本当の美しさとは?ーー女性チームの情熱が開花した「CITIZEN L Ambiluna」のストーリー 【対談】生駒芳子さん×櫻井沙織さん ethica(エシカ)独占インタビュー(後編) 提供:シチズン時計
CLOSE-UP! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
本当の美しさとは?ーー女性チームの情熱が開花した「CITIZEN L Ambiluna」のストーリー 【対談】生駒芳子さん×櫻井沙織さん

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

前編につづき、エシカルなラグジュアリーウォッチ「CITIZEN L Ambiluna」の開発秘話を、ブランドアンバサダーを務めたファッションデザイナーの生駒芳子さんと、シチズンブランド事業部企画営業部の櫻井沙織さんさんが語りました。

時間から解き放たれ、自分を取り戻す時計

ーー生駒さんにブランドアンバサダーを依頼した経緯をお聞かせください。

櫻井: 2012年からグローバルで展開していた「CITIZEN L」ブランドをさらに盛り上げたいという機運が部内で盛り上がり、女性スタッフで「本当の美しさとは?」「美しいと思える女性は?」などと意見を出し合いました。そのとき名前が挙がったのが、オードリー・ヘプバーン、ダイアナ妃、黒柳徹子さんといった方々だった。そして、外面的な美しさだけでなく、社会貢献に取り組むなど内面が美しい女性を私たちは美しいと感じているんじゃないか、と。当時はエシカルという言葉も知らず、そうした美しさを時計で表現するにはどうしたらいいかまるで見当がつかなくて、とりあえず社会貢献に詳しい社内のCSR部署に相談を持ちかけました。そのとき「絶対にいいアドバイスをしてくれる方がいる」と紹介されたのが、生駒さんでした。

生駒: 初めてお話を伺ったとき、どんな時計ができるのかしらととてもワクワクしました。でも一方で、ファッションの領域で、ましてや腕時計でエシカルをテーマにするというのは、ほとんど聞いたことがなかった。それを日本を代表する時計メーカーであるシチズンが手がけるということには驚きもありました。ただ、私のところに来られた時点で、新商品開発の上辺だけの話ではなく、腕時計の存在や本質、さらには「本当の美しさってなんだろう?」という問いかけまで、しっかりとチームメンバーの間でセッションされていた。トレンドだからエシカル、というような浮ついた感じは微塵もなく、「本当にやりたい!」という皆さんの情熱が伝わってきて、気付いたら「やりましょう!」と言っていましたね。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー「エシカル」「内側からの美しさ」を時計というプロダクトにするのは、難しさもあったのでは?

櫻井: 内側から美しいエシカルな時計を作ったとして、これまでシチズンが手がけてきたようなデザインや造作の時計だと、人々に届かないのではという懸念はありました。エシカルな時計を身につけることで、普段は意識していないような女性たちに、社会が抱える課題に気づいてもらいたい。でも、ただ時計を作って「こういう意味があります、こんな取り組みをしています」と説明したところで、なかなか理解してもらえないんじゃないかな、と。私たちのそんな思いを聞き、生駒さんが引き合わせてくれたのが、藤本壮介さんでした。

生駒: モノには目に見えている部分だけじゃなく、見えない部分もある。エシカルは、その見えない部分に宿っているものです。そうした「感性」みたいなものを訴えかけていくことに、藤本さんクリエーティビティーは非常に大きな役割を果たしてくれたと思います。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー「建築家とのコラボレーション」がもたらしくてれたものは何だと思いますか?

櫻井: 「なんで建築家なの?」「なんで男性なの?」とはよく聞かれました。女性向けの時計ですし、確かにファッションデザイナーの方が分かりやすいかもしれません。でも生駒さんが「建築はゼロから作り上げていくもの。時計としての造形や概念を、藤本さんならゼロから考え直してくれるはず」と太鼓判を押してくださって。

生駒: 藤本さんがデザインしたのは、ひとことで言えば「時を忘れる時計」。ガラス面は薄曇りだし、時計なのに何ではっきり見えないの? (笑)って、普通はそういう疑問を持ったりしますよね。でも、完成した「CITIZEN L Ambiluna」を見た方はみんなとても感動する。だって、かつてない時計だし、何より私もそうなんですが、着けると心がふわっと解き放たれたような気持ちになるんです。今って時間に追い詰められ、切り刻むような時間の枠組みの中で生きているところがある。そんなときに、一瞬時間を忘れて「焦っちゃいけないな」「ちょっと心を落ち着けよう」と思わせてくれる。腕時計でリゾートする、みたいにね(笑)。藤本さんの中にある科学者の部分と哲学者の部分がシンクロしているように感じられます。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

自分が楽しみ、自分が喜ぶ。それが「世界にいい」につながっていく

ーー単に時間を確認するだけでなく、身につけることで自分を取り戻せる。そんな時計なんですね。

生駒: 「気づかせてくれる時計」なんじゃないかな。慌ただしい時の流れの中で、あるいは、不安定な地球環境の中で、この揺らぎのある輝きに目を落とすだけで、物事や状況を俯瞰して自分に帰ることができる。そういう時計のまったく新しい役割を持っているように思います。最初からそれを目的にしていたわけじゃなかったけれど、たどり着いてみたらそうなっていた感じ。

櫻井: 本当ですね。実は「シチズン」という会社名は、「市民に愛され、市民に貢献する」というところから生まれたのですが、その企業理念を体現する時計になったな、って。自画自賛ですが(笑)

生駒: とても素敵な企業理念ですね! 真面目で精密で美しい、そんな日本のモノづくりを代表する企業であるシチズンが、今回のプロジェクトにおいては、クリエーティブを重視した上で惜しまずにチャレンジさせてくれた。その思い切りのよさはかっこいいと感じました。

櫻井: ありがとうございます。まだ一歩を踏み出したところですが。

生駒: 人はなぜものを買うのか、それは新しい価値観に出会えるからだと思うんです。この時計には、エシカル、クラフトマンシップ、時の対する新しい哲学といった、まったく新しい価値観や目に見えない付加価値が重層的に宿っている。もちろん、日本の伝統工芸の可能性を感じさせる美しいデザイン、ジュエリーとして楽しめるファッション性も兼ね備えています。最初に櫻井さんたちスタッフの皆さんが会いに来てくれてから2年間。この時間が、すばらしいストーリーを紡いでくれましたね。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー最後に。お二人の「私によくて、世界にいい」をお聞かせください。

櫻井: このプロジェクトを通じて改めて思ったのは、「世界にとっていいこと」でも、「私にとってはあんまりだな」と思っていることは、結局、世界にもよくないんじゃないかな、と。だから、本当に自分にとっていいと思えることを大切にしていきたいと思います。

生駒: まず自分が喜ぶことってすごく重要。伝統工芸とファッションをつなぐという私のライフワークも、職人さんも楽しんで、私もエキサイトして、そうすれば喜びは必ず人に伝わると信じています。そして、その一つの形を「CITIZEN L Ambiluna」で実現し、日本の美しいものづくりがもっともっと先に行けるという予感を感じることができました。この種をさらに芽吹かせ、大きく育てていきたいですね。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

(後編)伝統工芸とファッションをつなぎ「未来の伝統」の種をまく 【独占取材】生駒芳子さん

 

(前編)新しい概念、価値を生み出す建築に魅せられて 【特別協力】藤本壮介建築設計事務所

(後編)揺らぎのある「時間」と「光」を表現するーー建築家とのコラボレーションで生まれた「CITIZEN L Ambiluna」 【対談】藤本壮介さん×吉田麻里恵さん×宮川花菜さん

生駒芳子さんが監修した「CITIZEN L Ambiluna」のご紹介

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ)限定モデル(世界限定1,000個)EG7000-01A 180,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

(左)CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ)限定モデル(世界限定1,000個)EG7000-01A 180,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ) EW5491-56A 67,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ) EW5506-51W 45,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーーBackstage from “ethica”ーー

「本当の美しさ」に向き合い、時計というプロダクトとして表現するという難題に挑戦したいと考えたシチズンのプロジェクトチームの皆さん。そして、時計のプロデュースは初体験だった生駒さん。お互い手探りながらも、この「縁」が次々と新しいアイデアを生み、「CITIZEN L Ambiluna」が生まれました。上品でエレガンスな輝きを放つ時計は、その美しさだけで多くの人の心をつかむことは間違いありません。しかし、育んだ多くの人たちのひたむきな思い、紡いできたストーリーとともに、世界中の女性たちに届けてほしい−−。お二人のお話を聞き、そう思わずにはいられません。

 

記者:中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

スポンジ・ボブの世界を体感できるイベント「東武百貨店 池袋店」にて開催決定! 3月23日(木)~4月4日(火)「WE LOVE SpongeBob~スポンジボブ&フレンズ~」
アーティスト・清川あさみさんとコラボ、アユーラより8年ぶりのメーキャップ誕生! モデルは水原佑果さん(水原希子さんの実姉)を起用♪

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます