アジアの力を世界に TBS 秋沢淳子
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
アジアの力を世界に TBS 秋沢淳子

ethicaがメディアパートナーとして参加した「サステナブル・ブランド国際会議 2022 横浜」(SB 2022 YOKOHAMA)は、グローバルで活躍するサステナビリティのリーダーが集うコミュニティ・イベントです。

今年も、昨年に引き続き、歴史と未来が交差する人気都市・横浜で「ハイブリッド形式(現地参加 or オンライン参加)」開催となり、多くのセミナー、ディスカッション、ワークショップが繰り広げられ、さまざまな貴重な提言や発表が紹介されました。

今回は、2日目のオープニングを飾った「アジアの力を世界へ」と題されたセッションから、ファシリテーターを勤めた青木茂樹氏(SBアカデミックプロデューサー)と TBSの秋沢淳子氏のディスカッションをレポートします。

国際交流・教育支援をテーマに活動するNGO団体「スプートニクインターナショナル」

青木: 私から冒頭にご紹介したい方がいらっしゃいます。私の友人でもあるTBSのニュースを読んでいた秋沢淳子アナウンサー、正確には元アナウンサーで今はCSR部長と出世したんですけど、この間ふと見たらNHKインターナショナルのウェブサイトに出ていました。転職したのかなと思っちゃいましたけど、彼女は昔からスプートニクインターナショナルという団体で、世界を動かす、アジアを動かす活動をされているということで、ご紹介したいと思います。秋沢淳子さんです。

左から、サステナブル・ブランド国際会議 青木茂樹、TBS 秋沢淳子 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

秋沢: 1991年にTBSに入社しまして30年近くアナウンサーをやっておりまして、今はご紹介にあったようにCSR推進部というところで部長をやっております秋沢淳子と申します。

私は2000年からスプートニクインターナショナルというNGOを自分で立ち上げて、スリランカをメインにして日本語教育や、日本の文化の紹介、文化交流、あと児童養護施設、つまり昔で言うところの孤児院ですね、その運営をずっとやってきました。

そんな中でスリランカでは絵を描くことが大好きな人が多くいるということを発見して、同じようにアジアで活動している仲間にこの話をしたら、「そうなんだよ、素晴らしい技術があって才能を持ったアーティストがたくさんいるんだけど、世の中に出ていかないんだよね」という話になりました。そんな中で生まれてきた活動を、今日は皆さんに短くご紹介します。私、テレビ局ですので映像を作ってみました。まずは映像をご覧いただいて、その後で青木先生も交えてちょっとお話をしたいと思いますので、こちらのVTRをご覧ください。

【SDGs×アート】WhiteCanvasプロジェクトってなに?

青木: いやいやいや、皆さん、拍手してください。すごいことをやっていませんか。

秋沢: ありがとうございます。

「White Canvas ホワイトキャンバス」プロジェクト

青木: 昔からスリランカで学校を作ったり、私財を投げ打ってやっています。未来じゃない、私たちが始めているという第一人者ですが、なぜこのような広がりになったんですか?

秋沢: 日本の若者たちがいろいろなアジアの国でボランティア活動をしているんですが、そういう仲間たちをネットワークして、それぞれが活動するよりも仲間と力を合わせて何かを展開していったほうが発信力が高まるし、資金も集まっていいのではないかということで声をかけて、まず3カ国からスタートしたんです。

映像では900を超える作品がといっていますけど、去年2021年は2000作品になりました。なおかつ、それぞれ3つの国がお隣の国を巻き込んでいっていますので、今は6カ国が参加しているという形でどんどん広がっているんです。

アジアの画家ってなかなか有名になれないんですよ。

青木: たしかにそうですね。知らないですもの。すいません。

秋沢: ヨーロッパの画家さんの絵は、すごい高値で売買されているというイメージなんですけど、アジアは違いますね。

でも、アジアにも当然、素晴らしいクリエーターがたくさんいますので、そういう人たちをまずアジアの中でネットワークして、みんなの力で底上げしていって、世界のマーケットに繋げていく。今は絵で生活ができていないけど、素晴らしい才能を持った人たちをどんどんバックアップしていくと、その人たちがさらにその地域の子どもたちに絵を教えるとか、その先の活動がまた動いていくという、例えば1つ石を投げると波紋が広がるようにバァーッと大きくなるじゃないですか。

いくつもの波紋がどんどん重なっていって大きな活動につながっていくというのが「ホワイト・キャンバス(White Canvas)」じゃないかと思っています。

青木: アジアのアーティストには、アートの特徴のようなものはあるんですか?

秋沢: それぞれの国の文化とか宗教、価値観のようなものを反映している絵がとても多くて、例えばスリランカですと仏教をモチーフにしたものとか、あと、ゾウさんやハスの花等がたくさん描かれますね。

題材にされるものがトロピカルなものだったり。タイだったらタイっぽいモノとかいうイメージです。それ以外にもインターナショナルに通じるようなアートも当然生まれてきています。驚いたことに東南アジアのほうがオンラインを使ったデジタルアートがどんどん出ていっているんですよ。今でいうNFT(※)の技術を使ったアートを世界に広げていこうという活動は、後進国のほうが実は力が入っているような気がします。

※NFTとは、「Non-Fungible(代替不可能な)Token(証拠)」の略称で、非代替性トークンと訳される電子的な証明書のこと。暗号資産(仮想通貨)にも使われるブロックチェーン技術を活用したもので、デジタル作品の改ざんや複製が不可能になり、所有者を証明できる。

TBS 秋沢淳子 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

青木: 日本だと画商、画廊があってリアルな流通がありますから、若手のクリエーターがオンラインでというのはなかなかないけれども、アジアは違うということですね?

秋沢: そうなんですよ。アジアの田舎に行くと、携帯電話はみんな持っていますけど、「画廊」はないんですよ。何しろ見渡す限り田んぼという、そんな感じなんですから。

今の技術を使って、遅れた地域の中のいいものを拾って、まずアジアの仲間に提示して、そこからインターナショナルに持っていくというような取り組みが今、最先端で出来ていますね。

青木: これを私たちも見たい、買いたいという時にはどういうアクションをすればいいんですか?

秋沢: カンボジアのアーティストはGMOさんのAdam by GMOというNFTマーケットプレイスがあるんですけど、そこだと1万円くらいでデジタルの絵を買うことができますし、「ホワイト・キャンバス」はJRE MALLというJR東日本さんのモールでも発売しています。ちょっとお値段が高くなりますけど、その辺りをチェックしていただくと面白いと思います。

青木: いずれにしてもリアルな絵が買えるということですね?

秋沢: ええ、そうです。

青木: ということで、皆さん、ぜひ「ホワイト・キャンバス」で検索していただければと思います。秋沢さん、ありがとうございました。

秋沢: ありがとうございました。

今回の「サステナブル・ブランド 国際会議2022横浜(SB 2022 YOKOHAMA)」レポート記事は如何でしたでしょうか。

注目すべきセミナー、ディスカッション、ワークショップの様子を引き続きethicaで連載していきますので、お楽しみに!

バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

[連載企画]サステナブル・ブランド国際会議2022横浜

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

サステナブルビューティがコンセプト!極上の美容サロンGRAND TAYA GINZAが銀座にオープン
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第10章:雨ニモマケズ(第1節)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます