うっそうと茂る熱帯雨林の中で自然に育ったコーヒーはいかが?
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
5,363 view
うっそうと茂る熱帯雨林の中で自然に育ったコーヒーはいかが?

coffee steam 1/Some rights reserved by waferboard 引用元:http://www.flickr.com/photos/waferboard/7417277818/

ちょっと一息つきたいときに飲むコーヒー。コーヒーの馥郁たる香りが好きな人は多いのではないでしょうか。そのコーヒーを今までよりももっと美味しく飲むために、提案があります。これからは、森林農法で育ったコーヒー豆を使ってみてはいかがでしょうか。

Coffee plantation/Some rights reserved by Shawn Hargreaves 引用元:http://www.flickr.com/photos/shawnhargreaves/7004884715/

プランテーションで作られたコーヒー

森林農法で育ったコーヒーのおいしさを教えてくれたのは、エクアドルの雲霧林のコーヒーを販売する、スローウォーターカフェ有限会社の藤岡亜美さん。藤岡さんは学生時代にバックパックを背負ってエクアドルに行き、コーヒー生産地インタグ地方の人たちに出会いました。その人たちの考え方に惚れ込み、彼らが育てるコーヒー豆を美味しく焙煎して届ける仕事を続けています。

一般的にコーヒー豆は、プランテーション方式で作られていることが多い作物です。森林を開墾した広大な農地に、コーヒーの木だけを植え、肥料を与え、栽培を促進させるために太陽の光をたっぷり当て、農薬を使いながら育てています。コーヒーだけに特化しているので効率はよく、大量に安価にコーヒーを生産することができます。

森林農法で作られるコーヒーとは

しかし、もともとコーヒーは、森林のなかで他の木とともに自生している木。どちらかというと大きな木の下で木漏れ日程度の光を浴びながら育つ植物です。

森林農法では土地をあまり開墾せず、森のままにしておきます。様々な落ち葉や有機物で、植えたコーヒーの苗の周りには、肥料を与えなくても肥やしができます。森には蜘蛛の巣が張りますが、蜘蛛はコーヒーにつく虫を食べるため、農薬を使わずに栽培するのを助けてくれます。

プランテーションとは違い、効率的にたくさんのコーヒー豆を作ることはできませんが、強い日の光にさらされていないために香り高く、理想的な生態系のなかで質のよいコーヒー豆がとれます。

コーヒーはもともと生薬だった

「ブラックコーヒーだと胃が痛くなる」「コーヒーを飲み過ぎると胃がもたれる」という経験をした人も多いはず。しかしコーヒーはもともと消化作用や利尿作用、健胃作用などがある生薬だったといわれています。コーヒーの胃への負担については、コーヒー自体に理由があるのではなく、コーヒーの作られる過程に理由があるかもしれません。

森林農法で育てられたコーヒーを飲んだ人の多くが、「砂糖やミルクを入れない方がおいしい」とか「一日に何杯飲んでもさわやか」と言うそうです。森林農法ではないコーヒーには農薬や化学肥料を使っている場合が多いので、胃痛や胃もたれはコーヒーが原因なのではなく、栽培や製造の工程に原因があるのかもしれないと、藤岡さんは言います。コーヒーが生薬だったことを、森林農法のコーヒーを飲めば、実感できるかもしれません。

おいしく飲めるだけではなく、生産者にも優しい森林農法のコーヒー

実は、コーヒーはカカオとコットンに並ぶ、三大アンチ・フェアトレード作物と呼ばれています。生産者と消費者の間には多くの仲買人が存在しており、生産者には価格の決定権はありません。

生産者が原生林を切り拓いて現金収入を得ようとプランテーションを行い、効率的にコーヒーを作ったとしても、生産者の取り分が多いわけではありません。ときには生産や生活に十分な利益を得られないこともあります。また近年では気候変動の影響でコーヒーがとれなくなってしまうことも。そういった時には、一気に生活のすべを失って、食べることもできなくなります。

発展途上国と呼ばれる南の国々では、先進国に輸出する作物のために暮らしや、暮らしを成り立たせる自然環境を破壊しながら外貨を得てきました。しかしインタグ地方のコーヒー生産者の人たちは、地域での鉱山開発に反対し、豊かな森を自分たちの手で管理しようと、無農薬でのコーヒー栽培をはじめました。

藤岡さんは、インタグ地方の同世代の若者たちが街へ出て行くことなく村の価値を世界に発信しながら、淡々と仕事を作る様子に触れ、コーヒーの焙煎を覚え、生産者の奥さんたちと麻の雑貨の企画を始めました。

森林農法では、森林にコーヒーだけを植えているわけではありません。家を造るための木、パパイヤやバナナなど自分たちの食事をまかなうための植物なども植えています。そのため万が一コーヒーが不作でも、生産者はちゃんと生きていけるのです。

まず地域の暮らしを成り立たせる森を大切にし、その森で+αとして換金植物のコーヒーを育て、生産者が価格を決める。生産者を含む多くの生き物や植物が無理をしない環境で育ったコーヒーは、幸せの味がしそうです。ぜひ一度皆さんも飲んでみてはいかがでしょうか。

<森林農法で育てられたコーヒーを飲んでみる!>

スローウォーターカフェのコーヒー購入ページ(http://slowwater.shop7.makeshop.jp/shopbrand/010/O/

 

取材協力=スローウォーターカフェ有限会社 藤岡亜美さん

FelixSayaka

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO~サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
そろそろ知っておかなくちゃ! 水素のこと。森中絵美(川崎重工)×中村知弘(UCC)
sponsored 【 2024/3/26 】 Work & Study
2023年の記録的な猛暑に、地球温暖化を肌で感じた人も多いだろう。こうした気候変動を食い止めるために、今、社会は脱炭素への取り組みを強化している。その中で次世代エネルギーとして世界から注目を集めているのが「水素」だ。とはいえまだ「水素ってどんなもの?」という問いを持っている人も多い。2024年2月に開催された「サステナ...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

DIYで古い部屋をオシャレに楽しく! 3つの簡単アイデア
簡単ローフード「トマトの味噌スープ」レシピ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます