大前光市さんに聞きました「パラリンピック閉会式」「バレエを始めた切っ掛け」 リオ・パラリンピック閉会式で世界を魅了したプロダンサー(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
大前光市さんに聞きました「パラリンピック閉会式」「バレエを始めた切っ掛け」

エシカ: webマガジンの『ethica(エシカ)』と申します。
はじめに自己紹介を。グランドコンセプトは『Good for Me, Good for the world(私によくて、世界にイイ。)』読者は70%が女性で20代・30代が多いです。読者層を出身学部や学校でいうと、2つの特徴が有りまして分り易いのですが、『美大生や芸大生』、『グローバルな大学』の出身者が比較的多くて、そういった学校の卒業生、帰国子女の方、留学や海外経験のある社会人の方が多いです。

最近、私も『幸せか?不幸せか?』は、要は心の持ち様だと、つねづね考える事が多くなったのですが、大前さんが全国を講演して伝えられているテーマ『長所を宝物に変える』つまり自分の得意な事、自分の土俵、自分の長所で、自分の幸せ基準で人に喜んで貰う。という考え方は、まさに、『ethica(エシカ)』のコンセプトに合致していると感じました。さらに、大前さんは大阪芸術大学のご出身で、プロダンサーという表現者でいらっしゃいますので、エシカの読者の感性にも近いのでは?と思いまして、是非エシカで、ご紹介したいと思いました。

大前: それは嬉しいですね。ありがとうございます。よろしくお願いします!

エシカ: はじめに、エシカの読者に向けて、初登場されたwebマガジン『ethica(エシカ)』の印象についてお聞かせ頂けますか?

大前: インタビュー記事をいくつか拝見させていただきました。インタビューを受けている方々の個性がとても強いと思ったのが第一印象です。例えば、噺家の柳亭市弥さんのインタビューですね。柳亭さんは「お客さんに心の底から笑ってほしい」という強い意志を持っていたと思いますが、世の中を変えていく、といった意思がある人が多いなと感じました。

エシカ: スマホやPCで読むメディアではありますが、特に20代の読者には、切っ掛けがインターネットでも、インターネット以外の事にいろいろ興味を持ってもらえる様な切っ掛け作り、つまり新たなライフスタイルの提案や、今回でいうとポジティブな視点の提案が出来たらいいな。と考えて日々編集をしています。

テレビ局のプロデューサーや製作会社の方など、メディア業界の方にもエシカをみて頂いていまして、ここ数年でエシカの取材にご協力を頂いた方の他メディアへの出演オファーが弊社に入る事も多くなってきました。エシカを切っ掛けに二次波及する事は、とても嬉しい事ですし、ソーシャルメディアのチカラも借りながら、ミニコミなエシカで着火して、マスコミに波及させる事が出来るような媒体に育てる事が、私ども夢でもあります。

大前さんも、小学校・中学校での講演の他、ブログなどのインターネットでの発信を精力的に行われておりますよね。また、最近ではパラリンピックの閉会式で注目を浴びていらっしゃいました。

大前さんもご出演されたセレモニー映像のご紹介から。

画面のYouTubeで見るをクリックしてNHKのチャンネルに遷移してご覧下さい。

エシカ: パラリンピックの閉会式についてお聞かせ頂けますでしょうか?

大前: パラリンピック閉会式の大舞台はすごく緊張しましたね。ステージから会場を見ると、まるで人の海のようで、その中に突然投げ出されたような感覚でしたね。普段の舞台と違って、人の顔が見えないところが大きな違いでした。普段の公演は人の顔が見え、どう感じているのかが何となく分かるのですが、今の自分の演技がどう映っているのか不安な面もありましたね。溺れそうになりながらも必死にボートを漕ぎ、何とか無事演技を終えることができてとても安堵したことを覚えています。

ハプニングもありまして…。リオに向かうドイツでのトランジットで、義足が壊れてしまったんですよ。乗り換えもあったので、膝立ちで移動したのが苦い思い出です。何とかたどり着けましたが…。

エシカ: バレエを始められた切っ掛けから、現在のプロ活動までについてお聞かせ頂けますか?

大前: 小さいころから「華やかな世界」にとても憧れを持っていました。その影響で高校時代から演劇を始め、劇団四季で演技することを目指していました。ここに入団するためには演劇だけでなく、ダンスや歌などが必要で、そのことがきっかけで大阪芸術大学に入学しバレエを本格的に始めました。現在では、Alphactという団体に所属しながら、バレエ教室での指導や公演などでプロとして活動しています。

エシカ: 大前さんが全国を講演して伝えられているテーマ『長所を宝物に変える』についてお聞かせ頂けますでしょか?

大前: 自分が障がいを持っていると、そこを短所と思いがちです。でもそれを「個性」として捉えると、そこに注目してくれる人が必ずいます。自分にとっては不本意だけれども、それを個性として受け入れる。そうすると短所を長所に変えられるんですね。そうした想いから「長所を宝物に変える」というテーマで講演を始めました。小学校や中学校などの生徒を中心に講演し、長所を見つけていく方法を話しました。人と同じことを追いかけるのではなく、できること、長所を伸ばしていくことをすることが大切だ、という想いを伝えています。

エシカ: 大前さんにとっての『私によくて、世界にイイ。』ことについてお聞かせ頂けますでしょうか?

大前: 世界にイイ、つまり世の中から必要とされる為には、自分が憧れているものではなく、自分が必要とされているものに注目することが大切です。不本意だけれども、片足で踊っている方が僕にふさわしいと考えています。何かを諦めきれずにやってきた訳ではなく、諦めたからこそ今の自分があります。自分が輝ける状態は、自分が好きな状態ではないかもしれないということを受け入れ、必要とされるものに目を向けることが、「私によくて、世界にイイ」ことだと考えています。

エシカ: 最後に2つお聞かせ下さい。今回のご取材は「Chacott×Tripure」イメージキャラクターに大前さんが選ばれたというニュースがご縁です。選ばれたご感想をお聞かせ頂けますでしょうか?

大前: これまで自身がやってきたことに共感いただけたというのは、大変うれしく思ってます。私はこのとおり、義足でダンスを踊ってますが、「可能性」という面においては自分の可能性を信じ続けてきた方の人間だと思います。「Chacott×Tripure」の世界観やコンセプトは、そんな私にとっても、非常に共感できるものでしたし、ぜひ多くの方にも、この着たときの、「お?」という不思議な感覚を味わってもらえればと思っています。

エシカ: エシカの読者に向けてメッセージをお願いします。

大前: 自分一人の力では、可能性は開けません。自分の現実をしっかりと受け止め、周りの人の協力を得ながら自分の可能性を広げていってくれればと思います。

(前編)義足のダンサー、大前光市さんが教えてくれること。「障害を個性にする」

関連映像

・腰痛と足のむくみを同時に解消する方法

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

義足のダンサー、大前光市さんが教えてくれること。「障害を個性にする」 リオ・パラリンピック閉会式で世界を魅了したプロダンサー(前編)
ジル・スチュアートの世界観が味わえる。関西初のカフェに注目! オシャレ女子に今話題の ”私にイイ” スポットをご紹介

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます