【ethica編集長対談】CSR/SDGコンサルタント・ 笹谷秀光さん(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica編集長対談】CSR/SDGコンサルタント・ 笹谷秀光さん(後編)

SDGs、企業の社会的責任、地方創生などのテーマについて、コンサルティングや講演など幅広く活動されている笹谷秀光さん。2020年の2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)では、同イベント内で催された「第2回未来まちづくりフォーラム」実行委員長も務められました。農林水産省のキャリア官僚を皮切りに、株式会社伊藤園、大学教授と活躍のステージを移しながら、社会をよくするための活動を続けてこられた笹谷さんは、現在、SDGsへの社会の関心を高めるための取り組みにも注力されており、昨年には『Q&A SDGs経営』という著作も出版されました。

前編では笹谷さんがこのような活動に取り組むことになったきっかけや、SDGs達成への思いなどを、エシカ編集長・大谷賢太郎がお聞きしました。後編では、よりSDGsを一般化するための笹谷さんのお考えなどをうかがっていきます。

ミレニアル世代の価値観

大谷: 「ミレニアル世代は環境問題に関心が高い」とよく言われます。実際に、いろいろな取材を通して、周囲のゴミ集めのような身近なことから、社会のあり方を変えていこうというくらいの大きなことまで、この世代が、さまざまな取り組みを進めているように感じます。

笹谷: ミレニアルとポストミレニアル、この世代の皆さんは、かつての世代とはかなり価値観が異なります。異なる世代間でなかなか話が通じないことも多くなりました。私くらいの世代の人間にとっては「大は小を兼ねる」ですとか、高度成長期に言われた「大きいことはいいことだ」という考えがありました。一方、ミレニアルやポストミレニアルの世代の人たちと話すと「なんで大きいのがいいんですか? 小さいほうがいいじゃないですか」となるんですね。

大きい、小さいという、モノの大きさや価値のみならず、「モノの所有」に関しても、ミレニアルやポストミレニアルのという世代の人たちは、モノを持ちたがらない。自分が必要なものを必要なときに利用できればいいという考え方なんですね。まさに「シェアリングエコノミー」です。昔はお金が入ったらすぐ、自分がほしいものや、持っていると自慢できそうなブランド品を買っていた。それがもう、全然違うんですね。

「私は自分の感性に合うものを、自分の目線で選びます」というライフスタイルの方が非常に多い。商品選びでも、それが自分のライフスタイルと合うものなのか、しっかりチェックするんですね。そうなると、やはり情報が大切です。

大谷: 当然、メディアの果たすべき役割も大きくなりますね。

笹谷: その通りです。企業や、SDGsに関わる人々が伝えたいことを、メディアの力によって、できるだけわかりやすく読者目線で広げていくというのが非常に大事です。いいことを広げていくために、SDGsは発信性、普遍性を重視しています。伝え方の技術が非常に問われていて、その意味でもメディアの力は大変重要なんです。

 

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

SDGsはすべての人にとっての共通言語

大谷: 少し自分の話をさせていただきたいのですが『ethica』は今年で7年目になります。そもそもの立ち上げのきっかけは、あるブランドの仕事で、「エシカル」という言葉がキーワードになっていたことだったのです。「エシカルという考え方は、これから重要になるはず」と感じていろいろなメディアを見てみたのですが、業界誌や専門誌がエシカルを取りあげることはあったものの、いわゆるライフスタイル誌のような、一般向けのものには見当たらない。それで、特にエシカルを意識してない女性も、そういったことに触れるメディアを作ろうと思って立ち上げたのが『ethica』なんです。

笹谷: なるほど。私も昨年『Q&A SDGs経営』という本を出したんですが、「Q&A」にした理由は、自分に興味のある、読みたいところから読めるようにという思いからです。これはビジネス向けのSDGs経営という目線で作っていますが、入門から深いところまで、全部カバーしました。実はSDGsの達成に向けてできることは、身近にもいっぱいあります。今、世の中がどう動いてるのかを知って、多くのビジネスマンに、ぜひ自分ごと化してほしいと思います。

先ほどもお話しましたが、SDGsはすべての人にとっての共通言語なんです。まずはこの共通言語をしっかり身につけるためにも、「SDGsメガネ」で世の中を見てほしいですね。

「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)で同時開催された「第2回未来まちづくりフォーラム」 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ヨーロッパでは、ごく自然にのびのびと

大谷: 「SDGsメガネ」? それはどのようなものでしょう。

笹谷: 例えば会食などで「これを残してはいけないな。SDGs的には12番のフードロスだよね」などのように、何かものごとを見る際に「SDGsの何番がある、何番がある」と考え、周囲の人と話をするクセをつけるんです。そうすることによって、マインドが変わります。

すると、問題のあることに接したときに、「ひょっとしたら、これはあまりSDGs的によくないんじゃないか」と気がつく。そのような意識を持って勉強していくと「じゃあ次はアクションにつなげましょう」という流れになる。そして、周囲の人たちを巻き込んでいくんです。

こういう会話を自由にのびのびできているのは、ヨーロッパだと思います。グレタ・トゥーンベリさんの母国であるスウェーデンなどの国は、ごく自然にそういう会話ができています。このような取り組みを、世界標準でやっていただきたいと思います。

大谷: それは面白いですね! 日常の生活にSDGs目線を取り入れていくというのは、意識付けとしてとても有効だと思います。

イタリア、シチリアの世界遺産の街シラク―サにて、自転車シェアの視察(2014年)

アメリカ人やフランス人に比べて日本人は表現下手?!

笹谷: 世の中でいいことをするには、まず、周囲に「いいね」と思わせることです。そして、それがなぜいいことだと感じるのか、その理由と仕組みを説明するんです。そうすると「なるほど」となります。いいことであっても、皆がなんとなく乗りにくいのは、それをやる理由がわからないからです。理由がわかれば継続しようとなる。「またね」です。「いいね、なるほど、またね」というサイクルが必要です。

そういうことをした方が世の中の結果がよくなると考える人が増えていって、それなら一緒にやろうとなっていく。このサイクルの輪、パートナーシップを作ることが大事です。

アメリカ人やフランス人に比べて日本人が弱いなと思うのは、周囲の人を納得させる理屈の立て方と表現方法です。日本はあうんの呼吸とか空気ですから。これからは、私は日本人も「発信型三方良し」にすべきと言っています。エシカルの場合でも、皆が納得する理屈をメディアの力でわかりやすく広げていけるといいですね。日本人は腹に落ちるまで時間がかかりますが、納得すればすぐにやります。特に今の若い人は行動が早いので、ぜひ、身近なところからそのような活動を広げていってほしいと思います。

映画「マレーナ」のロケ地ドゥオーモ広場にて(2014年)

Good for me,Good for the world.(私によくて、世界にイイ。)

大谷: ありがとうございます。最後に一言、お願いしたいのですが、『ethica』のブランドコンセプトは「Good for me,Good for the world.私によくて、世界にイイ。」です。では、笹谷さんにとっての「私によくて、世界にイイ。」こととは、何でしょう?

笹谷: 硬いかも知れないけれど、松尾芭蕉がいいことを言っています。「不易流行」です。「何事も、変わらないものと、流行で変わるものがある。だから、変わらないもの、変えてはいけない本質を見極めつつ、一方で変革の新たな動きも踏まえよう」という意味です。私自身、自分のライフワークを確立する上で、これからもこの言葉を心にとめていきたいし、世界を見るときも同様です。まさに今、激変の時代であり、非常に多くのことが変化しています。それでも守らなくてはいけない本質もあります。私が思うに、それは「持続可能性」です。常にそのことを忘れないためにも、「不易流行」という言葉を大切にしていきたいと思います。

Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

(前編)を読む>>>

笹谷 秀光(ささや・ひでみつ) CSR/SDGコンサルタント 千葉商科大学基盤教育機構・教授、博士(政策研究)

1976年東京大学法学部卒業。77年農林省(現農林水産省)入省。2005年環境省大臣官房審議官、06年農林水産省大臣官房審議官、07年関東森林管理局長を経て08年退官。同年(株)伊藤園入社。取締役、常務執行役員を経て19年4月退職。2020年4月より千葉商科大学基盤教育機構・教授。

現在、社会情報大学院大学客員教授、(株)日経BPコンサルティング・シニアコンサルタント、PwCJapanグループ顧問、グレートワークス(株)顧問。

日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、NPO法人 サステナビリティ日本フォーラム理事、宮崎県小林市「こばやしPR大使」、未来まちづくりフォーラム2019・2020・2021実行委員長。

著書に、『Q&ASDGs経営』(日本経済新聞出版)『3ステップで学ぶ自治体SDGs』(ぎょうせい)ほか。企業や自治体等でSDGsに関するコンサルタント、アドバイザー、講演・研修講師として幅広く活躍中。

■著者公式サイト ─発信型三方良し─

https://csrsdg.com/

■「SDGs」レポート(Facebookページ)

https://www.facebook.com/sasaya.machiten/

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業9期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開中。

笹谷秀光氏の新刊

『3ステップで学ぶ 自治体SDGs 全3巻セット』

「基本」「実践」「事例」の3つのステップでSDGsを理解しよう!

SDGsをわかりやすく解説した全3巻のシリーズ刊行!

自治体がSDGsにどのように取り組み、どのように進めていけばよいのかについて、基礎から実践まで、全3巻でハンディにわかりやすく解説。 地域ならではの取り組みを推進したい自治体職員、自治体と連携して地方創生SDGsビジネスへの事業展開を検討する民間企業・金融機関の方々に手軽にお読みいただける実践書です 。

基本を理解したい方、まずはここから!  ⇒ 第1巻『STEP 1 基本がわかるQ&A』

実際に取り組むためのヒントが満載!   ⇒ 第2巻『STEP 2 実践に役立つメソッド』

先進的な取組み事例からノウハウを学ぶ! ⇒ 第3巻『STEP 3 事例で見るまちづくり』

令和2年11月発売

ぎょうせいオンラインはこちら

https://shop.gyosei.jp/products/detail/10524?fbclid=IwAR0aDpY3dceUFXMIIPR0EGTmAvMXK6If3kRx_M2GlNLzE8y99xWmMnHo0_U

出版社:ぎょうせい

未来まちづくりフォーラム第3回(2021年2月24日) 登録開始!

https://www.sustainablebrands.jp/event/sb2021/special-miramachi.html

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
レスリー・キー×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2022/2/21 】 Fashion
ファッションとSDGsは今後どう結びついていくのか。試行錯誤する企業も多いなか、いま注目を集めているのが、衣類・ファッションをテーマにした体験型展示「未来の試着室」展だ。この展示に合わせて、SDGsの文脈での作品も数多く手掛ける世界的な写真家レスリー・キー氏が参画し、大きな話題を呼んでいる。今回は、レスリー氏にエシカ編...
モデルのNANAMIさんも愛用!サステナブルなヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」が体験できる「ヘアキッチンマルシェ」が登場
INFORMATION 【 2021/12/27 】 Health & Beauty
配合成分からパッケージまで環境に配慮したヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」。今年12月に東京と大阪で「HAIR KITCHEN」を手に取って体験できる特設スペース「ヘアキッチンマルシェ」を開設しました。12月18 日(土)には東京・渋谷でオープニングイベントを行い、「HAIR KITCHEN」を愛用しているモ...
ガンダムリサイクル作戦で落合陽一氏が使用済みのガンプラを使い茶室を製作
INFORMATION 【 2021/11/29 】 Art & Culture
40年以上にわたって多くのファンを魅了してきたガンダム。最近では女性にもファンの裾野を広げ、“ガンダム沼”にはまる人を増やしています。今回、そんなガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動『ガンダムR(リサイクル)作戦 FINAL 2021』が行われました。オープニングセレモニーでは、メディアアーティストでガンダム...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

味の素AGFが環境や社会、コロナ禍でのライフスタイルに寄り添ったドリンクを発売
(第8話)オーガニックな森のお薦め3選【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます