読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第10章:雨ニモマケズ(第2節)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第10章:雨ニモマケズ(第2節)

新企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」を担当します永島郁哉と申します。早稲田 大学大学院で社会学を研究しながら、休日には古着屋に行ったり小説を書いたりします。

この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっ かけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値 観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。

第10章 雨ニモマケズ

第2節 雨の日に晴れる

梅雨が近づく6月。第 10 章は、雨という気候について思考してみる回です。雨に対する負のイメ ージを一度払拭してみると、今年の梅雨は違った形で感じられるかもしれません。雨の復権と再 評価。読者の方々のエピソードを通して、少しだけ雨というものと向き合ってみましょう。

今回、雨にまつわる物語を共有してくれたのは、私の友人、Aです。以下のエピソードは、Aの 語りをもとに、私が再構成したものです。

私が雨について、そのもたらす効果を実感したのは、大学生のときです。私はそのとき、雨とほ とんど神秘的に結びついていたと言えるかもしれません。とにかく、私は雨と連帯して、雨に救 われたのでした。

当時の私は悲惨でした。美術大学に通っていたその時期、卒業制作を間近に控え、指導教授の見 えないプレッシャーに怯えていました。それに加えて、デザイン事務所で週7回の無給インター ン。雇い主は著名なデザイナーでしたが、仕事内容はほとんど秘書のようなものです。スケジュ ールを調整し、撮影に同行し、クルーのアテンドをし、とにかくさまざまな雑務をこなしました。 朝の3時に連絡が入ることもありました。アルバイトや就活もこれに重なり、私はほとんど生き ている心地がしないのでした。

そんな私をさらに苦しめたのは、努力の量を他人と比べる私のやっかいな癖です。今思えば、当 時の私は誰よりも努力していたのに、あのときはなぜか、周りに置いていかれている感覚がして いたのです。自分の忙しさは偽物のような気がして、周りで忙しく動き回る友人たちに劣等感を 抱いていました。

人は見通しが立たないとき、とにかく手を休めないように働きます。何かのために働いていたの に、気づけば働くこと自体が目的化してしまうのです。当時の私もまさにそうでした。何かが足

りないと常に渇求し、ひたすら自分に負荷を課すことで、短絡的な自己充足を得ようとしていま した。もちろん肉体的な疲労が蓄積するばかりで、私を覆う霧が晴れることはありませんでした。

そんな折、大雨が降りました。風が強く吹き荒れ、大粒の雨が空に舞い上がるほどの飛雨でした。 その日、私は授業終わりにアルバイト先へ向かうところでした。雲が分厚く垂れこめ、あたりが より一層暗くなった夕方、誰もが足早に駅へと急ぎます。ところが私はどういうわけか、「歩いて みよう」という気になったのです。それはほとんど突飛な思いつきでした。そこからアルバイト 先までは電車で 10 分ほど。歩けば 30 分です。しかも大雨。でも、私には「そうしたい」という 確かな意志がありました。

駅から遠ざかるにつれ、通りをゆく人はどんどんと減っていきます。傘から飛び出たバッグが濡 れました。それでも私は歩き続けました。途中で靴下が濡れました。それでも私は歩き続けまし た。大型トラックが雨を巻き上げながら通り過ぎる。店の軒先から雨が滝のように流れる。雨粒 に打たれて落ちた花びらが側溝に溜まる。そうした何気ない光景が私の目を離さないからです。

そのうち、私はこうして歩く理由について考え始めました。そして気づいたのです。今、雨の中 を闊歩する私こそが、私が目指すものなのではないか。それはつまり、誰もが煩わしく思ってや らないことをやってみること、そうしたもののなかに価値を見つけることでした。私は、忙しく なるために忙しくしてはいけない。私は、誰かがやってこなかったことをやるために忙しくする のだ、と。皮肉なことに、大粒の雨が降るその瞬間に、私の内側に漂っていた靄が晴れたのでし た。

「回り道」という言葉は極めて時間に規定された言葉です。「回り道」は時間という物差しで測っ たときに「回り道」なのです。ところが、私たちは「時間」以外のさまざまな尺度を持っていま す。例えば、どれだけその道を「気に入っているか」という尺度であれば、回り道は決して回り 道ではなくなります。

雨についても、同じことが言えるのではないでしょうか。雨を煩わしいと感じるのは、それが私 たちの中の「とある尺度」によって測られているからです。ですが、物事を測るのに必ずその尺 度を使わなければならないというルールはありません。Aが自分の内面と向き合ったのは、そこ に「人々は果たしてそうするか」という実践の尺度を用いて、雨の中に価値を見出したからでし ょう。Aの体験は、まさに雨を「煩わしいもの」から解放した瞬間です。私たちがそのようにし て多様な価値尺度を用いることができれば、「雨」という現象は全く違った様相を見せるかもしれ ません。

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

[読者対話型連載]あなたにとってウェルビーイングとは何か

永島郁哉

1998年生まれ。早稲田大学で社会学を学ぶ傍ら、国際学生交流活動に携わる。2019年に公益財団法人イオン環境財団主催「アジア学生交流環境フォーラム ASEP2019」に参加し、アジア10カ国の学生と環境問題に取り組んだ他、一般社団法人アジア教育交流研究機構(AAEE)では学生スーパーバイザーを務め、ベトナムやネパールでの国際交流プログラム企画・運営を行っている。2019年9月より6か月間ドイツ・ベルリン大学に留学。

——Backstage from “ethica”——

今回の連載は、読者対話型の連載企画となります。

連載の読者と、執筆者の永島さんがオンラインオフ会(ZOOM)で対話をし、次の連載の話題や企画につなげ、さらにその連載を読んだ方が、オンラインオフ会に参加する。という形で、読者との交流の場に育てていければと思います。

ご興味のある方は、ethica編集部の公式Facebookのメッセージから、ご応募ください。

https://www.facebook.com/ethica.jp

抽選の上、次回のオンラインオフ会への参加案内を致します。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

ethicaのこれまでとこれから 【アースデイ2022】NEXT LEVEL JAPAN主催 イベントレポート
(第21話)森の恵みと人の暮らしを結ぶ家具職人【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」 山々に囲まれたのどかな八ヶ岳を巡りながら「私によくて、世界にイイ。」ライフスタイルのヒントを再発見

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます