(第44話)「毎日の暮らしのなかに少しの学びを取り入れて。働き方も生き方もよりサスティナブルな方向へ(後編)」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第44話)「毎日の暮らしのなかに少しの学びを取り入れて。働き方も生き方もよりサスティナブルな方向へ(後編)」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第43話では、環境問題を知る上で大切な「学び」についてお話ししました。

今回の記事では、自分にあった方法で、無理なく暮らしのなかに学びを取り入れていくヒントをお伝えできればと思います。

身近なことから”学び”を

環境問題は、私たちの日々の暮らしとつながっています。

ですが、普段使っているモノや食べ物がどこからどのようにしてやってきているのか、それを作っているのはどのような人や会社なのかなど、実際につながりを感じることはなかなか難しいのが現状です。

 

つながりが見えにくいから、自分ごととしてとらえにくい。

だからこそ、身近なことを切り口に「知ること」が大切ではないかと感じています。

 

たとえばファッションに興味があれば、エシカルファッションを切り口に、それをテーマとした映画を観てみる、実際に商品を買ってみる、その商品を作っている企業を調べてみるなど。

まずは自分の興味があることから、ルーツを調べてみたり、モノを買うときには環境に配慮した製品を買うことを意識するのも一つの方法です。

 

ほかにも本や論文を読む、動画を観る、ボランティア活動やイベントに参加する、講座やオンラインセミナーを受ける、フィールドに行ってみる、ネットで検索する、などなど学びのかたちにはいろいろな方法があります。

私の原体験

第7話「食品ロスのこと」でもお伝えしましたが、私が環境問題に興味を持ったきっかけは、高校生のころに行った労働実習先のビュッフェ形式の飲食店で、大量の食べ残しを見たことでした。

自分で食べる量を調整できるビュッフェスタイルなのに、お皿に残った料理を当然のようにゴミ箱に捨てていくお客さんの姿が当時の私にとっては衝撃的で、

 

・どうして当たり前のように食べ残してしまうんだろう?

・もしこれが外食産業で当たり前のことだとしたら、1日にどれくらいの食べ物が廃棄されているんだろう?

・そういえば自分の家でも、賞味期限切れの食べものや傷んで捨ててしまう野菜もあったな……。

 

と、さまざまな疑問が浮かび、食にまつわる問題を調べたことがきっかけで環境問題へと関心が広がったのです。

 

通常、ゴミは、袋にまとめて決まった曜日に出せば自治体が回収してくれます。

そのことが当たり前で、回収されたゴミがどうなるのか、1日にどれくらいのゴミが出ているのかなどとは、よっぽど意識しなければ考えたりしないのではないでしょうか。

 

そのようなことは、ゴミに限らず身の回りにあるさまざまなことに共通しています。

便利になりすぎた現代だからこそ、見えにくくなっている物事のつながりを意識してみると、これまでの「当たり前」の見え方が少し変わるかもしれません。

 

私の場合は食やゴミの問題でしたが、自分の興味があることを切り口にして環境問題と結びつけ、それについて理解を深めるのに役立ちそうで、自分にとって親しみやすい本や動画を読んだり観たりすることで、「自分ごと」と捉えつつ、無理のないかたちで学びを取り入れていけるのではないかと思います。

難易度別・学びのかたち

学びの方法はたくさんありますが、そのなかからいくつか簡単にご紹介したいと思います。

 

・難易度(★☆☆):映画や動画を観る

一番気軽に取り組めるのは、映画や、わかりやすくまとめられた動画をYouTubeなどで観ることだと思います。

 

環境問題や社会問題などのテーマは、映像で観るとインパクトが強く、よりリアリティを感じやすいのではないでしょうか。そこで描かれていることが問題に対する回答とは限りませんが、強いメッセージが、それらの問題に関心を持つきっかけになることも多いと思います。

『いのちの食べかた』(2005年)

私たちが口にしている食べ物はどこからどのようにして来るのか、農業、畜産、食肉加工など現代のさまざまな食の生産現場の実情を淡々と切り取っていくドキュメンタリー作品。食のあり方について、深く考えさせられます。

 

『ザ・トゥルー・コスト〜ファストファッション 真の代償〜』(2015年)

安さの裏側にある「代償」を描いた作品です。バングラデシュの縫製工場が入ったビルの倒壊で千人以上の人が亡くなった事故をきっかけに、製作されました。

労働者搾取の問題だけでなく、ファッション業界は、石油業界に次いで環境汚染の原因を生み出していると言われています。安さや流行を求め続けることが、本当の幸せにつながるのか……。行き過ぎた消費社会のあり方への警鐘、これからの未来で何を大切にするのか問いかける作品です。

 

ほかにも『不都合な真実』(2006年)、『デイ・アフター・トゥモロー』(2004年)、『ブルー・ゴールド〜狙われた水の真実』(2010年)など、環境問題について深く考えさせられる作品はたくさんあります。サブスクリプションなどを利用すれば、より幅広いジャンルのものを楽しめます。

 

気になるワードに「SDGs」や「環境問題」などの単語を掛け合わせて検索すると、そのテーマに沿った動画がたくさん出てきます。ぜひ、気になったものから観てみてください。

・難易度(★★☆):本や雑誌を読む

SDGsについてまとめられた本は、子ども向けのものから専門書までたくさん出ています。

イラストや図を多く使い、わかりやすく書かれたものであれば、隙間時間でも気軽に読めるでしょう。なお本はできるだけ引用や参考文献が確かなもの、著者がどのような立場の人(研究者・学者など)なのか明らかなものを選んで読むことが大切です。

『気候変動の時代を生きる』(永田佳之・編著/山川出版社)

以前もご紹介したことがありますが、この本は気候変動やSDGsの基本的な知識をはじめ、世界の状況もデータを使ってわかりやすく説明されていて、各国のさまざまな立場の人が実践している取り組みを知ることができます。「教育」の重要性が説かれていますが、扱う内容は幅広く、暮らしのなかで役に立つ具体的な例もあります。生活を見直したり、SDGsを取り入れたりするきっかけにもなります。

『プラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命』(シャンタル・プラモンドン、ジェイ・シンハ・著 服部雄一郎・訳/NHK出版)

プラスチックが環境に与える影響は深刻だという話はよく見聞きしますが、実際にどんな影響があるのか、生活からプラスチックをなくすことは可能なのか、エコバックやマイボトル以外に「プラスチックフリー」を暮らしのなかでどうやって取り入れていけるのか、などプラスチックにまつわる疑問がわかりやすく書かれた一冊です。

・難易度(★★★):さらに詳しい本や論文を読む。イベント、セミナーなどに参加する

興味を持って読んだ本の参考文献から、次の本や論文をたどって読んでいくのもオススメです。

『沈黙の春』レイチェル・カーソン(1962年)

60年ほど前に人間の身勝手な行動によって起こりつつある環境問題に警鐘を鳴らした、バイブルとも言えるくらい有名な作品のひとつです。

古い本ですが、現代においてもその問題は基本的には変わっておらず、今読んでも考えさせられることがたくさんあります。

 

また、イベント、セミナー、ボランティア活動など、実際に人びとが集まることは、このコロナ禍で難しくなっていますが、オンラインでのイベントやセミナーはどこでも参加することが可能なので、逆にこの機会を利用して、いろいろな考え方に触れてみるのはいかがでしょうか。

本や映画からは得られにくい最新の情報に接したり、新しい人と出会ったり、またさまざまな考え方などに触れる機会となり、環境や社会の問題について、より深く自分ごととして考えるきっかけが得られるでしょう。

暮らしのなかに学びを

環境問題をはじめ社会をめぐる問題は、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。

あまりにも大きい問題に無力感を感じたり、情報量の多さや意見の違いに、何が正しいのかわからなくなったりすることもあると思います。

 

「人の数だけ正解がある」とはよく言いますが、学ぶことによって、いい意味で、絶対的な正しさや誤りがわからなくなっていくこともあります。

これからますます、変化の多い不確実な時代になっていくでしょう。そんな混沌とした世の中でも、自分なりに問題を理解して、よりよい判断をしていく、その手助けをしてくれるのが学びだと思っています。

 

最初の一歩として、まずは、身近なところで感じている疑問や興味を切り口に、自分ごととして環境問題をとらえてみてください。

見て見ぬ振りするのではなく、常に問い続ける姿勢が、よりよい未来につながっていくのではないでしょうか。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

(第7話)薪ストーブ【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
味の素AGFが環境や社会、コロナ禍でのライフスタイルに寄り添ったドリンクを発売

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます