TBS秋沢淳子さん鼎談(第8話)やっぱり自分って食べ物でできている
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
TBS秋沢淳子さん鼎談(第8話)やっぱり自分って食べ物でできている

TBS 秋沢淳子 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2022横浜」(SB 2022 YOKOHAMA)に基調講演の1人として参加されたTBSの元アナウンサーで現在は総務局CSR推進部で部長を務める秋沢淳子さん。

社業以外でも2000年に国際交流・教育支援・国際協力をテーマにしたNGO団体「スプートニクインターナショナル」を設立しスリランカで積極的に活動するなど多方面で活躍されています。

そんな秋沢さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎、副編集長・萱島礼香がお話をお聞きしました。

ドイツでの生活スタイルを経験

秋沢: 私には、ドイツ人と国際結婚をした叔母がいます。つまり、私にはドイツ人のおじがいるんです。私、中2の時に1人で1カ月アメリカに短期留学して、当時はアメリカ大好き少女でした。そんな私に向かってドイツ人のおじは「世界の歴史はヨーロッパが作ってきたんだぞ。いいから一度ヨーロッパに見に来い」と。ニュージーランドに行く前にドイツに行きました。たしか1984年のことです。

その時、ドイツで瓶の回収方法を知り感心しました。黒い瓶は黒いケース、白い瓶は白いケース、緑の瓶は緑のケースに分別して捨てていました。スーパーに行ってもレジ袋なんてなくて、卵を買う時には家から卵ケースを持っていって「卵6個ちょうだい」というぐあいに買い物をする。30年ほど前からエコなライフスタイルでした。

大谷: 僕が子どもの頃、お豆腐屋さんが売りに来て、入れ物を持って買いに行ったりしていましたよね。

秋沢: 昔の日本はよかったですね。

私、ドイツでの生活スタイルを経験して、心からすごいと思いました。そこからだいぶ経ってから日本でもリサイクル、分別がやってきましたよね。

実は、今、私はそれをスプートニクを通してスリランカで教えています。スリランカはお弁当をバナナの葉っぱで包んで、食べ終わると捨てて自然に返していた文化ですから、そこにビニールが入ってきたことによって、お弁当はバナナ葉っぱの代わりにビニールに入れて、食べ終わったらポイ捨てされるようになったんです。すると、それを食べ物と勘違いした野生動物が食べてしまう。おなかがビニール袋で膨れた野生動物が多く死ぬことになってしまった。スリランカは今、そういう状況です。

萱島: 近代化すると、もれなくプラスチックがついてきちゃいますね。

秋沢: スリランカではゴミ捨て場って山の奥の、山を切り拓いたところにあってそこになんでも全部いっしょに捨てるんです。そして、その周辺に住む人々もいる。まだゴミの分別が行われていないので、生活ごみを全部一緒に捨てます。スリランカは温かい国なので腐敗したごみはガスを発生して爆発します。すると、ゴミの山が崩れて多くの人が亡くなる事故がおきます。

そこで、「スプートニクインターナショナル」の施設ではごみを100%分別して、捨てるように指導し始めました。なぜ分別しなくてはいけないのか、理由もちゃんと説明して教えています。教えられた若い子たちが世の中に出ていけば、いつかは政府も分別に向けて動き出してくれるに違いないと祈りをこめて。

TBS 秋沢淳子 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

私によくて、世界にイイ。

大谷: 長時間お話をお伺いしてきましたが、これが最後の質問です。「ethica」のコンセプトは「私によくて、世界にイイ。」ですが、秋沢さんにとって「私によくて、世界にイイ。」というのはどういうことでしょうか?

秋沢: 「ホワイト・キャンバス」的な立場からいうと、自分が好きなアートを家に飾ることによって、それをクリエートした人の生活が成り立つということでしょうね。アジアで頑張っている画家さんたちの絵を買って家に飾ると、自分にもいいことだし、その絵を見て力をもらったり、その国に思いを馳せることもできるし、その画家さんの生活も豊かになりますしね。

あと「私によくて、世界にイイ。」となると、やっぱり自分って食べ物でできているので、ちゃんと正しく作られたものを摂るということですかね。

大谷: まさに今の「ethica」のいちばんのテーマがそれなんですよ。僕も今まではそんなに食べ物のことを気にしないでいましたが、このコロナ禍で食べ物と向き合うというか、自分で料理をする時間が増えましたしね。

秋沢: そうなんですよ。いかに無駄にしないで、正しく作られたものを自分に接り入れていくか、それはいわゆる地球を傷つけずうみだされた産物をいただくという意味で世界にイイっていえますよね。

TBS 秋沢淳子 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

大谷: 今日は長時間ありがとうございました。とても楽しくて、そして、とても勉強になりました。

秋沢: こちらこそありがとうございました。いろいろとお話をしていて「ethica」さんとは考え方が相通じるところが沢山あることがよく分かりました。これからも長くお付き合いしていきたいですね。よろしくお願いします。

大谷: こちらこそよろしくお願いします。

 

(第1話)から読む>>>

【あわせて読みたい】ethicaバックナンバー

アジアの力を世界に TBS 秋沢淳子

 

秋沢淳子

株式会社TBSテレビ/株式会社TBSホールディングス

総務局 CSR推進部 部長、DigiCon6 Asia事務局 海外ディレクター

一般社団法人 Sputnik International
創設理事

公益財団法人 AFS日本協会
理事

ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部卒。総合不動産会社に新卒入社。「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げを行う。IT関連企業に転職後はwebディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネットなどがある。その後、研究機関から発足したNPO法人に参加し、街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。2018年11月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業10期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第45話)はじめてのテントサウナ【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
【ethica編集長対談】電通 グローバル・ビジネス・センター田中理絵さん(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます