My Little Loverのakkoさんによる感動的なグリーンエネルギー電飾点灯式 100%自然エネルギーで運営する野外イベント「LUSH LIFE PARK 2014」初日
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
My Little Loverのakkoさんによる感動的なグリーンエネルギー電飾点灯式

フレッシュハンドメイドコスメLUSH(ラッシュ)が10月4日(土)・5日(日)の2日間、六本木の東京ミッドタウン芝生広場にてラッシュジャパン初となる野外イベントを開催。2050年の理想的な地球環境を考えた「2050年のLUSHな(みずみずしく、みどりと潤いにあふれた)未来のために」をコンセプトに、化石燃料からCO2を増やさない100%自然エネルギーで運営するエコフレンドリーなイベントだ。

エシカ編集部の注目は”LUSH SPA”体験

緑がいっぱいで心地がよい六本木のオアシス、東京ミッドタウン芝生広場には、音楽やアート、ワークショップ、フレッシュハンドメイドコスメなどを体験しようと、大人から子どもまで、年齢や性別を問わず多くの人が集まり大盛況。なかでも、エシカ編集部がお勧めしたいのは、野外に設置された”LUSH SPA”体験だ。イベント当日は無料でLUSH SPAのトリートメント「FOOT CARE」「HEAD」「HAND」(各15分)の3コースが体験出来る(予約制)。正真正銘の英国スタイルSPAを体験してみては如何だろうか。

大人も子供も一生懸命にバイクでツリーハウスを蓄電

イベント会場の中央にあるオブジェはツリーハウスだ。ツリーハウスとは生きている木を土台にして作られた建造物。ツリーハウスクリエーターの小林崇氏が手がけたもので、キッズエリアでラッシュのブラックポットに子供たちが自由にデザインを加えたオーナメントを加えて完成させる。また、電飾はバイクで蓄電される。夕暮れに行われる点灯式に向けて、大人も子供も一生懸命バイクを漕いでいた。

体や環境に害がないものに関心が高まったのは、子供が出来たことが切っ掛け

ライブ前に行われたakkoさんのトークショーでは、「体や環境に害がないものに関心が高まったのは、子供が出来たことが切っ掛け」と語りました。本日の衣装もオーガニックコットンのデニムだ。また、子供への教育方針としては、「山、海、川などに連れていき、自然の厳しさも体感させるようにしている」そうだ。

芝生に座ってのライブ鑑賞が何とも心地よい。

野外ライブではakkoさんは、「Hello,Again〜昔からある場所〜」などを熱唱。秋の夕暮れ、芝生の感触、LUSHの各ブースから漂うフレッシュな香り、音色と、体と心をチャージ出来るライブが始まった。

ライブの中で行われた感動的な点灯式

そして、来場者が日中バイクを漕いで蓄電したツリーハウスの電飾がライブ中に点灯した。日中に皆の力を合わせた電力によるライトアップが多くの人の感動を呼びました。沢山のシャボン玉がツリー付近から舞い、子ども達は大興奮。

ーーBackstage from “ethica”ーー

広大な緑に囲まれ心も体もリフレッシュするとともに、程よい非日常感を体感出来るブースやアクティビティもあり、大人も子供も楽しめるイベントでした。10月5日(日)も天候が良ければ18時まで開催しているので、ご興味がある方は顔をだしてみては如何だろうか。

開催概要

日時:2014年10月4日(土)11:00-19:00、5日(日)11:00-18:00

場所:東京ミッドタウン 芝生広場

入場料:無料

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

100%自然エネルギーで運営する野外イベント「LUSH LIFE PARK 2014」 子どもから大人まで未来のことを楽しく考え、体と心をエネルギーチャージ!
数々の賞に輝く、監督レベッカ・バリーが女の子の困難に立ち向かう力を描いた映画「I AM A GIRL」 10月10日(金)、10月11日(土)の2日間、青山学院大学(東京・表参道)にて無料上映

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます