大前光市さんに聞きました「パラリンピック閉会式」「バレエを始めた切っ掛け」 リオ・パラリンピック閉会式で世界を魅了したプロダンサー(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
大前光市さんに聞きました「パラリンピック閉会式」「バレエを始めた切っ掛け」

エシカ: webマガジンの『ethica(エシカ)』と申します。
はじめに自己紹介を。グランドコンセプトは『Good for Me, Good for the world(私によくて、世界にイイ。)』読者は70%が女性で20代・30代が多いです。読者層を出身学部や学校でいうと、2つの特徴が有りまして分り易いのですが、『美大生や芸大生』、『グローバルな大学』の出身者が比較的多くて、そういった学校の卒業生、帰国子女の方、留学や海外経験のある社会人の方が多いです。

最近、私も『幸せか?不幸せか?』は、要は心の持ち様だと、つねづね考える事が多くなったのですが、大前さんが全国を講演して伝えられているテーマ『長所を宝物に変える』つまり自分の得意な事、自分の土俵、自分の長所で、自分の幸せ基準で人に喜んで貰う。という考え方は、まさに、『ethica(エシカ)』のコンセプトに合致していると感じました。さらに、大前さんは大阪芸術大学のご出身で、プロダンサーという表現者でいらっしゃいますので、エシカの読者の感性にも近いのでは?と思いまして、是非エシカで、ご紹介したいと思いました。

大前: それは嬉しいですね。ありがとうございます。よろしくお願いします!

エシカ: はじめに、エシカの読者に向けて、初登場されたwebマガジン『ethica(エシカ)』の印象についてお聞かせ頂けますか?

大前: インタビュー記事をいくつか拝見させていただきました。インタビューを受けている方々の個性がとても強いと思ったのが第一印象です。例えば、噺家の柳亭市弥さんのインタビューですね。柳亭さんは「お客さんに心の底から笑ってほしい」という強い意志を持っていたと思いますが、世の中を変えていく、といった意思がある人が多いなと感じました。

エシカ: スマホやPCで読むメディアではありますが、特に20代の読者には、切っ掛けがインターネットでも、インターネット以外の事にいろいろ興味を持ってもらえる様な切っ掛け作り、つまり新たなライフスタイルの提案や、今回でいうとポジティブな視点の提案が出来たらいいな。と考えて日々編集をしています。

テレビ局のプロデューサーや製作会社の方など、メディア業界の方にもエシカをみて頂いていまして、ここ数年でエシカの取材にご協力を頂いた方の他メディアへの出演オファーが弊社に入る事も多くなってきました。エシカを切っ掛けに二次波及する事は、とても嬉しい事ですし、ソーシャルメディアのチカラも借りながら、ミニコミなエシカで着火して、マスコミに波及させる事が出来るような媒体に育てる事が、私ども夢でもあります。

大前さんも、小学校・中学校での講演の他、ブログなどのインターネットでの発信を精力的に行われておりますよね。また、最近ではパラリンピックの閉会式で注目を浴びていらっしゃいました。

大前さんもご出演されたセレモニー映像のご紹介から。

画面のYouTubeで見るをクリックしてNHKのチャンネルに遷移してご覧下さい。

エシカ: パラリンピックの閉会式についてお聞かせ頂けますでしょうか?

大前: パラリンピック閉会式の大舞台はすごく緊張しましたね。ステージから会場を見ると、まるで人の海のようで、その中に突然投げ出されたような感覚でしたね。普段の舞台と違って、人の顔が見えないところが大きな違いでした。普段の公演は人の顔が見え、どう感じているのかが何となく分かるのですが、今の自分の演技がどう映っているのか不安な面もありましたね。溺れそうになりながらも必死にボートを漕ぎ、何とか無事演技を終えることができてとても安堵したことを覚えています。

ハプニングもありまして…。リオに向かうドイツでのトランジットで、義足が壊れてしまったんですよ。乗り換えもあったので、膝立ちで移動したのが苦い思い出です。何とかたどり着けましたが…。

エシカ: バレエを始められた切っ掛けから、現在のプロ活動までについてお聞かせ頂けますか?

大前: 小さいころから「華やかな世界」にとても憧れを持っていました。その影響で高校時代から演劇を始め、劇団四季で演技することを目指していました。ここに入団するためには演劇だけでなく、ダンスや歌などが必要で、そのことがきっかけで大阪芸術大学に入学しバレエを本格的に始めました。現在では、Alphactという団体に所属しながら、バレエ教室での指導や公演などでプロとして活動しています。

エシカ: 大前さんが全国を講演して伝えられているテーマ『長所を宝物に変える』についてお聞かせ頂けますでしょか?

大前: 自分が障がいを持っていると、そこを短所と思いがちです。でもそれを「個性」として捉えると、そこに注目してくれる人が必ずいます。自分にとっては不本意だけれども、それを個性として受け入れる。そうすると短所を長所に変えられるんですね。そうした想いから「長所を宝物に変える」というテーマで講演を始めました。小学校や中学校などの生徒を中心に講演し、長所を見つけていく方法を話しました。人と同じことを追いかけるのではなく、できること、長所を伸ばしていくことをすることが大切だ、という想いを伝えています。

エシカ: 大前さんにとっての『私によくて、世界にイイ。』ことについてお聞かせ頂けますでしょうか?

大前: 世界にイイ、つまり世の中から必要とされる為には、自分が憧れているものではなく、自分が必要とされているものに注目することが大切です。不本意だけれども、片足で踊っている方が僕にふさわしいと考えています。何かを諦めきれずにやってきた訳ではなく、諦めたからこそ今の自分があります。自分が輝ける状態は、自分が好きな状態ではないかもしれないということを受け入れ、必要とされるものに目を向けることが、「私によくて、世界にイイ」ことだと考えています。

エシカ: 最後に2つお聞かせ下さい。今回のご取材は「Chacott×Tripure」イメージキャラクターに大前さんが選ばれたというニュースがご縁です。選ばれたご感想をお聞かせ頂けますでしょうか?

大前: これまで自身がやってきたことに共感いただけたというのは、大変うれしく思ってます。私はこのとおり、義足でダンスを踊ってますが、「可能性」という面においては自分の可能性を信じ続けてきた方の人間だと思います。「Chacott×Tripure」の世界観やコンセプトは、そんな私にとっても、非常に共感できるものでしたし、ぜひ多くの方にも、この着たときの、「お?」という不思議な感覚を味わってもらえればと思っています。

エシカ: エシカの読者に向けてメッセージをお願いします。

大前: 自分一人の力では、可能性は開けません。自分の現実をしっかりと受け止め、周りの人の協力を得ながら自分の可能性を広げていってくれればと思います。

(前編)義足のダンサー、大前光市さんが教えてくれること。「障害を個性にする」

関連映像

・腰痛と足のむくみを同時に解消する方法

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
コラボレーション 【 2017/4/28 】 Work & Study
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
飲食業の経験はなくても、レストランを運営するチームなら作れる 【編集長対談】(株)グリップセカンド 代表取締役 金子信也
コラボレーション 【 2017/4/26 】 Food
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
天候に恵まれたゴールデンウィークの3日間、池袋からほど近い都心の公園では、青々とした広い芝生の上で家族連れやカップルなど多くの人々が思い思いに楽しみ、明るい笑い声でいっぱいになりました。 これは5月3日から5日、豊島区の南池袋公園で開催された「ニュージーランドフェア」の一幕。 このイベントはニュージーランドの魅力をもっ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
青山学院大学2年生の嶋村苑香さん 会場の100%ニュージーランド産生はちみつ専門店「ピービーズ」のブースでは、青山学院大学2年生の嶋村苑香さんがサークル(バスケットボール)仲間とアルバイトしていました。同店のオーナーで、はちみつ研究家の嶋村賢次さんのお嬢さんです。 ここでの一番人気は、はちみつで優しい甘さを引き出した、...

次の記事

義足のダンサー、大前光市さんが教えてくれること。「障害を個性にする」 リオ・パラリンピック閉会式で世界を魅了したプロダンサー(前編)
ジル・スチュアートの世界観が味わえる。関西初のカフェに注目! オシャレ女子に今話題の ”私にイイ” スポットをご紹介

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます