ティファニーは地球を一番に考えた、ジュエリーブランド。 自然環境のサステナビリティ支援を重要な使命として位置づけた数々の取り組み
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ティファニーは地球を一番に考えた、ジュエリーブランド。

ブルーボックス 写真提供:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク © Tiffany & Co.

ティファニーが取り組む、さまざまなサスティナブルな活動を、ご存知でしたでしょうか。ティファニーといえば、みんな憧れのジュエリーブランド。印象的なこの澄んだティファニー ブルーも、おなじみですよね。

「ジュエリーは、すべてが地球からの贈り物」。

ティファニーが大切にしていること。

それは、素敵なジュエリーがつくれるからといって、母体である地球の環境を壊すようなことは決してしない、ということ。

たとえばこの写真の、珊瑚。

珊瑚を使ったジュエリーは素敵で人気がありますが、2010年から、ティファニーでは一切、珊瑚の使用をしていないそう。これもすべて、海洋環境を考えてのことなんですね。

iStock Photo

冒頭のボックスの秘密! 実はとても、環境に優しい。

ティファニーで使われるボックスとバッグはすべて、FSC(R)(森林管理協議会)認証を受けた会社から紙の供給を得て、つくられています。また、おなじみティファニー ブルーのバッグには50%が、ボックスにはなんと、89%もの再生紙が含まれているんです。

もちろん、肝心のダイヤモンドや宝石、貴金属の採掘に関しても、厳しい環境管理に取り組んでいる鉱山のみが選ばれています。また、ティファニーは、地球の生態環境を壊してしまうような鉱山の新規開発に対し「決して採掘してはならない」と、積極的に異議を唱えています。

ブルーボックス 写真提供:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク © Tiffany & Co.

かわいい! こんな自然モチーフも……

ティファニーではそもそも“誰にでもわかる、シンプルな美しさ”を第一に考え、「美しさを写実的に表現する」という新しいスタイルを生み出したのです。だからこういった自然をモチーフにした可愛いデザインのものも、多くあるんですね。

自然を、環境を大事にするティファニーは、地球に寄り添ったジュエリーブランドとして、これからもサスティナブルな社会を考えていかれることでしょう。今後の活動にも、注目です。

写真提供:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク Carlton Davis

■Tiffany & Co. サステナビリティへの取り組みの数々はこちら

http://www.tiffany.co.jp/sustainability

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

Saori Kanaya

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

日本の女の子たちの可能性を尾木ママ、安藤美姫さんがコメント、MAPPYちゃんがジャズピアノを演奏 「GapKids x ED」ローンチイベント開催
「ひとりでやっていたことを、みんなでやってみる。」「ダイニングが楽しいと、家はもっと楽しい。」「出かけるよりも、楽しいかも。」 イケア・ジャパンが2016年度事業戦略と新商品に関する記者発表会を開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます