Sol Béni オーナー フィリップ・トルシエ氏(元サッカー日本代表監督)も出展 「2015 年産ボルドープリムールワイン試飲会」開催
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
Sol Béni オーナー フィリップ・トルシエ氏(元サッカー日本代表監督)も出展

酒類・食品類の小売・卸および輸入事業を行う徳岡では、6月28日(火)、「ワインを飲む体験を提供」というコンセプトの元、「2015年産ボルドープリムールワイン試飲会」を開催しました。

「プリムール」とはフランス語で「一番目の」を意味する形容詞です。ボルドーワインは秋に収穫されワインをつくり、樽熟成と瓶熟成を経てから出荷されます。2015年産ワインの出荷は2017年の冬から2018年春以降にかけて行われますが、ボルドーでは古くからシャトーの経営を安定させるためにワインの一部を「熟成」前の状態で市場に出す習慣があり、これを「ボルドープリムールワイン」と呼んでいます。

試飲会には約50銘柄のボルドープリムールワインが出品されましたが、好天に恵まれた2015年産のボルドーワインはグレートヴィンテージと言われる2005年、2009年、2010年に匹敵する出来栄えとなっています。

試飲会ではボルドー生産者によるワインのプレゼンテーションも行われ、2014年にボルドー右岸地区のサン・テミリオンに小さな葡萄畑を購入してワインを造り始めた、元サッカー日本代表監督でSol Béni オーナーのフィリップ・トルシエ氏も登壇、大きな拍手を浴びていました。

元サッカー日本代表監督でSol Béni オーナーのフィリップ・トルシエ氏

篠原麗雄氏、フィリップ・トルシエ氏、ピエール・クードリエ氏

また、徳岡では「東急プラザ銀座」内に、フードバル&ワインショップ「TOKUOKA WINE&GOURMET GINZA GALLERY」を今春オープンしました。

ここでは高級ワインを試飲できるサービス「リッチテイスティングBar」を展開。店内のワインサーバーで32種類のワインを、例えば、

ワインの最高峰・ボルドー5大シャトーの一つ「シャトー・マルゴー2010」
小売価格(ボトル)130,000円 → 10ml 2,800円

と、10ml~75mlの少量からリーズナブルな価格で楽しめるとあって、情報感度の高い丸の内・銀座エリアの女性に好評を博しています。

ーーBackstage from “ethica”ーー

最近ワインを嗜む方とのお付き合いが増え、もうちょっと詳しければなぁと常々感じるようになりました。去年は国立科学博物館でワイン展が開催されたり、ワインの擬人化漫画も登場したりと、ワイン業界は世の中全体でも盛り上がっている印象です。わたしのような一般客も良作の試飲やお勉強ができるイベントがどんどん増えたらこんなありがたいことはないですね。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

代官山のアーユルヴェーダサロン「カルナカララ」で、「人、社会、環境、地域に配慮した消費活動」エシカルを知るファッションイベント開催 Pick Up! PR
1950年代の『VOGUE』のファッション写真が「ぬり絵」で蘇る。インスタグラムで初のユーザー参加型キャンペーン開催中 優秀者3名に『VOGUE JAPAN』定期購読1年分をプレゼント

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます