国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Chapter 3-3】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Chapter 3-3】

撮影:平間至

本記事は、あらゆる女性のエンパワーメントを目指し、モデルとして国際的に活躍する国木田彩良さんに、ファッションの歴史を紐解きながら、セクシャリティやジェンダーの問題について、フランクに語っていただく連載コラムの第6回です。

プロローグを読む>>

Chapter-1を読む>>>

Chapter-2-1を読む>>>

Chapter-2-2を読む>>>

Chapter-3-1を読む>>>

Chapter-3-2を読む>>>

フェミニズムは女性VS男性ではない

——これまでの連載を踏まえて、今回はじっくりと「フェミニズム」というテーマでお話をうかがえたらと思います。

フェミニズムを、女性VS男性の対立構造だと誤解している人は多いですよね。こうした誤解は、コミュニケーション不全から生じていると思います。女性が社会で活躍することは、男性側にもいろんなメリットがあります。

個々人がそれぞれの能力を発揮できる環境が整い、選択肢が広がれば、経済的にも良い効果が生まれます。育児に向いている男性がいれば、政治や金融に強い女性がいるんです。性別を理由に、生き方や働き方を制限してしまうのは、社会にとっても大きな損失です。

私たちの親の世代では、まだ「女性は結婚して家庭に入るのが一番の幸せ」と思っている人たちが大勢います。だから「女の子はきれいにして愛想よくしていれば、勉強なんかしなくていい」と言うんですけれど、私はそういう幼少期の教育のあり方も変えていくべきだと思っています。結婚して家庭に入るのが、女性の人生の唯一絶対の正解ではないはずです。

いろんな人生の選択肢を持つためには、女性がもっと学習し、教養を身につけなければなりません。学ぶことは生き方の選択を拡げます。学習が人生の選択肢を広げるわかりやすい例は言語です。外国語を習得すれば、それだけ住む場所、働く場所の選択肢が増えますよね。

撮影:平間至

マーケティングツールとしてのフェミニズム

——最近のファッションブランドは、積極的に「フェミニズム」という言葉を用いているように思います。

何をもってフェミニズムとするかにもよりますが、広義の意味でとらえれば、現在多くのファッションブランドが、ブランドイメージをよくするために、フェミニズムをマーケティングのツールとして利用していると思います。ただ単純に販促のためにフェミニズムが引用されているというよりは、「女性らしさ」自体のイメージが大きく変わってきているのだと思います。

70〜80年代のフェミニズムというのは、女性が権利を得るために、男性と同等であることを主張するものでした。ファッションにおいては、肩はいかつく、背は高く、胸を扁平に見せることで、女性が「男性らしく」振る舞ったんです。

でも私たちの世代のフェミニズムは、「女性らしさ」を問い直すものです。たとえば、過度な食事制限や体型補正を助長するような、華奢なモデルは採用しない、といった動きもそのうちのひとつです。私はすべてのファッションブランドが、このフェミニズムの流れに乗っていくと思っています。

長い歴史の中で付与されてきたイメージが徐々に取り払われていっている、という意味で、今後のファッションは、シンプルでナチュラルな方向に進むと私は思っています。いまの若者は、もう毛皮や宝石を身に着けるステータスに、あまり魅力を感じていません。私たちの世代はとてもフリーダム。だから今、ストリート系のファッションが好まれています。ただあまりに自由過ぎるので、今後はまた少しコンサバな方向へ振り戻ると私は思うんです。そうしたときに、かつてのエリートクラスのコンサバに戻るのではなく、エシカルなものが選択されていくと思います。

「わたし」を形成する境界線

——若い世代が、従来の「○○らしさ」といった固定観念から自由になってきている空気は、私たちも感じますね。これは男女という性差に限らず、さまざまな物事にも言えることだと思います。連載の第1回目で、ファッションが内と外の中間にあるものだとおっしゃっていたことを踏まえて、最後に「境界線」という視点から「自分らしさ」について改めてうかがえるでしょうか。

基本的に、私は人間には境界線が必要だと思っています。ただそれは、人それぞれであって、相手や環境によって変わるものだと思っているんです。他人に定義されるものではありません。ファッションが面白いのは、それが自分という領域を守る境界線であり、鎧だからです。あなたが世界にどう受け入れられたいかを表現するものであり、世界にどう受け入れられるかを決めるものだからです。

私は、日本人とイタリア人のハーフですが、混血って、どこにも居場所が無いんです。どこに行っても、どの国でも、どの文化圏でも、部外者なんです。でもだからこそ、ハーフという境遇は、「自分は何者か」ということを決めるのは自分自身なんだということを教えてくれます。私は他人の価値観で、自分を決められたくありません。どう生きるか、どんな夢を抱くか、この身体をどう使うか、自分自身で決める必要があると思っています。

——ありがとうございます。国木田さんは以前こうおっしゃっていました。「自分が誰で、いまどこにいるのか。自分自身の現在地を知るためには、現在の自分を形成しているものが、どこから来たのか、まずそれを知る必要があると思います」。これまでの連載を通じて、多くの読者に「自分自身の現在地を知るため」のアプローチの方法を提示できたと思っています。

プロローグを読む>>

Chapter-1を読む>>>

Chapter-2-1を読む>>>

Chapter-2-2を読む>>>

Chapter-3-1を読む>>>

Chapter-3-2を読む>>>

国木田彩良/Saila Kunikida

1993年、イギリス・ロンドン生まれ。フランス・パリで育ち、高校卒業後に服飾の名門スタジオ・ベルソーでファッションの歴史、デザイン、マーケティングを学ぶ。日本人の母とイタリア人の父を持ち、明治時代の小説家・国木田独歩の玄孫にあたる。

自身のルーツである日本に興味を持ち2014年単身来日、モデル活動を開始。2015年、三越伊勢丹の企業広告「this is japan」のイメージビジュアルに登場し注目を集める。国内外のハイファッション誌を中心に活動の傍ら、パリで形成された感性と日本で暮らす中で見えてきたことを発信していこうとSDGsに携わりながら、主にフェミニズムに関するトークショーに参加したり文章書いたりするなど活動の幅を広げている。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業8期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

エシカ独占取材!“アルミ素材”から生まれたアップサイクルなバッグ『LYRIS(リリス)』を手に入れる/フィリピンの女性たちと日本人デザイナーとの開発ストーリー
飢えに苦しむ世界の子どもたちを救う SNSで参加「おにぎりアクション2020」 記者発表会レポート

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます