楽しんでワインを学べる有料セミナーも魅力的 『ファインズ』チャリティ試飲会を取材しました(後編) 自然をリスペクトする生産者とそのワインが集う
Pick Up! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
楽しんでワインを学べる有料セミナーも魅力的 『ファインズ』チャリティ試飲会を取材しました(後編)

和食とワインのマリアージュ

前編につづき、4月23日に、恵比寿で開催されたワインのチャリティ試飲のレポートです。フリーテイスティングで多くの造り手さんと楽しく会話を交わしながら、ワインもぐいぐいと進んだ頃、有料セミナー出席者への会場移動を誘導するアナウンスがありました。

 

“和食とワインのマリアージュ”(老舗料亭『東京吉兆』の湯木俊治社長とグランメゾン『アピシウス』の情野博之シェフソムリエによるセミナー)

この日は2つの有料セミナーが用意されていましたが、“和食とワインのマリアージュ”に出席させていただくことに。『和食;日本人の伝統的な食文化』がユネスコ無形文化遺産に登録されたのは、一昨年の冬のこと。この世界に誇れる和食とやはり世界に誇れるワインとの相性の検証は、とても興味深いものでした。

老舗料亭『東京吉兆』の湯木俊治社長

ゲストの老舗料亭『東京吉兆』の湯木俊治社長が用意した「筍の土佐煮」「鯛の真子煮凍り」「ふきのとう味噌」「稚鮎焼き揚げ」に講師を務めるグランメゾン『アピシウス』の情野博之シェフソムリエが、会場に用意されたワインからペアリング。一瞬「本当にワインと合うの?」と疑ってしまいましたが、春の食材の苦味や和食ならではのうま味にどのワインもキレイに重なり、まさに夢見心地の時間。なかでも「鯛の真子煮凍り」に合わせたグリューナーフェルトリーナーは、10分ほど前ぐらいにお話させていただいたクリスティーネ サース夫人が醸したもの。感慨深くマリアージュを味わい、あらためてお会いした方が造るものにはやはり思い入れが強まることを実感しました。

グランメゾン『アピシウス』の情野博之シェフソムリエ

 

2011年から6年間。従業員が総出で運営(株式会社ファインズ中西社長をインタビュー)

「2011年から6年間。弊社の従業員が総出で運営してきました。もちろんこれからも継続していくつもりです」と中西社長。入場料は5500円と、試飲会としては決して安くない金額ですが、募集人数の300名はあっという間に埋まるそう。リピーターも多いらしく、時期が近付くとホームページをあまねくチェックして申し込まれるのだとか。来場者の意識の高さに感心していましたが、社長が続けた言葉には驚きを隠せないのとともに、思わず目頭が熱くなってしまいました。

株式会社ファインズ中西社長

「実は第1回の開催の後に、東北を励ますため仙台をともに訪れてくれた生産者さんもいました。5年経った今も、仙台までしばしば足を運んでくれる方たちがいます」。震災直後の7月は、まだまだ放射能の風評被害が酷かった頃。特に外国人の方は避けられていたという印象でしたが、まさか実際に訪れて支援してくださっていたとは…。ワインが取り持ってくれた絆の強さを感じずにはいられませんでした。

美味しいワインを飲んで幸せな気分になれると同時に、サスティナブルなワイン造りや被災地の復興支援に貢献できる…。そんな思いが充満してか、会場全体が一体化していてとても温かい気持ちになれました。ぜひ来年も訪れたいものです。

株式会社ファインズ
http://www.fwines.co.jp/

前編はこちらから、
身体に、地球に、そして社会にやさしい…。 『ファインズ』チャリティ試飲会を取材しました(前編)

記者:とがみ淳志(とがみあつし)
1964年大阪府生まれ。神戸大学経済学部経済学科卒。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。株式会社リクルートに新卒入社後、海外旅行情報誌『エイビーロード』の営業および制作に。93年結婚情報誌『ゼクシィ』の創刊を担当。同誌の多角的運営に携わった後、99年退社後フリーに。編集、プランニング、ライティングを行う。現在は、食、旅、酒、温泉、不動産、猫などの分野が中心。情報誌や雑誌、機内誌およびウェブなど幅広い媒体を手がけている。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

とがみ淳志

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ティファニーがアメリカ・ヴォーグ誌元クリエイティブ・ディレクター、 グレース・コディントンさんと初めてコラボレーション 広告キャンペーン「レジェンダリー スタイル」今秋からの開始を発表
人気料理家・栗原はるみさんプロデュースのショップ&レストラン「harumi’s(ハルミズ)」がオープン2周年を記念したフェアを5月20日(金)・21日(土)開催 Pick Up! PR 

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます