ジャミロクワイのエシカルな視点
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ジャミロクワイのエシカルな視点

12月30日はジャミロクワイのボーカル、ジェイソン・ケイの誕生日でした。ジャミロクワイは今からちょうど20年前の1993年にファーストアルバム『ジャミロクワイ(Emergency On Planet Earth)』を発表。Jamiroquoisというバンド名がjam session(ジャズの即興) +Iroquois(ネイティブアメリカンのイロコイ族の意味)であることからもわかるように、イロコイ族の「自然とともに生きる」という姿勢に強く影響を受けたバンドです。今回は、そんなジャミロクワイのソーシャルな視点を紹介します。

 

Virtual Insanity

ジャミロクワイの曲を知らなくても、このプロモーションビデオに見覚えがある人は多いのではないでしょうか。このVirtual Insanity(仮想狂気)という曲は日清『カップヌードル』のCMで替え歌バージョンが使われていたことも有名です。CMでは「歌っていたら 腹減った」とおもしろおかしくうたっていましたが、オリジナルは、かなりシリアス。「ぼくたちは奪うばかりで与えようとしない」と私達の生活の仕方を批判し、私達は「仮想狂気」に生きていると歌っています。

When You Gonna Learn?

ファーストシングルであるこの曲は、ロンドンのクラブシーンに強烈なインパクトを与えました。歌詞もかなり刺激的。「強欲な人間たちが今までにいた生物を殺している。君たちは自然の流れに沿って振舞った方がいい。じゃないと、全ての生命が絶滅してしまうだろう」と批判し、「いつになったら君たちは今起こっていることを止めることを学ぶんだい?」と繰り返し歌っています。

ダウンロードはこちらから

http://www.sonymusic.co.jp/artist/Jamiroquai/discography/ESCA-5775

Emergency on Planet Earth

デビューの翌年に出た同名のアルバムには、ジェイソン・ケイによるメッセージが掲載されています。その内容は飢えた人々を癒すこと、熱帯雨林を保護することの大切さ、自然の法則など。「地球に緊急事態」というタイトルのこの曲も、教育の不備や街の汚さ、人種によって刑罰の差がある現状などを憂い「地球は今、緊急事態だ」と訴えます。

 

ダウンロードはこちらから

http://www.sonymusic.co.jp/artist/Jamiroquai/discography/ESCA-5775

Too Young to Die

セカンドシングルとして出されたこの曲は、その当時おこなわれていた湾岸戦争に対する反戦歌です。「死ぬには若すぎる」というタイトルに加え、「誰も戦争をしたくはない。政治家だけが空約束をしている」と痛烈に批判。しかしやはり音楽自体は軽快で、今やジャミロクワイを代表する曲となっています。

 

ダウンロードはこちらから

http://www.sonymusic.co.jp/artist/Jamiroquai/discography/ESCA-5775

(Don’t) Give me hate a chance

( )付きの意味深なタイトルです。おそらくジョン・レノンの「Give Peace A Chance」をもじっているのだろうと思われるこのタイトルは、( )付きだと「”平和”にチャンスを与える」になり、( )なしだと「”憎しみ”にチャンスを与える」という意味になります。この曲は、アメリカ同時多発テロの衝撃から生まれた曲だといわれ、歌詞では「憎しみを止めることができる」「“憎しみ”にチャンスを与えよう」と歌います。プロモーションビデオも意味深く、かわいらしいCGでありながら、差別や憎しみが生まれている姿をはっきり映し出しています。

今回紹介した曲の歌詞は硬派。しかしメロディは実にファンキーです。いつ聞いても色あせないジャミロクワイの楽曲。いい気分でノリノリになりながら、実は深いなんてエシカル! 帰省の際の長距離移動のお伴などに、ぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
コラボレーション 【 2017/4/28 】 Work & Study
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
飲食業の経験はなくても、レストランを運営するチームなら作れる 【編集長対談】(株)グリップセカンド 代表取締役 金子信也
コラボレーション 【 2017/4/26 】 Food
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
天候に恵まれたゴールデンウィークの3日間、池袋からほど近い都心の公園では、青々とした広い芝生の上で家族連れやカップルなど多くの人々が思い思いに楽しみ、明るい笑い声でいっぱいになりました。 これは5月3日から5日、豊島区の南池袋公園で開催された「ニュージーランドフェア」の一幕。 このイベントはニュージーランドの魅力をもっ...

次の記事

高校生からのメッセージ エシカリスタVol.12 原田さとみさん
フランスの冬パーティメニュー: 「フランスで最も美しい村」の黄金ワイン&とろ〜りチーズの簡単フォンドゥー ethica from paris

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます