楽しんでワインを学べる有料セミナーも魅力的 『ファインズ』チャリティ試飲会を取材しました(後編) 自然をリスペクトする生産者とそのワインが集う
Pick Up! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
楽しんでワインを学べる有料セミナーも魅力的 『ファインズ』チャリティ試飲会を取材しました(後編)

和食とワインのマリアージュ

前編につづき、4月23日に、恵比寿で開催されたワインのチャリティ試飲のレポートです。フリーテイスティングで多くの造り手さんと楽しく会話を交わしながら、ワインもぐいぐいと進んだ頃、有料セミナー出席者への会場移動を誘導するアナウンスがありました。

 

“和食とワインのマリアージュ”(老舗料亭『東京吉兆』の湯木俊治社長とグランメゾン『アピシウス』の情野博之シェフソムリエによるセミナー)

この日は2つの有料セミナーが用意されていましたが、“和食とワインのマリアージュ”に出席させていただくことに。『和食;日本人の伝統的な食文化』がユネスコ無形文化遺産に登録されたのは、一昨年の冬のこと。この世界に誇れる和食とやはり世界に誇れるワインとの相性の検証は、とても興味深いものでした。

老舗料亭『東京吉兆』の湯木俊治社長

ゲストの老舗料亭『東京吉兆』の湯木俊治社長が用意した「筍の土佐煮」「鯛の真子煮凍り」「ふきのとう味噌」「稚鮎焼き揚げ」に講師を務めるグランメゾン『アピシウス』の情野博之シェフソムリエが、会場に用意されたワインからペアリング。一瞬「本当にワインと合うの?」と疑ってしまいましたが、春の食材の苦味や和食ならではのうま味にどのワインもキレイに重なり、まさに夢見心地の時間。なかでも「鯛の真子煮凍り」に合わせたグリューナーフェルトリーナーは、10分ほど前ぐらいにお話させていただいたクリスティーネ サース夫人が醸したもの。感慨深くマリアージュを味わい、あらためてお会いした方が造るものにはやはり思い入れが強まることを実感しました。

グランメゾン『アピシウス』の情野博之シェフソムリエ

 

2011年から6年間。従業員が総出で運営(株式会社ファインズ中西社長をインタビュー)

「2011年から6年間。弊社の従業員が総出で運営してきました。もちろんこれからも継続していくつもりです」と中西社長。入場料は5500円と、試飲会としては決して安くない金額ですが、募集人数の300名はあっという間に埋まるそう。リピーターも多いらしく、時期が近付くとホームページをあまねくチェックして申し込まれるのだとか。来場者の意識の高さに感心していましたが、社長が続けた言葉には驚きを隠せないのとともに、思わず目頭が熱くなってしまいました。

株式会社ファインズ中西社長

「実は第1回の開催の後に、東北を励ますため仙台をともに訪れてくれた生産者さんもいました。5年経った今も、仙台までしばしば足を運んでくれる方たちがいます」。震災直後の7月は、まだまだ放射能の風評被害が酷かった頃。特に外国人の方は避けられていたという印象でしたが、まさか実際に訪れて支援してくださっていたとは…。ワインが取り持ってくれた絆の強さを感じずにはいられませんでした。

美味しいワインを飲んで幸せな気分になれると同時に、サスティナブルなワイン造りや被災地の復興支援に貢献できる…。そんな思いが充満してか、会場全体が一体化していてとても温かい気持ちになれました。ぜひ来年も訪れたいものです。

株式会社ファインズ
http://www.fwines.co.jp/

前編はこちらから、
身体に、地球に、そして社会にやさしい…。 『ファインズ』チャリティ試飲会を取材しました(前編)

記者:とがみ淳志(とがみあつし)
1964年大阪府生まれ。神戸大学経済学部経済学科卒。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。株式会社リクルートに新卒入社後、海外旅行情報誌『エイビーロード』の営業および制作に。93年結婚情報誌『ゼクシィ』の創刊を担当。同誌の多角的運営に携わった後、99年退社後フリーに。編集、プランニング、ライティングを行う。現在は、食、旅、酒、温泉、不動産、猫などの分野が中心。情報誌や雑誌、機内誌およびウェブなど幅広い媒体を手がけている。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

とがみ 淳志

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

ティファニーがアメリカ・ヴォーグ誌元クリエイティブ・ディレクター、 グレース・コディントンさんと初めてコラボレーション 広告キャンペーン「レジェンダリー スタイル」今秋からの開始を発表
人気料理家・栗原はるみさんプロデュースのショップ&レストラン「harumi’s(ハルミズ)」がオープン2周年を記念したフェアを5月20日(金)・21日(土)開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます