(第52話)「お休みの日どう過ごす?家族みんなが心地よい、休日の過ごし方」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第52話)「お休みの日どう過ごす?家族みんなが心地よい、休日の過ごし方」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第51話では、子育てで大切にしている絵本を読む時間についてお話しました。

今回の記事では、お休みの日の過ごし方について、我が家の場合をお伝えしたいと思います。

お休みの日、どんな風に過ごしていますか?

一週間の仕事を終えて、迎える休日。

 

お休みの日の前は「こんな風に過ごしたい」「気になっていたあの場所に行きたい」など、どんな風に過ごすかあれこれ考えていたものの、いざその日になると溜まっていた家事に追われたり、子どもの相手をしたりしている間に気がついたら1日が終わってしまっている……なんてこと、あるのではないでしょうか。

 

以前の我が家は、まさにそんな1日を過ごすことがあり、そのたびに夫と喧嘩になり、せっかくの休日が残念な気持ちで過ぎていく虚しさを感じることも少なくありませんでした。

 

平日は保育園に行っている娘。お休みの日こそ、ゆったりした気持ちで楽しく過ごしたいと思いながら、ぐずる娘の相手で、こなしたい家事が進まずイライラしてしまったり、お出かけの予定を入れすぎて大人も疲れ切ってしまったり。

 

平日の流れを引きずらず、無理しすぎず、楽しく1日を終えられる、ちょうどいい休日の過ごし方って意外と難しいなぁと感じます。

 

私たちにとって心地よい休みの日の過ごし方ってどんなものだろう。。

夫と話し合いを重ね、少しずつ過ごし方を仕組み化して、無理なくいい時間を過ごせるようになってきました。

それは単に効率的になっただけではなく、家族として大事にしたいと思うことを共有しながら形にしていけた、大切なプロセスだったと思っています。

 

今回は、そのなかでも、心のゆとりを作れるようになったと感じたポイントをお伝えできればと思います。

お休みの日を気持ちよく迎えるためにしていること

これまでをふりかえると、満足度が低くみんなが不機嫌になりがちだったお休みの日は、予定を決めず「なんとなく」過ごした日(当然といえば当然……)。

 

夫婦で共有できるアプリを使ってリストを作り、「ここ行きたい」「これしたい」と思いついたときにそれぞれリストアップしておいて、月末の家族会議で翌月以降の予定を調整しています。

この日はこう過ごしたいね、とある程度決めておくことで、お出かけのタイミングを逃してだらだら1日が終わる、というのは避けられるようになりました。

 

とはいえ、予定が詰まりすぎていてもしんどいので、2日あるお休みのうち1日は遠出、1日は近場やお家、実家でのんびりという感じで過ごしています。

 

また、平日に溜まった家事をリセットできないまま、次の1週間を迎えるのは私にとっては大きなストレスでした。

かといって、せっかくの休みの日がそのために費やされてしまうのも本意ではなく。

 

・週末にまとめてしていた家事を平日に分散させて、できるだけ溜めないようにする。(その分、夫にも分担してもらう)

・季節の掃除などはあらかじめ日を決めて家族みんなで取り掛かる。

・休日前の夜、子どもを寝かせてすぐにリラックスして過ごしたいところを、もう一踏ん張りしてお部屋をリセットするところまで済ませておく

 

などなど、少しずつ工夫することで、お休みの日を気持ちよく迎えられるようになりました。

お休みの日を楽しむために大切にしていること

・早め早めに動く

お出かけの一番のストレスは渋滞&人混み。

それを避けるために、事前に行き先を決めて情報をチェックすること、早めにお家を出て早めに帰路につけるよう、混雑する時間帯を避けて動くことを意識しています。

前倒しで動けると時間の無駄がなく、体力も削がれず、夜、娘を寝かせてからの大人時間も確保できて楽しみが増えました。

 

・大人も子どもも楽しめる時間に

年齢関係なく楽しめるのは、やっぱり自然のなかだなぁと感じます。

お弁当を持って、近所の公園にはない遊具や森がある広い公園に行ったり、ちょっとしたハイキングに出かけたり、夏場は清流で水遊び。冬場はスキー場へ雪遊びに行ったり。

午前中は娘と一緒にめいっぱい体を動かして、帰りの車で寝落ちしたのを見計らって密かにお楽しみタイム。カフェでコーヒーとおやつをテイクアウトしたり、気になっていた雑貨屋さんに寄ってもらったりしています。

・無理をしない

1日遠出をしたら、もう1日は近場の公園や河川敷へ。

おにぎりを握って、保温ボトルにお湯を入れて行き先であたたかいスープやコーヒーを淹れれば、それだけでもほっと一息幸せな時間に。

非日常を楽しむ休日ももちろん良いけれど、朝自然な目覚めで起きて、子どもと体を動かしてシンプルなごはんを食べて早く寝る。そんな当たり前のことを心から味わう休日も悪くありません。

家族にとってちょうどいい休日を

家族で過ごすお休みの日について、我が家で工夫していることをお伝えしました。

 

思うようにいかないことももちろんありますが、自分たちにとって無理のない形が見えてきたことで、以前より楽しく休日を過ごせているように感じています。

 

お出かけに行っても行かなくても、何か特別なことをしてもしなくても、みんなが笑顔で過ごすことができたら、きっとそれが家族の幸せにつながっていくのではないでしょうか。

 

家族で一緒に過ごす休日が、普段頑張っている心と体をホッと一息休ませて、また新たな1週間を気持ちよく迎えられるような、そんな時間になればいいなぁと思っています。

 

「今日もみんなで笑顔で過ごせたね」

そんな日々を積み重ねていくヒントになれば、嬉しいです。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第11話)持続可能な住まい【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
「サステナブルな暮らし」をかなえるプロダクト (第1話)セブン&アイグループが取り組む“未来につながるおかいもの”とは?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます