‘のん’ストップのエネルギーが炸裂!? 渋谷で’のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
2,167 view
‘のん’ストップのエネルギーが炸裂!? 渋谷で’のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-

4月19日からスタートした「’のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-」。ゴールデンウィーク要チェックのお出かけ先。

4月19日より、渋谷スペイン坂にあるGALLERY X BY PARCOにて、女優やミュージシャンとして活躍する創作あーちすと’のん’さんの個展「’のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-」が始まりました。会場には、’のん’さんがこれまでに描いたイラストやペインティングの他、今回の展覧会タイトル「女の子は牙をむく」のコンセプトに沿って制作された衣裳やインスタレーション作品が並んでいます。ethica編集部が内覧会にうかがい、のんさんにお話をうかがいました。

展覧会タイトルにちなみ、作品の前で「牙をむく」ポーズをとる’のん’さん。

「自分が面白いんじゃないかと思う物を全部つめこんだ」展覧会

牙をむいた口の形をしたゲートをくぐると、細長いギャラリーには一本の道路が走っています。その真ん中には、俵型のモンスター(?)の大きなぬいぐるみが。このモフモフの通せん坊を越えた先には、壁いっぱいに、牙をむきだした女の子の大きな顔。

マネキンはお姫様のドレスのような大量のフリルの山に埋もれ、工事現場にでもありそうな極太のワイヤーには赤いハイヒールがぶら下がり、天井を見上げれば、ピーターパンの物語に出てきそうな衣裳が空を飛び回っています。まるで手作りパーティーのようなワクワク感があって、会場全体が楽しげで賑やか!

会場で圧倒的な存在感を放っている作品《ハムスター☆》。発想の根源には、実は’のん’さんの幼少期のトラウマが。

「女の子は牙をむく」という展覧会タイトルには、’のん’さんの「女の子のはちきれるエネルギーを表現できたら」という思いが込められているのだとか。’のん’さん自身「女の子の凶暴さや無鉄砲なパワーが好きで、見ているとやる気に満ちてくる」と言います。

更に詳しくお話をうかがうと、どうやらこの「牙」は、特定の相手に対する威嚇や攻撃のためというより、見境なく何にでも食らいついていくバイタリティや貪欲さの象徴だということがわかってきました。なるほど、天真爛漫な女の子のポジティブなパワーが会場中に溢れています。

展覧会の公式図録を手に取材に応える’のん’さん。遊び心いっぱいの図録は、表紙カバーも牙をむく口の形にくり抜かれている。

あれもこれもぜんぶ含めて、創作あーちすと’のん’

私たちはつい、「女優の’のん’さんは、絵も描くんだ」という印象を持ってしまいますが、’のん’さんは女優業も「創作あーちすと」の表現活動の一環なのだと言います。

今回’のん’さんは、自分の絵画作品の中の登場人物に扮してみたり、インスタレーション作品と戯れたり、一種のパフォーマンスアートの形で自らの作品の解題にも挑戦しました。またそれを写真で記録した公式図録『女の子は牙をむく』(PARCO出版)は、’のん’さんがつくった一篇の詩を基軸に編集され、より強いメッセージを紡ぎ出す作品になっています。

さらに、この展覧会の会期の最終日(8日)には、クロージングイベントとして、渋谷クラブクアトロにて’のん’さん率いるガールズバンド「のんシガレッツ」のファースト・ライブも予定されています。ライブの翌日には、’のん’さんのファーストアルバムCD「スーパーヒーローズ」も発売予定で、CDの制作に携わった大物アーティストが8日のライブにゲストで登場。

あーちすと’のん’の表現活動は、このGALLERY Xの会場に収まりきらず、会期中にもどんどん膨れあがっていくようです。女の子の複雑さや、欲張りな器用さが、このマルチメディアな展覧会に、象徴的に表れているように思いました。

’のん’さんが今回の展覧会に際してつくった一篇の詩を軸に、会場の空間が構成されている。

あらゆる可能性の種子に眼を向けること

‘のん’さんの出演するテレビドラマや映画を観てきた私たち視聴者は、’のん’さんに過去の役柄のイメージを重ねてしまいがちです。いや有名人に限らず、身近な人に対しても、自分にとってわかりやすい相手の一面性を以て、相手を理解した気持ちになったり、役割を押しつけていることが、往々にしてあるように思います。展示作品たちは「ここにある様々な要素は、すべて’のん’というひとりの女の子の中にあるものなんだよ、どれも素敵でしょ?」と語りかけてくるようです。優しい色も悲しい色も、真っ直ぐな線も、とぼけた形も。人間は誰しも、いろんな可能性の種子を持っている。どんな自分でも良い。私は、そんなエールをもらったように思いました。

’のん’さんデザインのTシャツや書籍、展覧会オリジナルグッズなどの物販コーナーも。

大勢の人たちとつくりあげた「ひとり展」

報道陣の取材に際し、展覧会の感想を求められた’のん’さんは、大勢のスタッフとアイディアをどのように具現化していくか話し合い、試行錯誤しながら展覧会をつくりあげた楽しさを語っていました。’のん’さんの場合、創作意欲は、音楽やアート作品に触れたときに、共感や対抗意識から生まれてくるのだそうで、今回の展覧会の来場者にも「『私も何かやりたいな』って思ってもらえたら」と話しました。

取材陣からの質問ひとつひとつに真剣に応える’のん’さん。

最後に、’のん’さんにethicaのコンセプト「私に良くて、世界にイイ。」をお伝えし、’のん’さんにとっての「私に良くて、世界にイイ。」をうかがいました。

素直に「好き」と言える、他人の目を怖れず挑戦する

のん: 私自身もそうですが、なにかについての知識や経験が少ないからといって、それが「好き」ってことが言えなかったり、「他人からどう思われるんだろう」と考えてしまったり、「そこまで好きではないのじゃないか」と自信を持てなかったりすることが、誰にでもあると思うんです。でも、みんなが好きなものを「好き」って素直に言えれば一番良いなと思っています。

自分がやりたいと思ったことは、とりあえずやってみて良いんじゃないかと思うんです。やりたいだけ、自由にやってみたら良いんじゃないか、って。だから、この展覧会には、自分がやりたい色んなことをいっぱい詰め込みました。

そこに共感してくれる人も、たくさんいるんじゃないでしょうか。私の”あーちすと”としての活動が、たくさんの人に『自分も何かやりたい』『自分にも何かできるかもしれない』って思える力を与えられたら、そんな風に思っています。

‘のん’さん、貴重なお時間をありがとうございました。’のん’さん、の活動は、きっと多くの方の背中を後押ししてくれると思います。

《大きな女の子》の前で笑顔の’のん’さん。多くの人に一歩を踏み出す勇気を与えてくれる展覧会だ。

のんひとり展女の子は牙をむく

会 期:2018年4月19日(木)~5月8日(火) ※会期中無休
会 場:GALLERY X BY PARCO (東京都渋谷区宇田川町13-17 スペイン坂路面)
時 間:11:00~20:00
入場料:500円(おみくじ付)
主 催:パルコ

http://www.parco-art.com

「’のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-」会期最終日には、渋谷クラブクアトロにてクロージングイベントも開催予定。

記者:松崎 未來

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。同大学で学芸員資格を取得。アダチ伝統木版技術保存財団で学芸員を経験。2011年より書評紙『図書新聞』月刊誌『美術手帖』(美術出版社)などのライティングを担当。2017月3月にethicaのライター公募に応募し、書類選考・面接を経て本採用となり、同年4月よりethica編集部のライターとして活動を開始。関心分野は、近世以降の日本美術と出版・印刷文化。

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回の取材のきっかけをつくってくださったのは、写真家の平間至さんでした。より厳密には、平間さんが勝浦土産に持ち帰られた巨大なマグロでした(笑)。そのマグロの解体を興味津々で見ている’のん’さんの様子が、本当にポジティブなパワーに満ちていて、彼女の創作するものをぜひ見てみたいと思いました。実は、今回の展示作品の中に、あの日みんなのお腹におさまったマグロが描かれている作品があります。会場でぜひ探してみてください。オーブンで焼いたカマは絶品でした。

公式図録のインタビューページで、実際に’のん’さんが着用していた自作の服。

頭上には、他にも’のん’さん自作の衣装が楽しげに飛び交う。

足元の路面表示にも注目。実は「止まれ」ではない。

絵画の内側からこちらをのぞく女の子。個展会場にはいろんな女の子がいる。

ペン、水彩での描画に加え、フレームの上にデコパージュも施す。

"I like you"。会場のさまざまな作品が、この愛に満ちたメッセージを発信しているようにも受け取れる。

地球にかぶりつく大きな口。’のん’さんの無限大の好奇心が表れている。

参加型の作品《口》は、来場者が後ろ側に立つことで完成する。「みんなでつくり上げる楽しさ」をぜひ会場で。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO~サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
そろそろ知っておかなくちゃ! 水素のこと。森中絵美(川崎重工)×中村知弘(UCC)
sponsored 【 2024/3/26 】 Work & Study
2023年の記録的な猛暑に、地球温暖化を肌で感じた人も多いだろう。こうした気候変動を食い止めるために、今、社会は脱炭素への取り組みを強化している。その中で次世代エネルギーとして世界から注目を集めているのが「水素」だ。とはいえまだ「水素ってどんなもの?」という問いを持っている人も多い。2024年2月に開催された「サステナ...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「エースホテル」×「京都新風館」×「隈研吾」それぞれの魅力が融合し、新名所に 2019年「エースホテル京都」開業予定
悠久のまほろば・奈良の魅力を再発見 週末の夜、GINZA SIXでおとなの芸術講座

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます