INHEELSが購買型クラウドファンディング・サービス「ブースター」で ウェブ連載エッセイ集の出版化プロジェクトを実施中
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
INHEELSが購買型クラウドファンディング・サービス「ブースター」で ウェブ連載エッセイ集の出版化プロジェクトを実施中

「Who said ETHICAL is not Sexy?」をテーマに、さまざまな提案を行ってきたエシカルファッションブランドINHEELSでは、2015年2月からウェブ上で連載してきたエッセイ集「午前0時のハイヒール~HONNE no Ethical by Jennifer〜」の書籍化を企画、パルコが運営している購買型クラウドファンディング・サービス「ブースター」でそのプロジェクトが実施されています。

目標額は60万円。目標到達後は4月に出版を実現

この本はジェニファーさんによるエッセイ集のビジュアルを全面リニューアルし、さらにモデル鎌田安里紗さん執筆の特別コンテンツなどを盛り込む予定です。内容はクールなビジュアルと詩的な文章、そして、ともすれば一部の人のものとなっているエシカルファッションの、敷居を下げることを目的に、今までエシカルファッションの文脈であまり語られなかった恋愛や夜遊びなど軽めのテーマを織り交ぜることでリアルな人間の形をしたエシカルを感性的に表現します。

募集期間は2月16日まで。目標金額は60万円で目標額に達した際には2016年4月に出版予定です。

プロジェクトの実施に当たって、ジェニファーさんは、「このプロジェクトの目的は皆さんに『エシカルファッションってなんとなく意識高い系の人が着てる野暮ったい服ってイメージだったけど、意外とイケてるなあ』って感じてもらうこと。どの位COOLなのかって?」とのコメントをくださいました。また、INHEELSでは、服を楽しく着る人に焦点を当てたフリーペーパー「幸服無限」とのコラボエッセイをスタートします。タイトルの「幸服無限」とは「服の幸せは限り無い」という意味。コラボエッセイでは新しい服を買う時、それを着る時、着なくなった服が別の新しい服のおかげで再生する時…、服を通して無限に起こる幸せな場面の数々を語っていく予定です。

応援メッセージ

モデル・エシカルファッションプランナー 鎌田安里紗さん

「INHEELSに出会った衝撃は今でも忘れません。エシカルファッションを掲げながらも背中のざっくりあいたトップスに短い丈のスカート。理念には共感するのに着たい服に出会えない、そんな隠れエシカル消費者にぐさっと刺さるファッショナブルでセクシーなエシカルを提案してくれました。

INHEELSと『午前0時のハイヒール』は私にとって、自分自身の心地よくしあわせな生活と、世界の一員として自然や他の人をなるべく傷つけず生きる責任、そのバランスを上手に取りながら生きるためのヒント。完璧な正しさを訴えかけられるよりも、もやもやしながらもこっちのほうが素敵じゃない?と誘ってくれる存在が、みんなのこころを惹き付けるんじゃないかなぁと思うのです。

そんな「午前0時のハイヒール」の言葉と写真がもっとたくさんの人に届くといいなと、このプロジェクトを応援させてもらっています」

株式会社audu amet 代表取締役社長・チーフデザイナー 鮫島弘子さん

「『彼女が、来期からモデルになってもらうジェニファー』INHEELS岡田さんに彼女を紹介されたとき、私は『あ!』と声をあげた。数年前、出会ったことがあったから。

それはとあるファッションイベントで、有名ブランドの方が自社のエシカルアクションについてスピーチをしていた時。質疑応答の時間でもないのに、若い女性が突然立ち上がり、その矛盾点について次々と疑問を投げた。美しい横顔から繰り出される言葉はどれも辛辣で、でもそれなりにマトを得ているように思えた。登壇者は答えられずにただ憤慨し、来場者は空気を読まない彼女に眉をひそめた。

その後、ジェニファーは実は普段はおだやかな人であることを知った。あの日のあれは他人のそら似だったのではと思うほどに。でもエッセイを読むと、やっぱりあれはジェニファー以外の何者でもないな、と思う。行間から溢れ出す熱い情熱は、あのときの彼女そのものだから。
ファッションに従事する者としてはもちろん、この魅力的な二重人格者に魅せられている一個人としても、このプロジェクトはぜひ実現させたいと願う」

チームメンバーの紹介

INHEELS 岡田有加

INHEELS 共同代表 千葉県銚子市出身、慶応義塾大学卒業。外資系コンサルティングファームにてM&Aコンサルタントとして勤務。退職後渡英、ロンドンにて大手フェアトレードファッションブランドのホールセールエグゼクティブとして勤務しつつ、夜間学校にてファッションデザインを学ぶ。2012年INHEELSを共同代表の大山と共に起業。2012年アシックス33DREAMSエル・オンライン賞、2013年ソーシャルプロダクツアワード受賞。繊研plus及び季刊誌TRUNKにコラム連載中。

「午前0時のハイヒール」プロデューサー 布田尚大

東京都豊島区出身、一橋大学・同大学院修了。2013年INHEELSにプロボノ(本業のスキルを活かして社会貢献活動を行うボランティア)としてジョイン。「意識高い系」以外の人にも伝わる新しいエシカルを広めるために活動。

アートディレクター 松本聖典

千葉県市川市出身 武蔵野美術大学芸術文化学科卒業
デザイナーとしてヴィジュアル構築と撮影を担当

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「ブースター」で日本中に舞台芸術を届ける「月灯りの移動劇場」プロジェクト
宇治茶専門店「祇園辻利」が「ショコラプロムナード」に出展 エシカが贈るバレンタイン・インフォメーション <VOL.4>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます