日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志81名が集結し、水の問題に取り組むTAP PROJECT JAPANとは? ~安全な水とトイレを世界の子どもたちに~ TAP PROJECT JAPAN【前編】
コラボレーション
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志81名が集結し、水の問題に取り組むTAP PROJECT JAPANとは?

体験型イベントの『ROAD to WATER』は8月21日~8月24日に実施されました。

TAPプロジェクトを深く知るきっかけになったのは、TAP PROJECT JAPANのPRチームからエシカ編集部にかかってきた一本の電話。以前から日本ユニセフ協会が取り組む社会貢献プロジェクトに関心を寄せていた私たちは、まずはそのイベントの取材へ伺ってみました。そこには有志で集った博報堂DYグループのメンバーと、水を運ぶゲームを楽しむ子ども達、そして、会場に来た皆さんからの「水に関するさまざまな問題」についての質問に答える日本ユニセフ協会の方々。深刻な問題に取り組む姿勢が、なにやら斬新!面白そう!アイデア満載の取り組みをご紹介します。

「TAP PROJECT JAPAN」とは?

「世界の子どもたちが『きれいで安全な水』を手に入れられる未来をデザインの力で作り出していくこと」を目的とした、日本ユニセフ協会と博報堂DYグループによる共同プロジェクトです。パートナー企業の協力のもと運営されるプロジェクトを通じて集まった募金は、ユニセフ(国連児童基金)がアフリカ・マダガスカルで行う水と衛生事業への支援に活用されています。

9年目を迎えた「TAP PROJECT JAPAN」の活動。今年は、“世界には安全な水が手に入らないために、成長や学びの機会を失っている子どもたちがいる”ということを知ってもらうために、参加型の施策を実施しました。そのシンボルイベントが、水が入った想定のバケツを持って、マダガスカルの大地を駆け抜けるゲーム『ROAD to WATER』です。

この『ROAD to WATER』は、代官山T-SITE GARDENにて8/21~8/24に行われました。手にバケツを持つとゲームスタートです。その場で足踏みをしつつ、水をこぼさないようにゴールを目指すという、マダガスカルの村の水汲みをバーチャル体験できる内容になっています。足踏みに合わせてスクリーンの画像が動き、大地を疾走しているように感じられるので、子どもたちは夢中になってチャレンジしていました。

代官山T-SITEを訪れた多くの親子が参加しました。

あのレストランも賛同し、広がる支援の輪

2009年よりレストラン・カフェのオーナーや従業員のみなさまにお店での募金活動を呼びかけています。プロジェクトの趣旨に賛同し募金活動にご協力いただけるレストラン・カフェは、期間中(2017年は9月30日まで)、随時ご参加いただけます。公式ウェブサイトよりポスター等の活動ツールをダウンロードいただき、それぞれのご都合に合わせて店内での募金活動を実施ください。

2009年度の取り組みにおいて使用された有名シェフや料理人によるチャリティーポスターも話題になりました。

2017年 参加レストラン

この活動に参加したのは、お洒落な一軒家レストランからホテルのダイニング、そして街中の飲食店まで様々。晴れの日はもちろん、カジュアルに食べたい日でも、世界の水の問題に少し触れることができます。各飲食店からは、参加してみた感想や集まった募金額の報告もいただいています

参加店舗は「アルベラータ リストランテ イタリアーノ」、「い・か・金」、「オリエンタルホテル 東京ベイ」、「中国料理 嘉賓」、「すし・生そば 銀蔵」、「GLAN FABRIQUE “cafe百花moka & la galerie”」、「SILIN火龍園」、「とんかつ 串かつ 寅一」、「バリラックス ザ ガーデン梅田」、「ピカポロンツァ」、「らん布袋」、「レストラン カウベル」など

印象的なロゴも、もちろん博報堂DYグループのクリエイターが作成。

旬の食材とワインにこだわる本格イタリアン「アルベラータ リストランテ イタリアーノ」。

【写真提供ご協力】

アルベラータ リストランテ イタリアーノ

住所:〒162-0825 東京都 新宿区 神楽坂3-6 ツルタビル1F
電話:03-5225-3033

【参加店舗・参加方法】

※参加店舗例紹介
https://www.tapproject.jp/participate/list.html

※参加方法紹介
https://www.tapproject.jp/participate/?tab=2

日本ユニセフ協会の林さんに話をうかがいました

「エチオピアの13歳の少女、アイシャの1日を紹介するユニセフの動画があります。朝早くから夕方近くまで、砂漠を歩いて水を汲みに行くという一見シンプルな映像なのですが、そこから、毎日水汲みのために何時間も費やすことで、学校に行けなかったり、一人で長距離を歩いて犯罪に巻き込まれる危険があることなど、世界の子どもたちを取り巻く状況が浮かびあがってきます」と林さん。安全な水へのアクセスがないことが、健康面に限らず子どもたちの日常生活の様々な場面で影響を及ぼしているということ。「この水問題への“気づき”が得られるゲームを作っていただきました。実際の体験を通して、安全な水を飲むことができない世界各地の子どもたちが、支援を必要としていることを知っていただきたいと思っています」。

公益財団法人 日本ユニセフ協会 広報室 林茉以子さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

世界では3人に1人が、汚染されていない飲み水をいつでも必要な時に自宅で使用できません。このうち、2億6,300万人は往復で30分を超える時間をかけて水を汲まなくてはならず、1億5,900万人は、河川や湖などの地表水から汲んだ、未処理の水を飲んでいます。水汲みの担い手で圧倒的に多いのは子どもや女性、特に女の子。世界で女性と女の子たちが水汲みにかける時間は、毎日2億時間と言われています。

「学校における給水設備、トイレ、手洗い施設の設置や衛生教育の実施により、子どもたちの衛生環境が改善されます。安全な水が近くで手に入るようになると、学校に通う時間が生まれ、病気で学校を休むことも減ります。また、子どもたちを通じて家族に、そしてその周囲へと知識が広がっていき、コミュニティにおける衛生習慣の浸透にもつながります。」

後編では、博報堂DYグループの有志メンバーによる座談会を紹介します。

ーーBackstage from “ethica”ーー

ユニセフは、「2030年までに、安全な水と衛生施設(トイレ)をすべての人に」という持続可能な開発目標(SDGs)の 達成に向けて活動を続けています。ご関心のある方は、9/30まで実施しているTAP PROJECT JAPANに参加しているレストランやカフェで、さらに日本ユニセフ協会による「マダガスカル 水と衛生募金」でも直接同取り組みへの協力ができることを記憶にとどめていただければと思います。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

<エシカ記事予告> クリエイティブで“水の問題”に取り組む、博報堂DYグループ有志メンバー

楽しげに話し合うメンバーですが、このイベントで初めて会った人もいるそう。  Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ファッション? アート? レディー・ガガ愛用ヒールレスシューズのルーツを探る 【編集長対談】 アーティスト 舘鼻則孝さん
クリエイティブの力で“水の問題”に取り組む、博報堂DYグループ有志メンバー ~安全な水を世界の子どもたちに~ TAP PROJECT JAPAN【後編】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます