明します。

「従来型の綿花の畑を実際に見たときには、窓を締めていても有機リン系の農薬の臭いがしました。そして土壌にはまったく生物がいなかったのです。農薬を3年やめなければミミズは戻ってこない。ほかの植物もまったく育っていませんでした」

このような経緯から、パタゴニアはすべてのコットンをオーガニックコットンに切り替えたといいます。

そしてもうひとつの繊維が、リサイクル可能なポリエステルでした。なぜパタゴニアが化学繊維を? と疑問に思われるかもしれません。その理由は、パタゴニアは、使用後に製品を引き取り、同じような価値のものにリサイクルする「循環型経済」に力を入れ始めたのですが、その場合のやり方として、コットンよりもポリエステルの方が簡単だったからです。

そしてそのポリエステルを使い、パタゴニアでは、10年も長持ちし、使い終わったときにはリサイクル可能なジャケットの生産を始めました。

しかし2011年、パタゴニアは、ニューヨーク・タイムズ紙に「Don’t Buy This Jacket(このジャケットを買わないで)」という広告を打ち出すことになります。というのも、実は、このジャケットの生産には、たくさんの水が必要だということがわかったからです。

ヴィンセント氏は、次のように話します。

「このジャケットは、私たちが『一番環境に負荷をかけない』と考えた素材でできていました。しかし実際には、このジャケットをつくる水があれば、ひとつの村が一週間暮らすことができるほどの負荷を、環境にかけていました。私たちが地球に負荷を与えないようにしている工程自体が地球に危害を与えていた、そして地球を搾取していたということがわかったのです」

その結果、パタゴニアは「Don’t Buy This Jacket」という広告を出すにいたったのです。

2025年に向けて

では、パタゴニアは、この先にどのような未来を見据えているのでしょうか。

ヴィンセント氏は「2020年を迎えて、私たちはビジネスのかたちにおいて大きな転換期を迎えている」と述べ、次の5年における、パタゴニアの具体的な目標に触れました。

「2025年にはカーボンニュートラルとなることを宣言しています。それ以外にも、私たちは製品の繊維において、新しい化石燃料(石油由来のバージン化学繊維素材)をまったく使わないということも2025年には達成したいと考えています」

そしてまた、パタゴニアは今後、農業を通して気候変動を改善するアクションを起こしていくとヴィンセント氏は語ります。その中心的なキーワードとなるのが、「リジェラティブオーガニック(環境再生型オーガニック)農業」です。

「有機農業のなかでも、特に不耕起農法や輪作などは、本来の自然の力を最大限活用し、潤沢な土壌を戻すことができる農法です。従来型の農法と比べて水の利用量も少なく、空気中にある炭素を地中に隔離固定していくことができるこの技術を、ビジネスとして活用していきたいと考えています」

より高いレベルの志の実現に向けて

ヴィンセント氏は、スピーチのまとめに際し、パタゴニアのミッションステートメントが変更されたことと、その理由について述べました。

「27年間、私たちのミッションは『最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑え、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する』というものでした。しかしいまの危機的な状況、そしてこの10年がいかに重要であるかということを鑑みて、ミッションを『私たちは故郷である地球を救うためにビジネスを営む』という文言に変更したのです。これは、より高いレベルでの志を意味するものであり、私たちがすでに歩み始めている、今後の数十年間の道筋を物語る理念なのです」

変化を恐れず、新たなアクションを起こし続けるパタゴニア。私たちが、今後するべきことは何なのか、深く考えさせられるヴィンセント氏のスピーチでした。

(前編)を読む>>>

ヴィンセント・スタンリー

ヴィンセント・スタンリーはイヴォン・シュイナードとともに『レスポンシブル・カンパニー』を共同執筆し、1973 年の創業以来パタゴニアに断続的に勤務しながらセールスまたはマーケティングの部長として執行の鍵となる重要な役職を担ってきた。現在ではパタゴニアの企業理念ディレクターを務め、イェール大学経営大学院の客員研究員でもある。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

パタゴニアが見据えるビジネスと地球の未来/ヴィンセント・スタンリー氏(前編) 【サステナブル・ブランド国際会議2020 横浜】レポート
新しいボランティアの形「Workaway」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます