(第53話)「家族がいても、大切にしたい自分時間」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第53話)「家族がいても、大切にしたい自分時間」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第52話では、我が家のお休みの日の過ごし方についてお伝えしました。今回の記事では、パートナーとお互いに大切にしている「自分のための時間」について、お話ししたいと思います。

自分のための時間、持てていますか?

仕事、親、パートナーと、いろいろな顔で毎日過ごしているなかで、自分のための時間を持つことは案外難しいのではないでしょうか。

 

仕事、家事、そして子育てに向き合っている間に、1日はあっという間にすぎてしまいます。

 

ほっと一息つく時間が欲しい、好きなことをしたいと思っていても、目の前のやらなければいけないことに追われてばかり……。そうなると徐々にストレスが溜まり、心の余裕もなくなっていくように思います。

 

私自身、娘が生まれる前は、休日のそれぞれの時間を夫と私がどう使おうと不満はありませんでしたが、産後、育児や家事に追われて余裕がなくなると、夫が「自分のための時間」を過ごすことが、快く受け入れられない時もありました。

 

家族との暮らしのなかでは、優先順位が下がりがちな個人の趣味の時間。

夫の趣味は、釣り、スキーなどのアウトドアや読書、私は、自分のペースで料理やものづくり、雑貨屋さんめぐりをしたりすること。

話し合いを重ねて「自由時間は必要だよね」ということを共有できてからは、お互いの「自分時間」の確保のために、少しずつ協力し合うスタンスができていったように思います。

 

家族のため、周りの人のために頑張っていたことが、自身のしんどさになってしまっては本末転倒。

そうならないためにも、毎日の少しの時間に心身ともにリラックスして自分のペースでゆったり過ごせる「自分時間」を持つことを大切にするようになりました。

自分時間、どうやって確保する?

とはいえ日々の生活のなかで新しく時間をつくるのは難しいもの。。

 

まずは、すきま時間に少しずつ意識的に時間を確保していくと、無理がありません。

朝少し早く起きたり、通勤の移動中、家に帰って来た時、晩御飯の後、子どもを寝かしつけた後などなど

私は、やらなければいけないことのやり残しがあると、ついつい気になって小さなストレスになってしまうので、ここまではやりきる、と決めて、その後はゆっくりすることをモチベーションに取り組んでいます。

 

子どもをパートナーや親に頼んだり、時には一時保育などのサービスを利用するのも一つの方法です。

「自分時間」の過ごし方

子ども中心で生活していると、数十分でも一人の時間があると、それだけでも大きな気分転換に。

ちょっとした時間の余白があると、ついついスマホを触ったり、家事が気がかりになったりしますが、あえて休むことを意識して気持ちを一旦オフに。

普段のちょっとした時間をはじめ、休日には夫と協力しあって、お互いに自分時間を楽しんでいます。

 

・好きな飲み物を自分のためにいれる

すきま時間にほっと一息つけるだけで、気分は随分と変わります。

温かい飲み物はリラックス効果もあって◎

平日は持ち歩けるように、朝一番にその日の気分で、お白湯、ほうじ茶、たんぽぽコーヒー、ハーブティーなどを、保温性の高い水筒に用意しています。

お休みの日の朝は、鉄瓶でお湯を沸かして、ちゃんと温めたカップに注いで熱々のうちに一口すする。一つひとつの所作を丁寧に行う余裕のある時間は、ささやかながら贅沢を感じます。

 

・こだわりたいことにこだわる

普段、気になっているけれど優先順位は低くて後回し(もしくは見ないふり)にしていることと向き合う時間も、意外と大切だなと感じているこのごろです。

私の場合は主に、整理整頓などの家事だったりするのですが、今日はここ、と決めてそれだけを集中してやるだけで、たった数分のことでも心地よい達成感が生まれて気持ちがすっきりします。

 

・カフェ、雑貨屋さんに行く

カフェや雑貨屋さんの空間が好きで、半日仕事のあとにカフェで本を読んだり家族で出かけた午後、クルマの中で娘がお昼寝したのを見計らって、事前に調べておいた雑貨屋さんに寄ってもらったりして楽しんでいます。

縫い物や編み物などの手仕事も大好きなので、生地や布を見たり。趣味のものづくりへのモチベーションも上がります。

自分が心地よくいることで、周りの人も幸せに

最初は、まだまだ小さい娘を置いて、一人の時間を過ごすことへの罪悪感もありました。

でも、自分の気持ちを脇に置いて頑張っている状態の私は、ご機嫌な姿とはほど遠く。

自分の時間を持てるようになったことで、一歩引いて現状を客観的に見ることができて気持ちも切り替えやすくなり、また心新たに家族との時間を楽しむことができているように思います。

 

家族みんなで過ごす時間ももちろん大好きですが、その時間を大切にするためにも一人で過ごす時間も必要だと思っています。

その気持ちに正直になることで、相手の思いも尊重できるようになり、わたし自身も心が晴れやかに過ごせるようになりました。

 

それぞれの「自分時間」を大切にして、みんながご機嫌に過ごせる、家族にとって心地よいバランスを模索していけたらと思います。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
INFORMATION 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

【ethica編集長対談】 セブン&アイ・ホールディングス・釣流まゆみ 執行役員(前編)「国際関係学を学び、小売業の世界へ」
「いっしょに考える『福島、その先の環境へ。』シンポジウム」開催 小泉環境大臣ぶら下がり取材に、ethica編集部も初参加

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます