歌、子育て、人生、そして旅ーー。相川七瀬さんの「25年」 デビュー25周年記念 独占インタビュー企画 Presented by SARAYA
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
歌、子育て、人生、そして旅ーー。相川七瀬さんの「25年」

撮影:平間至

歌手の相川七瀬さんが今年、デビュー25周年を迎えた。20代半ばで母となり、3人の子育てに追われながら世間のイメージとのギャップに苦しみ、キャリアの壁にぶつかった。40代を迎えた今、子どもとともに見えている風景とは?

撮影:平間至

25歳で結婚、そして出産。

20歳。「夢見る少女じゃいられない」でブレイク。明るく前向きなガールズポップス全盛の中、ちょっぴり不良っぽい、夜の雰囲気が似合う相川さんは異彩を放ち、圧倒的な歌唱力と存在感でスターダムを駆け上った。人気絶頂だった2001年、25歳で結婚、そして出産。当時をこう振り返る。

「私が長男を産んだ20年前、子育てするなら仕事はやめるという人が芸能界でも多かった。女性ミュージシャンでお子さんがいながらバリバリ活動していた人はほとんどいませんでした。『それが当たり前』という世の中の風潮に、窮屈さやどこか生きづらさを感じながら、私もこのまま家庭に入ってしまうのかな、って」

そんな諦めの気持ちを抱く一方で、同世代の仲間やミュージシャンのまばゆい活躍に焦りも感じるように。「家の中で子育てしている自分は社会から取り残されてしまったんじゃないか、私のキャリアは止まってしまったんじゃないかと思うようになりました」

30代に入ると、迷いはさらに深くなる。

「ファンの方は私の尖った歌が聞きたいと期待している。20代で歌っていたような、どこか冷めていて、男の子に対しても世の中に対しても強気な女の子が主人公の恋の歌を。そういう歌を書きたいと思う自分もいるんだけど……、目の前には家の中で子どもとほのぼのしている風景が広がっている。普通の主婦だし、いつも革パンを履いているわけでもないし(笑)」

そう言っておどけて見せるが、世間が求める「相川七瀬」のパブリックイメージと、現実の自分とのギャップに苦しんだ。どう乗り越えたのかを問うと、「オンとオフを分けない。そう決めたのです」と答え、こう続けた。

「まだ20代で子どもが一人だったころは、『この扉を開けたらママから歌手になる』なんてカッコつけてた(笑)。でも、子どもが3人になるとカッコつけてなんかいられない。そして、あるときふと思ったのです。家族と毎日ドタバタし、その生活の中に音楽がある。それが私の人生、私のキャリアなのだとしたら、そのスタイルを貫けばいい。そう思えてから、歌っている自分と母親の自分が分離することがなくなりました。楽屋から家がそのまま続いているみたいな(笑)。どこからがプライベートでどこからが仕事かわからなくなった。でも、すごく楽になれた。30代も後半に差し掛かったころのことです」

環境問題が「自分ごと」になったボルネオ島への親子旅

忘れられない旅がある。2010年、小学校3年生だった長男とともにマレーシアのボルネオ島へ。アトピー性皮膚炎だった長男のために、肌へのやさしさに定評のあるサラヤの商品を愛用しており、そのサラヤがボルネオ島の環境保全活動に力を入れていることから実現した旅だった。

オランウータン、象の群れやワニといった野生動物たちの姿など、大自然の素晴らしさを体感することができた。一方で、ボルネオ島が直面する環境破壊の現実も目の当たりに。アブラヤシのプランテーションを拡大するために、動物たちが生きる熱帯雨林が次々と伐採されている光景に衝撃を受けた。

「人間の欲のために生態系が壊され、地球が悲鳴を上げているーー。当時10歳だった息子は詳しいことは理解できなかったと思います。でも大学生になった今、SDGsについて学ぶ中で、有限な資源に人間がどう向かい合っていくかという問題を、彼は他人事ではなく自分ごととして捉えることができている。あの旅のことは今もよく息子と話すのですが、私たち家族にとても大きな経験と気づきを与えてくれました」

このボルネオ旅をきっかけに、3年前には家族でアフリカへ。サバンナの動物たちのたくましい姿に魅せられながら、実は1年半も雨が降っておらず深刻な水不足に陥り、人々は過酷で劣悪な暮らしを強いられていることを知り、水の大切さを痛感した。

「自然がいかにたくさんのものを人間に与えてくれているかを、子どもたちはしっかりと感じていた。私たちが何かを教えなくても、伝えたいことはちゃんと伝わっていた」

相川さんは郊外の畑で野菜を作ってきた経験もある。「遊ぶ施設や道具なんてなくても、カエルを捕まえたり、水たまりで泥まみれになったり、子どもって自分たちで楽しい遊びを考える。想像する力、創造する力を奪わず、育むために、私たち親ができるのは自然に触れさせてあげること。そう思うのです」

撮影:平間至

さらに、子どもたちを災害ボランティアに参加させることも。「なぜ災害が起きるのか。その理由も、自然と触れていれば地球の環境がすべて繋がっていることが自ずとわかるから」

インターネットが普及した今、世界中の情報に簡単にアクセスすることはできる。大自然の風景を、そこに行った気分で見ることだってできる。しかし、それはバーチャルの体験で、決して「自分ごと」にはならない。

「オンラインが当たり前になった世の中だからこそ、自分の足でその場に行き、見て、聞き、感じる。そうして初めて当事者として考えられるようになると思うのです」

そして、こう語る。

「そのことに気づかせてくれたボルネオ島への旅は、子どもたちはもちろん、その後『大学生』になった私にもかけがえのない経験となったのです」

(後編に続く)

続きを読む(後編)>>>

相川七瀬 25th Anniversary Final Party 〜ROCK NEVERLAND〜 開催決定!
2021.11.07(日) 中野サンプラザホール

https://www.nanase.jp

文・中津海麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

構成・大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業9期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

提供:サラヤ株式会社
https://www.yashinomi.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第5話)悔しさを原動力に [連載企画]植物調合士・オーガニックビューティセラピスト 坂田まことさん
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第3章:食から考える豊かさ編(第4節)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます