“残念じゃない”エシカルファッションのセレクトショップがオンラインストアをオープン 日本初上陸のブランドも続々
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
9,719 view
“残念じゃない”エシカルファッションのセレクトショップがオンラインストアをオープン 日本初上陸のブランドも続々

写真提供:A Scenery Beyond..

エシカルファッションのセレクトショップ「A Scenery Beyond..(シナリービヨンド)」が、今年4月にオンラインでの販売をスタートし、一ヶ月余が経ちました。先日新たに「Osei-Duro」「The Root Collective」などのエシカルブランドの取り扱いも開始し、これまで日本になかったスタイルのエシカルファッションを次々と紹介していく同ショップ。代表の間瀬千里さんが語る「“残念じゃない”エシカルファション」とは?

世界中を見て回って知ったエシカルファッションの多様さと幅広さ

「A Scenery Beyond..(シナリービヨンド)」の代表・間瀬千里さんは、高校生のとき、私たち先進国の人々の消費生活が世界各地の貧困を生み出している一因だという事実を知り、胸を痛めたと言います。大学では国際経済学を学び、各国を巡って様々なものづくり・流通の仕組みに触れる中で間瀬さんが感じたことは、エシカルファッションやフェアトレードという言葉が徐々に認知されていく中で、なお「日本では選択肢が圧倒的に少ない」ということ。

「よいことだから、では足りない。続かない。広がらない。欲しいから買う、素敵だから売れる、という純粋な購買欲求をベースにしたEthical choiceを広めたい。」そこで間瀬さんは一念発起、「“残念じゃない”エシカルファション」を日本に紹介すべく、セレクトショップ「A Scenery Beyond..」をオープンしました。

代表・間瀬千里さん

さり気ないエシカルファッション

生産工程における地球環境への負荷が少なく、製作に携わる人々との間に適正な取引が成立し、購入者が長く愛用できる良質な商品。さらにそうした商品の中で、A Scenery Beyond..はミニマリズムデザイン、あるいはコンテンポラリーデザインと伝統的技法との融合が図られている商品をセレクトしています。

オンラインストアの商品ラインナップを見ると、なるほど納得。私たちはエコやフェアトレードという言葉に、発展途上地域の民俗性を前面に打ち出した商品(エスニック風のデザイン、自然素材の素朴な質感、アースカラーの色調)を連想しがちですが、A Scenery Beyond..に並ぶ商品のデザインは、どれも都会的。シンプルなラインやモノトーンの色調は、それがエシカルなコンセプトのブランドのプロダクトであると説明されなければ、ほとんどの人は気づかないでしょう。

プルタブ・クラッチバッグ…16,200円

プルタブ・コスメバッグ…7,020円

エシカルに対する意識から商品を選ぶのではなく、選んだ商品からエシカルに対する意識が芽生える。間瀬さんは、日本における従来のエシカルファッションとはテイストの異なるブランドを紹介することで、新しい受容層へのアプローチを目指しているといいます。

ブランドのファンをつくり、そこから背景にあるフィロソフィーを共有していく

A Scenery Beyond..では、ブログ形式のサイトを通じて、取り扱いブランドの特徴や魅力を、とても丁寧に説明しています。ブランドのコンセプトや、プロダクトが生み出される背景について知ることができ、セレクトする間瀬さんの熱い想いも伝わってきます。今回ethicaでは「Escama Studio」「Kowtow」「Osei Duro」の3つのブランドについて、間瀬さんにブランドとの出会いや取り扱いまでの経緯などをうかがいました。

(写真左/右)プルタブ・クラッチバッグ...16,200円、(写真中)プルタブ・クロスショルダーバッグ…30,240円

Escama Studio
http://info.scenerybeyond.com/posts/2219109

カリフォルニアとブラジルをベースに、アルミ缶のプルタブを再利用したバッグやアクセサリを製作しているメーカー。プロダクトは、ブラジルの職人さんたちの手作り。モダンデザインとブラジルの伝統的なかぎ針編み技術を融合させてできたバッグは、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のショップでも取り扱われています。

間瀬さんは、同ブランドのバッグとの出会いをこう振り返ります。「フェアトレードにこんなデザインがあるのなら、今の日本でもっと違ったアプローチができるはずとドキドキしました。」日本でのコンセプトショップオープンについて漠然と抱いていたイメージが確信に変わった瞬間だったそうです。

(写真左)メイクビリーブドレス ドリームスケープ柄…30,240円、(写真中)メイクビリーブドレス ネイビー…30,240円、(写真右)作家のコート ブラック…37,800円

Kowtow
http://info.scenerybeyond.com/posts/2212508?categoryIds=561088

コットンが種から洋服になるまで一貫して、フェアトレードと環境を維持しながらつくられる認証フェアトレード・オーガニックコレクション。近代建築のミニマリズムを思わせる佇まいと、圧倒的な着心地の良さは、設立者のゴシャ・ピエンテさんの強く美しいエシカルな哲学により生み出されるものです。

「ミニマムで繊細で、その美しいパターンやカッティングは、エシカルなつくりをしているかということ以前にとても魅力的でした。」間瀬さんが初めてKowtowの商品の実物を手にしたのは、新鋭のデザイナーブランドをセレクトしているバンクーバーのショップ。このブランドと出会い、ブランドのファンをつくり、そこから背景にあるフィロソフィーを共有していく、というアプローチが、今後のエシカルファッションの浸透には必要である、と強く感じたそうです。

(写真左)オーバーサイズ マエーナトップ(グレイプレートレット)…19,440円、(写真右)二―マ ロングワンピース(アストロノミー)…32,400円

Osei Duro
http://info.scenerybeyond.com/posts/2370574?categoryIds=561088

ロサンゼルスとアクラ(ガーナの首都)を拠点とするエシカルファッションブランド。ブランド名は、ガーナの言葉で「突き通せない薬」または「強力なマジック」といった意味。

もともとアフリカのテキスタイルの染めと色彩が好きだったという間瀬さん。

「アフリカのテキスタイルをコンテンポラリーなデザインと合わせることで、とても新しい洗練さがあり、独特のミニマムな抜けが、意外なほど都会の風景に気持ちよくフィットするものになっています。デザインとして引きを持てる力のあるブランドだと思います。」

オンライン上でエシカルファッションを日本に広めていくことの課題

上記の3つのブランドの概要をなぞるだけでも、エシカルファッションの展開が実に多様であり、上質でユニークなプロダクトが日々世界各地で生み出されていることがわかります。そして日本にいる私たちが、ごく一部の情報と選択肢にしか触れていないということも。

A Scenery Beyond..をオープンし、間瀬さんの元には「全く意識してこなかった分野に気付くことができた」「フェアトレードのイメージがいい意味で裏切られた」「まさに必要な切り口だと思っていた」といった嬉しい反響が寄せれられているそうです。その一方、オンラインでのメッセージングの難しさも実感しているのだとか。

写真提供:A Scenery Beyond..

間瀬さんは「エシカルという目的が先に伝わると、デザインやクオリティとしてはいまいちなのではないかという先入観や、価格にはチャリティ的要素が乗っているのだろうという推測がついてしまうことがある」と言います。

そうした誤解を解くためにも「エシカルというメッセージだけでなく、ライフスタイルショップとして、いちショップの世界観をきちんと打ち出していく」のが課題とのこと。オンラインストアだからこそ可能な情報量と定期的な情報発信、SNSでのコミュニケーションも積極的に活用していきたい、と今後の抱負を語られました。

エシカルファッションに限らず、物事の価値を伝え、正当な評価と信頼を得るには時間がかかるものです。まして膨大な情報が氾濫するネット社会ではなおのこと。オンラインでの商品販売には、粘り強い努力が必要になるかと思います。けれど、お気に入りのセレクトショップで、自分のセンスに合った洋服やアクセサリーを買うことが、自ずと社会の歪みを是正し、社会問題や環境への意識を浸透させていくことにつながっていくなら、こんな素敵なことはありません。

A Scenery Beyond..のオンラインストア、ぜひ普段のネットショッピングと同じ感覚で、まずは気軽にのぞいてみてください。

http://scenerybeyond.com

間瀬 千里

エシカルファッションのコンセプトショップ “A Scenery Beyond..” 代表

1980年生まれ。大学では国際経済学専攻にて先進国、途上国の経済変動についてミクロ、マクロから包括的に学ぶ。卒業後、外資系IT企業にてセグメントマーケティングに従事。データベースマーケティング、ダイレクトマーケティング、リレーションシップマーケティング等多数プロジェクトをリード。

渡英、大学院MBA専攻にて国際ビジネスを学ぶ。家族の事情で卒業前に渡米。帰国後2017年本ショップを開業。途上国と先進国の構造的格差による問題をチャリティではなく資本主義の仕組みに乗せてビジネスとして是正していくエシカルファッションの浸透を目指す。

オンラインショップはこちらから

記者:松崎 未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

生産者も購入者も、誰一人として妥協していない。生産者も購入者も、みんなが良いもの・美しいものを追究している。オシャレの本質って、まさにこういうことなんじゃないかと思いました。今回ご紹介させていただいた3ブランドの中でも、個人的にEscama Studioのバッグのクリエイティビティは鳥肌ものでした! MOMAのショップで取り扱われているのも納得。本当にオシャレなものに出会ったときのこのワクワクを、日々大事にしなきゃなと思いました。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO~サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
そろそろ知っておかなくちゃ! 水素のこと。森中絵美(川崎重工)×中村知弘(UCC)
sponsored 【 2024/3/26 】 Work & Study
2023年の記録的な猛暑に、地球温暖化を肌で感じた人も多いだろう。こうした気候変動を食い止めるために、今、社会は脱炭素への取り組みを強化している。その中で次世代エネルギーとして世界から注目を集めているのが「水素」だ。とはいえまだ「水素ってどんなもの?」という問いを持っている人も多い。2024年2月に開催された「サステナ...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「第五話」2017年 – 映画界を称える、輝かしい20年 【カンヌ国際映画祭】
エシカル&オーガニックなコールドプレスジュース「マザージュース」とは? 障がい者や社会で生きにくい人たちが混ざり合って働く場「ソーシャルファーム」に注目!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます