多彩なエシカル講義・実習を展開 ファッション×サスティナブルの学校「エシカルファッションカレッジ」開催(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
多彩なエシカル講義・実習を展開

お茶の水女子大学附属高等学校教諭 葭内ありささん

「コットンの日」であり、「世界フェアトレード・デー」でもある5月10日、1日だけの学校「エシカルファッションカレッジ」が世田谷区のIID世田谷ものづくり学校(旧池尻中学校跡地)で開催されました。レポート前編は、こちらhttp://www.ethica.jp/7560/

多彩な講義・実習を展開

今回の「エシカルファッションカレッジ」では、多くの企業や団体が参加し、さまざまな講義や実習、視聴覚イベントが行われました。

講義では、生駒芳子さんをナビゲーターに、サフィア・ミニーさん、リー・ジャパンの細川秀和さんがフェアトレード、オーガニックコットンなどエシカルファッションについて語った「これからのファッション」、実際の授業でエシカルファッションについて取り上げているお茶の水女子大附属高校教諭の葭内ありささんが、いつも行っている授業をそのままに再現した「高校家庭科講座・エシカルファッション」、大和総研の河口真理子さんが、なぜ今エシカル消費が広がりつつあるのか、歴史をひも解きながらその謎に迫り、持続可能(エシカル)な消費者になる意味と方法を参加者と一緒に考えた「エシカル消費を始めよう!」などが行われ、どの講義も立ち見が出るほどの盛況でした。

ファッションジャーナリスト 生駒芳子さん、 リー・ジャパン取締役 細川秀和さん、ピープル・ツリー代表 サフィア・ミニーさん

大和総研 河口真理子さん

Over the Rainbow代表 佐野里佳子さん

Leeの手染めワークショップの様子。着られなくなったTシャツ持ち込み自分だけのオリジナルTシャツをつくる姿もありました。

廃校になった校舎の廊下で行われたエシカルファッションショー

とても印象的なバックスタイル

また、実習ではオーガニックコットンのオリジナルバッグを作ったり、オーガニックの美を感じるヨガを実践したり、さらには絞り染めの体験などが行われた他、フェアトレード+エシカルのファッションショーや映画「バングラデシュの衣料工場で働く女工たち」の上映などもあり、参加者にとっては、改めてエシカルやフェアトレードについて考える有意義な1日となりました。

記者: 清水 一利(しみずかずとし) 55年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、79年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。86年、同社退社後、87年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。12年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、13年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

博報堂グループ出身のコピーライターがエシカルファッションブランドを立ち上げ インド人パートナーとの出会いをきっかけに「広告業界で培ったクリエイティビティを社会に還元したい。」と思い立つ
「私によくて、世界にイイ。」音楽シリーズをエシカに新設。 記念すべき第1弾エシカ独自インタビューは世界的クロマチックハーモニカ奏者の南里沙さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます