本当の美しさとは?ーー女性チームの情熱が開花した「CITIZEN L Ambiluna」のストーリー 【対談】生駒芳子さん×櫻井沙織さん ethica(エシカ)独占インタビュー(後編) 提供:シチズン時計
CLOSE-UP! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
本当の美しさとは?ーー女性チームの情熱が開花した「CITIZEN L Ambiluna」のストーリー 【対談】生駒芳子さん×櫻井沙織さん

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

前編につづき、エシカルなラグジュアリーウォッチ「CITIZEN L Ambiluna」の開発秘話を、ブランドアンバサダーを務めたファッションデザイナーの生駒芳子さんと、シチズンブランド事業部企画営業部の櫻井沙織さんさんが語りました。

時間から解き放たれ、自分を取り戻す時計

ーー生駒さんにブランドアンバサダーを依頼した経緯をお聞かせください。

櫻井: 2012年からグローバルで展開していた「CITIZEN L」ブランドをさらに盛り上げたいという機運が部内で盛り上がり、女性スタッフで「本当の美しさとは?」「美しいと思える女性は?」などと意見を出し合いました。そのとき名前が挙がったのが、オードリー・ヘプバーン、ダイアナ妃、黒柳徹子さんといった方々だった。そして、外面的な美しさだけでなく、社会貢献に取り組むなど内面が美しい女性を私たちは美しいと感じているんじゃないか、と。当時はエシカルという言葉も知らず、そうした美しさを時計で表現するにはどうしたらいいかまるで見当がつかなくて、とりあえず社会貢献に詳しい社内のCSR部署に相談を持ちかけました。そのとき「絶対にいいアドバイスをしてくれる方がいる」と紹介されたのが、生駒さんでした。

生駒: 初めてお話を伺ったとき、どんな時計ができるのかしらととてもワクワクしました。でも一方で、ファッションの領域で、ましてや腕時計でエシカルをテーマにするというのは、ほとんど聞いたことがなかった。それを日本を代表する時計メーカーであるシチズンが手がけるということには驚きもありました。ただ、私のところに来られた時点で、新商品開発の上辺だけの話ではなく、腕時計の存在や本質、さらには「本当の美しさってなんだろう?」という問いかけまで、しっかりとチームメンバーの間でセッションされていた。トレンドだからエシカル、というような浮ついた感じは微塵もなく、「本当にやりたい!」という皆さんの情熱が伝わってきて、気付いたら「やりましょう!」と言っていましたね。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー「エシカル」「内側からの美しさ」を時計というプロダクトにするのは、難しさもあったのでは?

櫻井: 内側から美しいエシカルな時計を作ったとして、これまでシチズンが手がけてきたようなデザインや造作の時計だと、人々に届かないのではという懸念はありました。エシカルな時計を身につけることで、普段は意識していないような女性たちに、社会が抱える課題に気づいてもらいたい。でも、ただ時計を作って「こういう意味があります、こんな取り組みをしています」と説明したところで、なかなか理解してもらえないんじゃないかな、と。私たちのそんな思いを聞き、生駒さんが引き合わせてくれたのが、藤本壮介さんでした。

生駒: モノには目に見えている部分だけじゃなく、見えない部分もある。エシカルは、その見えない部分に宿っているものです。そうした「感性」みたいなものを訴えかけていくことに、藤本さんクリエーティビティーは非常に大きな役割を果たしてくれたと思います。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー「建築家とのコラボレーション」がもたらしくてれたものは何だと思いますか?

櫻井: 「なんで建築家なの?」「なんで男性なの?」とはよく聞かれました。女性向けの時計ですし、確かにファッションデザイナーの方が分かりやすいかもしれません。でも生駒さんが「建築はゼロから作り上げていくもの。時計としての造形や概念を、藤本さんならゼロから考え直してくれるはず」と太鼓判を押してくださって。

生駒: 藤本さんがデザインしたのは、ひとことで言えば「時を忘れる時計」。ガラス面は薄曇りだし、時計なのに何ではっきり見えないの? (笑)って、普通はそういう疑問を持ったりしますよね。でも、完成した「CITIZEN L Ambiluna」を見た方はみんなとても感動する。だって、かつてない時計だし、何より私もそうなんですが、着けると心がふわっと解き放たれたような気持ちになるんです。今って時間に追い詰められ、切り刻むような時間の枠組みの中で生きているところがある。そんなときに、一瞬時間を忘れて「焦っちゃいけないな」「ちょっと心を落ち着けよう」と思わせてくれる。腕時計でリゾートする、みたいにね(笑)。藤本さんの中にある科学者の部分と哲学者の部分がシンクロしているように感じられます。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

自分が楽しみ、自分が喜ぶ。それが「世界にいい」につながっていく

ーー単に時間を確認するだけでなく、身につけることで自分を取り戻せる。そんな時計なんですね。

生駒: 「気づかせてくれる時計」なんじゃないかな。慌ただしい時の流れの中で、あるいは、不安定な地球環境の中で、この揺らぎのある輝きに目を落とすだけで、物事や状況を俯瞰して自分に帰ることができる。そういう時計のまったく新しい役割を持っているように思います。最初からそれを目的にしていたわけじゃなかったけれど、たどり着いてみたらそうなっていた感じ。

櫻井: 本当ですね。実は「シチズン」という会社名は、「市民に愛され、市民に貢献する」というところから生まれたのですが、その企業理念を体現する時計になったな、って。自画自賛ですが(笑)

生駒: とても素敵な企業理念ですね! 真面目で精密で美しい、そんな日本のモノづくりを代表する企業であるシチズンが、今回のプロジェクトにおいては、クリエーティブを重視した上で惜しまずにチャレンジさせてくれた。その思い切りのよさはかっこいいと感じました。

櫻井: ありがとうございます。まだ一歩を踏み出したところですが。

生駒: 人はなぜものを買うのか、それは新しい価値観に出会えるからだと思うんです。この時計には、エシカル、クラフトマンシップ、時の対する新しい哲学といった、まったく新しい価値観や目に見えない付加価値が重層的に宿っている。もちろん、日本の伝統工芸の可能性を感じさせる美しいデザイン、ジュエリーとして楽しめるファッション性も兼ね備えています。最初に櫻井さんたちスタッフの皆さんが会いに来てくれてから2年間。この時間が、すばらしいストーリーを紡いでくれましたね。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー最後に。お二人の「私によくて、世界にいい」をお聞かせください。

櫻井: このプロジェクトを通じて改めて思ったのは、「世界にとっていいこと」でも、「私にとってはあんまりだな」と思っていることは、結局、世界にもよくないんじゃないかな、と。だから、本当に自分にとっていいと思えることを大切にしていきたいと思います。

生駒: まず自分が喜ぶことってすごく重要。伝統工芸とファッションをつなぐという私のライフワークも、職人さんも楽しんで、私もエキサイトして、そうすれば喜びは必ず人に伝わると信じています。そして、その一つの形を「CITIZEN L Ambiluna」で実現し、日本の美しいものづくりがもっともっと先に行けるという予感を感じることができました。この種をさらに芽吹かせ、大きく育てていきたいですね。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

(後編)伝統工芸とファッションをつなぎ「未来の伝統」の種をまく 【独占取材】生駒芳子さん

 

(前編)新しい概念、価値を生み出す建築に魅せられて 【特別協力】藤本壮介建築設計事務所

(後編)揺らぎのある「時間」と「光」を表現するーー建築家とのコラボレーションで生まれた「CITIZEN L Ambiluna」 【対談】藤本壮介さん×吉田麻里恵さん×宮川花菜さん

生駒芳子さんが監修した「CITIZEN L Ambiluna」のご紹介

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ)限定モデル(世界限定1,000個)EG7000-01A 180,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

(左)CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ)限定モデル(世界限定1,000個)EG7000-01A 180,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ) EW5491-56A 67,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ) EW5506-51W 45,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーーBackstage from “ethica”ーー

「本当の美しさ」に向き合い、時計というプロダクトとして表現するという難題に挑戦したいと考えたシチズンのプロジェクトチームの皆さん。そして、時計のプロデュースは初体験だった生駒さん。お互い手探りながらも、この「縁」が次々と新しいアイデアを生み、「CITIZEN L Ambiluna」が生まれました。上品でエレガンスな輝きを放つ時計は、その美しさだけで多くの人の心をつかむことは間違いありません。しかし、育んだ多くの人たちのひたむきな思い、紡いできたストーリーとともに、世界中の女性たちに届けてほしい−−。お二人のお話を聞き、そう思わずにはいられません。

 

記者:中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
コラボレーション 【 2017/4/28 】 Work & Study
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
飲食業の経験はなくても、レストランを運営するチームなら作れる 【編集長対談】(株)グリップセカンド 代表取締役 金子信也
コラボレーション 【 2017/4/26 】 Food
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
天候に恵まれたゴールデンウィークの3日間、池袋からほど近い都心の公園では、青々とした広い芝生の上で家族連れやカップルなど多くの人々が思い思いに楽しみ、明るい笑い声でいっぱいになりました。 これは5月3日から5日、豊島区の南池袋公園で開催された「ニュージーランドフェア」の一幕。 このイベントはニュージーランドの魅力をもっ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
青山学院大学2年生の嶋村苑香さん 会場の100%ニュージーランド産生はちみつ専門店「ピービーズ」のブースでは、青山学院大学2年生の嶋村苑香さんがサークル(バスケットボール)仲間とアルバイトしていました。同店のオーナーで、はちみつ研究家の嶋村賢次さんのお嬢さんです。 ここでの一番人気は、はちみつで優しい甘さを引き出した、...

次の記事

スポンジ・ボブの世界を体感できるイベント「東武百貨店 池袋店」にて開催決定! 3月23日(木)~4月4日(火)「WE LOVE SpongeBob~スポンジボブ&フレンズ~」
アーティスト・清川あさみさんとコラボ、アユーラより8年ぶりのメーキャップ誕生! モデルは水原佑果さん(水原希子さんの実姉)を起用♪

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます