多彩なエシカル講義・実習を展開 ファッション×サスティナブルの学校「エシカルファッションカレッジ」開催(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
多彩なエシカル講義・実習を展開

お茶の水女子大学附属高等学校教諭 葭内ありささん

「コットンの日」であり、「世界フェアトレード・デー」でもある5月10日、1日だけの学校「エシカルファッションカレッジ」が世田谷区のIID世田谷ものづくり学校(旧池尻中学校跡地)で開催されました。レポート前編は、こちらhttp://www.ethica.jp/7560/

多彩な講義・実習を展開

今回の「エシカルファッションカレッジ」では、多くの企業や団体が参加し、さまざまな講義や実習、視聴覚イベントが行われました。

講義では、生駒芳子さんをナビゲーターに、サフィア・ミニーさん、リー・ジャパンの細川秀和さんがフェアトレード、オーガニックコットンなどエシカルファッションについて語った「これからのファッション」、実際の授業でエシカルファッションについて取り上げているお茶の水女子大附属高校教諭の葭内ありささんが、いつも行っている授業をそのままに再現した「高校家庭科講座・エシカルファッション」、大和総研の河口真理子さんが、なぜ今エシカル消費が広がりつつあるのか、歴史をひも解きながらその謎に迫り、持続可能(エシカル)な消費者になる意味と方法を参加者と一緒に考えた「エシカル消費を始めよう!」などが行われ、どの講義も立ち見が出るほどの盛況でした。

ファッションジャーナリスト 生駒芳子さん、 リー・ジャパン取締役 細川秀和さん、ピープル・ツリー代表 サフィア・ミニーさん

大和総研 河口真理子さん

Over the Rainbow代表 佐野里佳子さん

Leeの手染めワークショップの様子。着られなくなったTシャツ持ち込み自分だけのオリジナルTシャツをつくる姿もありました。

廃校になった校舎の廊下で行われたエシカルファッションショー

とても印象的なバックスタイル

また、実習ではオーガニックコットンのオリジナルバッグを作ったり、オーガニックの美を感じるヨガを実践したり、さらには絞り染めの体験などが行われた他、フェアトレード+エシカルのファッションショーや映画「バングラデシュの衣料工場で働く女工たち」の上映などもあり、参加者にとっては、改めてエシカルやフェアトレードについて考える有意義な1日となりました。

記者: 清水 一利(しみずかずとし) 55年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、79年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。86年、同社退社後、87年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。12年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、13年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

博報堂グループ出身のコピーライターがエシカルファッションブランドを立ち上げ インド人パートナーとの出会いをきっかけに「広告業界で培ったクリエイティビティを社会に還元したい。」と思い立つ
「私によくて、世界にイイ。」音楽シリーズをエシカに新設。 記念すべき第1弾エシカ独自インタビューは世界的クロマチックハーモニカ奏者の南里沙さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます