ジャパンエキスポ2014「料理の鉄人ー永谷園お茶漬け対決」ethica from paris クールジャパン、フランスで愛される日本のカルチャー、私によくて、世界にイイ。(日本によくて、フランスにイイ。)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ジャパンエキスポ2014「料理の鉄人ー永谷園お茶漬け対決」ethica from paris

(C)Japan Expo Photo=Antoine Muller

フランス・ジャパンエキスポでお茶漬け

フランス・パリで開催される「ジャパンエキスポ」で「永谷園の海苔茶漬け」とフランス食材で「和」を表現できませんか? こんな依頼が突然舞い込んで来たのが今年の春。料理研究家、出張シェフとしておいしい和食や日本酒を外国人に紹介する仕事をしている私には興味津々のトピック。しかも、ユネスコ本部のあるパリで、無形文化遺産に登録されたばかりの“和食”にフレンチ・テイストを混ぜ込んで、フランスや世界で愛される日本のカルチャーに貢献できるとあれば、このチャンスはまさにクールジャパン。

Photo=Antoine Muller

ヨーロッパ最大の日本文化の祭典

「ジャパンエキスポ2014」はフランス・パリにて7月2日から6日にかけて開催されたヨーロッパ最大の日本文化の祭典。今年で15周年を迎えたこのイベント、年々その規模が大きくなり来場者の数はなんと去年23万人、そして今年は26万人と、会場はいつも超満員の人気イベントなのです。フランス、ヨーロッパで、そして世界で愛されている日本の文化の大きさに驚かされます。

Photo=Antoine Muller

クールジャパンのテーマ:“日本・食文化・観光”

ジャパンエキスポといえば、「日本のポップカルチャー、マンガ・アニメ・ゲーム、そして伝統文化の紹介」ですが、2014年のクールジャパン・テーマの1つは “日本・食文化・観光”。日本食と食文化を紹介し、輸出や外国人観光客などを増やす事。そしてそこから地域経済や日本経済の活性化を図る目的もありました。

Photo=Antoine Muller

紫陽花のお茶漬け

さて、これが作ったお茶漬け。名付けて「紫陽花のお茶漬け」です。私に課されたお題はフランスの食材で和を表現する事。日本とフランス文化と融合させて、おいしいお茶漬けをつくるというもの。選んだ食材はワインバーやビストロの定番おつまみメニュー:ハムとチーズの盛り合わせ、これで「和」を表現してみました。ご存知でしたか、紫陽花の原産国は“日本”。そしてフランスでは「日本のバラ」とも呼ばれているこの花の花言葉は「仲良し」「家族団らん」「和気あいあい」。小さな花が集まって大輪の花に見えると言う事でこの花言葉がついたそうです。

Photo=Antoine Muller

日仏仲良しってことで万歳!

フランスで愛される日本のお茶漬け、和食とフランス食材のマリアージュ、日仏カルチャーの融合、これら全部をお茶漬けに閉じ込めて、「料理の鉄人ー永谷園お茶漬け対決」に挑んだ私。結果は皆さんの応援の甲斐もあって優勝!

 

ーーBackstage from “ethica”ーー

「クールジャパン、フランスで愛される日本のカルチャー、私によくて、世界にイイ。(日本によくて、フランスにイイ。)」日仏仲良しってことで万歳〜! 応援ありがとうございました。ジャパンエキスポ2014:料理の鉄人-永谷園海苔茶漬け対決 - 季節花:紫陽花のお茶漬け。

Photo=Antoine Muller

第15回 Japan Expo (パリ)

会期: 2014年7月2日(水)~7月6日(日)

会場: パリ・ノールヴイルパント展示会会場

主催: SEFA EVENT(JTS GROUP)

規模:来場者約26万人、120,000㎡

Photo Gallery

My profile, mon profil

I am a Japanese personal chef and vegetable expert  living in Paris. Born in Japan but, studied in USA, Canada and Mexico, then working in Tokyo and Europe.   My cooking and wine-sake knowledge have been developed with my international background.

I graduated from Japanese Traditional Cuisine  (Kaiseki) in Tokyo and from Le Cordon Blue in Paris, then, was working in the kitchen in restaurants and Ministry of Foreign Affairs.     Being as a personal chef, I have passion for BEAUTIFUL food with seasonal local products and the concept of ‘marriage’ with wine & japanese food, sake & french food.  Also,  I am interested in ‘food education’ for family and kids and ‘gluten free, bio,& multi-nutritious food’ for people  suffered from allergies.    In my cooking workshop,  I teach light and healthy french cuisine mixed with my japanese original idea, and beautiful japanese cuisine  with full of seasonal colour, excellent sources of nutritions and multi-vitamins.    But the most importantly, my objective is to make my guests have’ BIG SMILE’ &  ‘GOOD FEELING’.

パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。パリでお料理教室Mayu’s Kitchen開催中。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で国際企業に勤務。海外生活中よくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び、フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、フレンチ、和食、和モダン料理とのマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。

お料理教室では、旬のBIO野菜を使っておしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーで大変な子供やママ達のため代用食材でお料理を提供。世界各国から生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室を開催中。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から届けられる新鮮な日本野菜でママンの和食も大人気。京都・月桂冠酒造のフランス特派員として、SAKE・ 日本酒愛好家には酒と和モダンおつまみとのマリアージュを提案。巻き寿司、手毬、カワイイBENTO風なお料理のカルチャークラスは地元小中学校の子供達たちにも大人気。フランステレビ局<TV5MONDE Asia- Pacific>、WEB マガジン<ETHICA – 「私によくて、世界にイイ。」>などにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフレンチと和食・和モダンフードで世界をつなげて、皆HAPPYに心がける毎日。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Mayu Okada

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

1人でも多くの人にクロマチックハーモニカの魅力を伝えたい。南里沙さん たくさんの人の前で演奏する時も、たった1人の前で演奏する時も、その人を笑顔に...
暑い夏こそ、フランス風の普段着アペロを楽しもう! ethica from paris 日本でも応用出来る3つの「普段着アペロの楽しみ方」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます