セイコーエプソン・碓井社長が思い描く、色彩豊かな未来のヴィジョン
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
セイコーエプソン・碓井社長が思い描く、色彩豊かな未来のヴィジョン

「サステナブル・ブランド国際会議2019 東京」での基調講演を終えた後、ethicaのインタビューに応じてくださったセイコーエプソン株式会社の代表取締役社長、碓井稔氏。 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

2019年3月6日・7日に開催された「サステナブル・ブランド 国際会議2019 東京(SB 2019 Tokyo)」のスポンサー(プラチナ)を務めたセイコーエプソン株式会社。時計とプリンターの開発で培ってきた技術を基盤に、サステナブルな社会に向けたイノベーションを実践する企業として、初日の基調講演のプログラムでは、代表取締役社長の碓井稔氏が「経営理念の実践による持続可能型社会の実現」と題したスピーチを行いました。(講演のレポート記事はこちら 誠実努力で「なくてはならない会社」へ

SB 2019 Tokyoのメディアパートナーを務めたethicaでは、講演終了後の碓井社長へインタビューをさせていただきました。

朗らかな笑顔で取材に応じてくださった碓井社長。こちらがびっくりするほど気さくなお人柄。 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

夢をかなえる装置としてのプロジェクター

エシカ: さきほどの基調講演、たいへん興味深く拝聴しました。最後に動画をまじえてご紹介された「ゆめ水族園」の活動が印象深かったです。全国各地の病院や特別支援学校を訪問され、毎回施設ごとにさまざまな環境下でプロジェクションを用いた取り組みをされているようですが、あの活動はプロジェクター製品の研究開発と結びついたものなのでしょうか?

映像表現の可能性を探る「ゆめ水族園」。エプソンの技術と創意工夫が、子供たちにとってかけがえのない体験を提供している。

碓井社長: プロジェクターの小型化や投写距離の短縮、画質の向上や動作の安定性といった全体的な製品の進化はありますが、直接には関係していないですね。それよりも、カーテンのような形状のものに投影したときの演出効果といったような、空間づくりのチャレンジの意味合いが強いんです。「ゆめ水族園」は、デジタルの映像表現の新しい可能性を探る、そういう取り組みの延長にあります。 海に行けない、水族館に行けない、そういう状況にあるお子さんたちに、どうやって感動体験を届けるか。プロジェクターって、コンパクトな機器で、巨大な空間の雰囲気を一瞬で変えることができるんです。

碓井社長の回答から、子供たちの笑顔を生み出しているのは、プロジェクター製品の性能以上に、それをどう活用するかという利用者のアイディアなのだということに、はっとさせられます。取材当日、SB 2019 Tokyoのエプソンのブースでは、ホールの高い天井から長い布地を垂らし、そこに数台のプロジェクターで海洋の生物の映像を投影して、来場者が「ゆめ水族園」の一部を体験できるよう試みていました。 続いて、会場からも程近い、話題の「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」について碓井社長にうかがおうとすると……

「観るものから体験するものへ」エプソンの470台のプロジェクターが生み出す映像空間。

碓井社長: どうしても商業ベースに乗りやすいから、エンターテイメントの事例ばかりが注目されるんですけれど(笑)、プロジェクターによる空間演出って、みなさんが思っている以上にいろんな可能性があるものなんです。

たとえばこの部屋、ビルの真ん中にあるけれど、普通の人って、窓が欲しいって思うでしょう? プロジェクターがあれば、ここに窓がつくれる。青空の下で仕事してるような開放感のある雰囲気をつくることができるんですよね。森林浴している雰囲気とか、海辺にいる雰囲気とか。

なるほど、プロジェクションというと、どうしても目の前をアトラクティブに流れる映像を鑑賞するイメージが強いですが、もっとBGMのように、生活空間に自然に流れているものであっても良いわけです。

碓井社長: 「こういう場所で働きたい」をかなえる快適な環境をつくれば、仕事の効率も上がるだろうし、仕事の疲れも癒されます。閉塞的な都心のビルの中で仕事してると、時間の感覚がなくなっちゃう。「時間は時計を見ればわかりますよ」って、そうかもしれないけれど、それじゃ味気ない(笑)。

とは、まさに70年以上にわたり時計をつくってきた会社の社長のお言葉。人が時間を認識するという行為を、より広い意味合いでとらえていらっしゃるようです。さらに碓井社長は、オフィスでの面白いプロジェクターの活用例をお話しくださいました。

「都会の真ん中にいたら、いま何時だかわかんない。時計見ればわかりますよって、それじゃ味気ない(笑)。プロジェクターがあれば、時間を感じ取れるような、快適な職場を演出することができるんです」 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

碓井社長: あるいはね、遠く離れたオフィスの全体の様子をプロジェクターで大きく投影して、まるで一緒の空間で仕事をしているように感じさせることもできるんです。「拡張オフィス」っていうんだけれど。そうすると「あ、○○さん、いま席を立ったから、ちょっと話しかけてみようかな」って、会話も自然な雰囲気になる。プロジェクターを活用して空間を変えることで、コミュニケーションのあり方が変えられるんじゃないかな、と。

通信インフラが整ってきて、サテライトオフィスみたいなものが増えてきているけれど、やっぱり人と人とがフェイス・トゥー・フェイスで話をするコミュニケーションは捨てがたいでしょう? そういう空間演出ができれば、あたかも対面で話しているような臨場感で仕事ができるようになるんですよ。まあ、すぐにビジネスに結びつくかはわからないけれど(笑)。

確かに、メールや電話でやりとりするだけでなく、仕事中の仕草だったり、デスク周りだったり、その日の服装、体調や気分、そういうちょっとした相手の情報が目に見えることで、社内のコミュニケーションが円滑に進むということはありそうです。碓井社長のお話を聞いているうちに、私たちの日常生活の中にプロジェクターがある未来が見えてきます。

碓井社長: プロジェクターで部屋の雰囲気を変えて、ときにはホームシアターにして。そうして将来的には、プロジェクターが室内照明の役割を担ったらって思うんだよね。単に部屋を明るくするだけの照明じゃなくて、空間そのものを彩る次世代の照明。それこそが、私たちが目指しているプロジェクションの姿なんです。まあ、それはちょっと先の話だけどね(笑)。

と目を細める碓井社長。基調講演では「お客様の期待に応える」という言葉をたびたび繰り返していらっしゃいましたが、同社が追究するのは、そうした人々の夢をかなえるための技術であり、製品の可能性を拡げるのは、人々の想像力なのだということを、改めて実感します。

設備はミニマムに、表現は無限に インクジェット方式がアパレル産業を変える?

エシカ: 基調講演でもうひとつ興味深かったのが、産業インフラへのインクジェットによるアプローチです。印刷というと「紙に印刷するもの」というイメージが強いので、捺染印刷のお話は画期的でした。布地にもインクジェットで印刷ができるんですね。

碓井社長: これ(ご自身のネクタイを指して)なんかも印刷だしね。これノベルティだから、裏側に「EPSON」って入ってるんだよ(笑)。

「これはインクジェットプリンターでつくったものだしね」とご自身のネクタイを差し出してくださった碓井社長。 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

そう言いながら碓井社長が見せてくださったエメラルドグリーンのネクタイは、もはや織物にしか見えません。目を丸くするethica編集部に、碓井社長も上機嫌で「こんな感じで(カメラに)写る?」と、目の前のテーブルに身を乗り出し、ご自身のネクタイを両面がわかるように差し出してくださいました。ネクタイの色のバリエーションについて尋ねると……

鮮やかな色と光沢を放つネクタイに見入る編集部。「ここに『EPSON』って入ってるんだよ(笑)」と碓井社長。 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

碓井社長: デジタルの印刷はデータをちょっと変えるだけで好きな色で印刷できちゃう。だから絵柄が複雑なスカーフとかは特に、デジタルに向いているんだよね。スカーフの絵柄の捺染って、最低でも二十数版使用するんですよ。それがデジタルなら、版が要らない。

捺染の工場って、ものすごく大きいんですよ。機械も大きいし、版の保管場所も必要だし、スペースが必要なんです。それをデジタルの印刷にすると、工場を1/10くらいにまでシュリンクできちゃう。イタリアなんかは進んでいて、そうやって余った土地をショッピングモールなんかにして有効活用している。エプソンも、捺染のメーカーが多いイタリアのコモに施設があって、そこで設計から開発、製造、製品の販売までやっています。

ミラノの北、スイスと国境を接し、湖があるコモの風土は、どことなくエプソン本社のある諏訪に似通っているようにも思います。

碓井社長: アナログからデジタルに切り替えると、いろんな無駄がなくなるだけじゃなくて、いろんなデザインが自由自在につくれるようになるんです。技術的な制約を解決できるので、クリエイティブな社会に変えていける。日本はその点、まだまだ遅れてますね。

アナログからデジタルへ。ただし碓井社長の提案するイノベーションは、単純に既存の技術の代替ではなく、デジタルだからこそできる新たなものをうみ出していきましょう、というもの。実際に、昔ながらのアナログの製法と併行して、デジタルプリントを採用しているブランドもあるそうです。

SB 2019 Tokyoのセイコーエプソンのブースに展示されていたスカーフ。インクジェットの技術によって、複雑な柄やグラデーションの表現の幅が広がる。 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

シンプルの追究 必要なときに、必要な場所に、必要な分だけ

持続可能な社会の実現に向けて、現在エプソンは「インクジェットイノベーション」のほか3つのイノベーションに取り組んでいます。いずれも高度な技術力を基盤とした先進的なものですが、碓井社長のお話は、イノベーションの動力は、人としてきわめてシンプルで当たり前の論理に立ち返ることであることを教えてくれます。

碓井社長は、インクジェットの技術が、液晶のカラーフィルタや有機ELのディスプレイといった電子部品の工業プロセスにも応用できることを説明してくださった後にこう続けました。

碓井社長: 若い人に謄写版(ガリ版)なんて言ってもわからないかもしれないけれど、版を用いる印刷って、版の上にインクをたくさんのっけて、必要部分にだけ染み出させる構造だから、捨てるものがすごく多い。その点インクジェットは、必要な部分に必要な分だけインクや材料をとばす方式。だから、すごくシンプルで無駄がないんですよね。そしてインクジェットの中でも、どんな液体でもとばせるのが、唯一ピエゾ方式なんだよね。

「ピエゾ方式」という言葉に、碓井社長はグッと力を込めます。それもそのはず、碓井社長こそ、いち早くピエゾ方式の可能性に着目し、長年その研究開発に従事してきたエンジニアの一人だからです。

「ピエゾ方式」のインクジェットの特徴についてわかりやすく説明してくださる碓井社長。長年の研究成果を語る社長の瞳は輝いている。 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

碓井社長: インクジェットにも2種類あって、インクを急加熱して沸騰させてとばすのが、バブル方式。でもこの方式はインクを沸騰させるエネルギーが必要だし、沸騰する性質の液体でしか印刷できない。ピエゾ方式は、マイクロポンプ。物理的に押し出すわけです。だから色んなものがとばせるし、さまざまな産業インフラに対応できる。

そうしてピエゾ方式を採用したエプソンの高速ラインインクジェット複合機・プリンターは、平成30年度の「省エネ大賞」製品・ビジネスモデル部門において「資源エネルギー長官賞」を受賞しました。「無駄をなくして必要なものだけ」を追求した製品が、今まさに持続可能な社会に必要とされ、評価されているのです。

碓井社長: どこのオフィスでも、印刷はコストが高いし、森林資源にダメージを与えるので「できるだけ印刷しないようにしましょう」って、なってしまっている。でもやっぱり印刷できることで、効率よく仕事ができたり、コミュニケーションが円滑になるから、オフィスにプリンタを入れるわけでしょう? それなのに、カラー出力ができるスタッフを限定する機能、みたいなのがある。それっておかしい。

だから、印刷コストを下げて、環境に優しいプリンタが必要なわけです。それを実現できるのがピエゾ方式。そしてエプソンでは、それと併せて、オフィス内で紙を再生できる機械「PaperLab(ペーパーラボ)」も提案していきます。

テクノロジーによって削減できたエネルギーや時間の余剰を、新たなクリエイションにつなげていく。このあとにうかがったエプソンの「ロボティクス」や「ウエアラブル」のイノベーションのお話からも、より良い循環型社会を見据えた碓井社長の熱い想いが伝わってきます。

新しい社会に主体的に参画する実感

最後に、碓井社長にとっての「私によくて、世界にイイ。」をうかがいました。

碓井社長: 私にとってよいことは、「こういうものがあったらいいな」「こういう社会になったらいいな」という期待に真摯に向き合って、それを実現できたときの達成感だと思う。私たちはみんな新しい社会を創り出していく一員だけれど、そこで「自分は主体的になって、中心になってやっているんだ」という実感を持てたときが、一番よいときなんだと思うんです。そして私たちの製品やサービスを喜んでくださるお客様がいるということが、「世界にイイ」こと。それを見て、また「もっと世界を良くしていこう」というモチベーションをもらえる。それが「私によくて、世界にイイ。」ことかな。

 

碓井社長の「私によくて、世界にイイ。」は、人々の期待に応えられたときの達成感と、そこから新たに生まれるより良い明日をつくる意欲の循環。 Photo=Kaori Uchiyama ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

エシカ: 本日は素敵なお話をいただき、本当にありがとうございました。

短い取材時間でしたが、その中でもご自身の「こういうものがあったらいいな」「こういう社会になったらいいな」をたくさん語ってくださった碓井社長。その発想は、常にまず人ありきでした。

この日のインタビュー内で碓井社長がお話くださったエプソンの様々な取り組みは、同社のウェブサイト(主に「CSR・環境」「技術・イノベーション」のページ)で詳しく紹介されています。読者の皆さんの「あったらいいな」「こうなったらいいな」という期待に応える取り組みが、見つかるかもしれません。夢をかなえる喜びの循環が、社会のさまざまな場所から拡がっていくと良いですね。

 

セイコーエプソン株式会社
代表取締役社長 碓井稔

1979年セイコーエプソンの前身である信州精器に入社、ミニプリンターの企画・設計を経験した後、インクジェットプリンター開発部門に異動。ピエゾ素子を使った小型・高性能なプリントヘッドの開発に取り組み、1993年にマイクロピエゾテクノロジーを搭載したインクジェットプリンターの商品化に成功。2005年には全社の生産技術強化を目的に生産技術開発本部長就任、2007年には研究開発本部長を兼任し、新しい技術の可能性を探り、成果に繋げる役割も担う。
2008年の社長就任の翌年、長期ビジョンSE15を策定。自社の強みに集中し、既存事業領域におけるビジネスモデル・製品構成の転換、新規事業領域の開拓、さらに事業構造再構築を行い、安定的かつ継続的にキャッシュを創出できる会社へと変革した。2016年、10年後のエプソンが向かうべき方向を示した長期ビジョン Epson 25を策定。「世の中になくてはならない会社」でありたいという志を示し「省・小・精の技術」を基盤として、事業を通じたイノベーションを起こすべく強いリーダーシップを発揮している。2001年ヨハネス・グーテンベルク賞受賞。2018年藍綬褒章受章。

記者:松崎未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

「ゆめ水族園」のとある訪問先で「ふだん無反応な病床のわが子が、天井を泳ぐ魚に向かって手を伸ばした」と喜ぶ親御さんがいたそうです。そのエピソードをうかがったとき、豊かな未来のヴィジョンを思い描き、そこに向かって前進する企業の姿が、光の魚に手を伸ばす子供の姿にふと重なりました。実は、エプソンの運営する新宿のギャラリー「epSITE」のメンバーズカードをつくっていたくらいのエプソンファンだったので、今回の社長さまインタビュー、大変楽しませていただきました。今春、ショールームは新宿から丸の内に移転とのこと。こちらのオープンも楽しみです。

SB 2019 Tokyo関連記事】

3月6日・7日【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】メディアパートナーのethicaでは優待チケットも

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『セイコーエプソン編』

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

誠実努力で「なくてはならない会社」へ 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『セイコーエプソン編』
太陽の下でイイ音を浴びて、心の栄養を採る。ブルーノート東京の企画・制作による無料本格ジャズイベントが今年も開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます