社会全体でがん治療の課題に向き合う「がんサバイバーシップ」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
社会全体でがん治療の課題に向き合う「がんサバイバーシップ」

一般社団法人キャンサーフィットネスの代表理事、広瀬眞奈美さん(左)と株式会社アデランス 東日本カウンセリング室マネージャーの井上美也子さん(右)

近年、がんの診断を受けた人を「がんサバイバー」と呼ぶようになってきています。「がん患者」という言葉が、がんを治療中の人を指しているのに対し、「がんサバイバー」という言葉は、より広くがんの治療を終えた人までを含みます。「がんサバイバー」の生活には、医療分野のみではなく、さまざまな分野からの社会的なサポートが必要です。「がんサバイバー」の暮らしを支える女性二人のお話と、株式会社アデランス・大分大学の産学連携プロジェクトをご紹介します。

アデランスの津村佳宏社長。「より多くの人々の毛髪の悩みの解決を図り、笑顔を増やしたい。」会社事業とCSR活動には一貫した理念がある。

「がんサバイバー」が自分らしい生き方を選択できる社会

「がんサバイバー」の生活には様々な制約が生じます。身体のつらさだけでなく、精神的なつらさまでを含めて、周囲に理解してもらうことは決して容易ではありません。「がん患者」ではなくなっても、長い治療期間を経ての社会復帰には、さまざまな壁が立ちはだかります。手術によって身体の一部を切除し、人生の方向転換を迫られる人もいるでしょう。服薬を続ける方も多いですし、後遺症が残るケースもあります。また、転移再発の不安は生涯消えません。

「がんサバイバー」が、自分らしい生き方を選択していくには、多方面からの支援が必要です。がん治療と「その後」が抱える多くの課題に、当事者だけでなく社会全体で取り組んでいこうという考え方を「がんサバイバーシップ」と呼んでいます。「日本人の2人に1人が生涯でがんになる」とも言われる時代、がんは決して他人事ではありません。「がんサバイバー」は、あなたの身近な場所にもいるはずです。

登壇者の話を熱心に聞く多くの報道陣。産学連携の「新規αリポ酸誘導体」共同研究に対する関心の高さがうかがわれた。

アピアランスケアの重要性

がんサバイバーを支える取り組みの一つにアピアランスケアがあります。がん、あるいはがんの治療によって、がんサバイバーは、脱毛、肌色の変化、皮疹、爪の変化、手術跡、部分欠損といった外見(アピアランス)の変化に直面します。中でも、抗がん剤の副作用で頭髪が抜けてしまうということは、比較的多くの方がご存じなのではないでしょうか。

アピアランスケアは、こうした外見の変化に対するがんサバイバーの不安やとまどいの軽減を目指すものです。専門的な知識をもった人が相談にのったり、ウィッグや化粧品の活用を提案したり、といったことが挙げられます。

自分の頭から日に日に髪が抜け落ちていくのは、当人にとってかなりショッキングな出来事だと思いますし、家族や周囲の人々にとっても心の痛む光景です。頭髪の脱毛に対するアピアランスケアについては、以前ethicaでも、病気で髪を失った子供たちにウィッグを届ける「ヘアードネーション」の活動を紹介しました。

プライバシーへの配慮が必要となるウィッグの製作。病気の子供たちのウィッグ製作にあたり、アデランスでは完全個室を備えた同社のサロンの提供も行っている。

より多くの人の笑顔のために、アデランスグループのCSR活動

ethicaでは、同記事の取材にあたり、1978年よりフルオーダーメイドのウィッグを子供たちにプレゼントする「愛のチャリティ」活動を続け、NPO団体「Japan Hair Donation & Charity」のヘアードネーションを支援している株式会社アデランスCSR推進部(現:グローバルCSR広報室)を訪ね、ウィッグが闘病患者をいかに励まし勇気づけるかについて、お話をうかがうことができました(参考:あの人気女優さんも参加している、髪の毛を切るだけでできる社会貢献「ヘアードネーション」って?)。

トータルヘアソリューション事業のリーディングカンパニーとして、医療分野と連携したCSR活動を展開するアデランスグループ。他に、不要になったウィッグの回収と植樹活動といった環境問題への取り組みも。

アデランスグループのCSR活動には、永年にわたり顧客のセンシティブな悩みに寄り添い、精神面のサポートまでを行ってきた同社のノウハウが最大限に生かされています。病院内ヘアサロンの全国展開や、医療用ウィッグの接客に関する教育普及など、事業と一体化したCSR活動は、国外からも高い評価を受けています。(参考:大津波の際に避難の目標を後世に伝え続ける NPO法人さくら並木ネットワークを支援

さらに同社では、2013年11月より、抗がん剤の副作用である脱毛の抑制効果が期待されている「新規αリポ酸誘導体」について、大分大学との間で共同研究を進めています。これまでにも、皮膚・毛髪研究の分野で研究に取り組み、東京大学・大阪大学・東京工業大学といった大学と連携してきたアデランス。(参考:オーガニック認証の世界基準ECOCERT(エコサート)を取得した、使う人にも地球にも優しいヘアケア商品、アデランス「スカルプガード オーガリッチ」デビュー!)今回、両者の新たな契約の締結に伴い、都内にて、この産学連携プロジェクトの研究結果の発表と、がんサバイバーのアピアランスケアにまつわるスピーチが行われました。

「新規αリポ酸誘導体」を配合した製品の製造及び販売権にかかる契約を新たに締結した株式会社アデランスの津村佳宏社長(左)と大分大学の北野正剛学長(右)。

北野正剛大分大学学長は、内視鏡外科の第一人者。2010年「癌・炎症とαリポ酸研究会(CIA研究会)」を発足させた。

日本臨床毛髪学会の常任理事を務める倉田荘太郎さん(別府ガーデンヒルクリニック くらた医院 院長)。男性型脱毛等への「αリポ酸誘導体」の応用の可能性について話した。

大分大学医学部の猪股雅史教授。「抗がん剤による脱毛や皮膚のダメージといった副作用についての研究は、これまであまり進んできていませんでした。患者さんの中には、心理的ダメージのために抗がん剤治療を拒否する方も多いんです。」

がんサバイバーの声を聞く、がんとともに生きる

先に触れたアデランスと大分大学の契約締結式では、二人の女性がゲストに呼ばれスピーチを行いました。一人は、フィットネスを通じてがんサバイバーを支援する「一般社団法人キャンサーフィットネス」の代表理事、広瀬眞奈美さん。もう一人は、自らも乳がんを経験しているアデランスの井上美也子さん(東日本カウンセリング室マネージャー)です。

一般社団法人キャンサーフィットネスの代表理事、広瀬眞奈美さん(左)と株式会社アデランス 東日本カウンセリング室マネージャーの井上美也子さん(右)

フィットネスを通じてがんサバイバーを笑顔にする、広瀬眞奈美さん

「キャンサーフィットネス」では、がんサバイバーを治療前から治療後までサポートしている。

広瀬さんは、がんサバイバーを取り巻く環境や現状、アピアランスケアの重要性について、お話されました。特に印象的だったのは、広瀬さんが主催したイベントの参加者が「イベントに参加することで、ウィッグの使用に対する抵抗感をぬぐいさることができ、前向きにウィッグを着用した暮らしを送れるようになった」というエピソードです。

「キャンサーフィットネス」のイベントに参加し、笑顔になったがんサバイバーたちの写真を紹介する広瀬さん。

広瀬さんはスピーチの中でアピアランスケアを「心の体力づくり」と呼びました。「アピアランスケア」において重要なのは、病気が発覚する以前の状態を維持したり取り戻すことではなく、がんサバイバーが新しい自分のスタイルを見つけるのをサポートし、それを肯定することなのだ、と広瀬さんのお話を通じて感じました。

自らも乳がんを経験するアデランスのカウンセラー、井上美也子さん

「君のこの経験は、きっとお客様の役に立つ」職場の上司の言葉に後押しされ、抗がん剤治療で脱毛した自分を写真におさめた。

がん治療と仕事の両立の中で、自ら周囲に「治療でウィッグをしているんだけれど、ヘアスタイルどうかな?」と声をかけた。乳がん体験者コーディネーターの資格のために勉強していたことも役だったという。

また、井上美也子さんは、乳がんの診断を受けてから今日に至るまで、どのように治療と仕事、子育てを両立させてきたか、ご自身の体験を時系列に沿ってお話くださいました。局面ごとの心の葛藤の声は、等身大のとてもリアルなもので、抗がん剤を投与し出したとき「昼頃からぽろぽろと髪の毛が抜け始めて、その日の夜はシャンプーをすることが怖くなりました」という言葉には、胸が痛くなりました。

しかしながら、病院選びに始まり、治療の進め方や働き方まで、井上さんは常に周囲の人々と積極的にコミュニケーションを取り、情報を収集しながら、選択肢のひとつひとつを自らの意志で決定されてきたようでした。抗がん剤によって髪が抜け落ちた自分の姿を写真に記録するなど、辛い経験をバネに、カウンセラーとして多くの人を支えたいという大きな目標が、井上さんの闘病のバイタリティになったのだと思います。

井上さんは、「新規αリポ酸誘導体」の共同研究への期待と、「自身の体験を通じて、お客様の心に寄り添うカウンセリングを心がけたい」という抱負を述べて、スピーチを締めくくられました。

がんサバイバーが生きやすい社会、それはきっと、すべての人にとって、自分らしい生き方を選択できる社会なのだと思います。病気の人々が社会から孤立することのないよう、そして自らが病気になったときに社会から孤立しないよう、お二人のお話をうかがい、「がんサバイバーシップ」という考え方そのものが、今後広く浸透していけばと思いました。

抗がん剤の副作用を抑える「新規αリポ酸誘導体」の共同研究

今までは「仕方がない」と諦められていた抗がん剤治療の脱毛。研究によりそのメカニズムが解析され、「αリポ酸誘導体」の効果に期待が高まっている。

2017年12月、株式会社アデランスは同大分大学と「新規αリポ酸誘導体」を配合した製品の製造及び販売権にかかる契約を新たに締結し、その締結式にて、100名以上の乳がん患者を対象に行った臨床研究結果についての発表を行いました。今後、大分大学は株式会社アデランスとの共同研究を進めて、様々な製品化に邁進していきます。

こうした研究がどんどん活性化され、がんサバイバーが笑顔で日々の暮らしを送るための選択肢が、より利用しやすく多様になることを心から願っています。

記者:松崎 未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

数年前に、私は同窓の声楽科の友人をがんで失いました。彼は手術で右脚を切断し、義足で公演活動を続けていましたが、腫瘍は脳に転移し、ついには舌に転移してしまいました。歌えなくなった病床の彼に、同期の作曲家の友人がハミングだけで歌えるオリジナルの譜面をプレゼントしたという話を聞き、「自分らしい生き方」は周囲の理解と協力なくしてあり得ないものなのだと思いました。彼が最期まで歌手としての気高い人生を貫けたのは、彼自身の類い稀なる精神力はもちろん、それまでに築き上げた信頼関係の賜物だと思います。そして彼の想いは、友人や教え子、彼の郷里の人々に受け継がれています。彼は今も、病と社会の大きな環の有り様を、天国から見守り続けてくれているのだと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

毎年の進化が楽しみな【エコプロ】。19回目のテーマは“持続可能(サスティナブル)な社会の実現に向けて”
「新之助」×現美新幹線!食とアートのプレミアム女子旅 新潟レポート・前編 新たなブランド米「新之助」の故郷を訪ねて

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます