[大丸有]米倉誠一郎氏セッション【講評①】 国連広報センター・根本かおる所長 「大丸有SDGsACT5 Closing ACT」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[大丸有]米倉誠一郎氏セッション【講評①】 国連広報センター・根本かおる所長

三菱地所、農林中央金庫、日本経済新聞社、日経BPなどで構成される大丸有SDGs ACT5実行委員会では大手町・丸の内・有楽町の3地区を舞台に、今年5月から「サステナブルフード」「気候変動と資源循環」「WELL-BEING」「ダイバーシティ」「コミュニケーション」の5つのテーマ(ACT)のもとSDGs活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」を実施してきました。

11月16日、約7カ月間にわたって実行してきたSDGsに関連する各アクションを振り返る「大丸有SDGs ACT5 Closing ACT」が開催されました。その中で、米倉誠一郎氏(一橋大学名誉教授/CR-SIS学長)がモデレーターを担当したセッション3「講評」について、①根本かおる氏・国連広報センター所長 ②垣内俊哉氏・ミライロ代表取締役社長 ③吉田淳一氏・三菱地所執行役社長×奥和登氏・農林中央金庫代表理事理事長、と3回に分けてご紹介します。(記者:エシカちゃん)

 

【講評①】根本かおる氏 国連広報センター 所長

SDGsの実践は今年で5年目に入りました。最初のうちは認知の向上や知っていただくことに重きを置いてのSDGsの発信でしたが、今、SDGsの実践が始まって私たちが肝に銘じているのは、これはアクションオリエンテッドでなければいけないということです。

アクションといってもただ漫然とアクションを積み重ねるのではなくて、よりスピードアップし、より広げていって2030年に達成しようではないかと世界が合意したSDGsを実践するという、そういう目標です。

SDGsは世界レベルの目標ではあるわけですが、これをナショナルレベルでローカライズする。地域レベルでローカライズする。そして、今日、皆様の頭の中で個人レベルでのアクションというお話がありましたが、パーソナライズする、パーソナライゼーション、それが今、この段階で強く求められていることだと思っています。

今年は、コロナの拡大を抑えるために1人1人がどれだけ大切な役割を担っているのか、身にしみた1年でした。それはSDGsについても同じです。1人1人が行動変容して、それを徹底する。そして、それが世界の健康につながるのです。同じことがあらゆる目標についてもいえるのだと思っています。

皆さんの5つのストリームの中に、コミュニケーションという、私が所長を務めている国連広報センターにとって重要な分野のアクションが1つ設けられています。

今、国連にはSDGsに熱心に取り組んでくださっている世界のメディアとの連携の枠組みで「SDGsメディア・コンパクト」というものがあります。2年前から始まりました。最初は30のメディアでスタートしましたが、今、125を数えるようになりました。そのうちの32が日本のメディアです。その中で熱心に活動されているのが、今回皆様のメンバーでもある、日経新聞様と日経BP様です。

私は日経SDGsフォーラム シンポジウムにスピーカーとしてお呼びいただいた時、SDGsの現状についてお話ししましたが、このコミュニケーションは、ただ伝えるだけではなく、アクションを起こす、エンゲージする、エンパワーする、そういったものとしてあるべきであると考えていますので、そのためには皆様の大丸有ACT5というのはひじょうに有効だと思っています。

先ほど、来年もという継続を姿勢として示していただいて、大変心強く思いますが、国連は日本国内に全部で29の事務所があります。来年以降もぜひ、国連のいくつもの仲間とともに、皆様とどういうシナジー、連携ができるのかという話し合いをさせていただければありがたいと思っています。

SDGsに関する国連での最前線の状況について、この場をお借りしてアップデイトさせていただければと思います。今映っているスライドの写真は、国連創設75周年に当たる今年の国連デー10月24日の東京スカイツリーの写真です。SDGsの17色にライトアップされています。これは今年から2030年までにSDGsを達成しようという行動の10年が始まって、その行動の10年を通じてコロナに打ち勝ち、SDGsを実現するんだという連帯を表そうということで、東京スカイツリーさんが協力してライトアップしてくださいました。

 

行動の10年

これが「ディケイド オブ アクション」、「行動の10年」のロゴアイコンです。この行動の10年が始まった初年度の今年は、国連が2つの世界大戦を起こしてしまったことに対する猛省の中から設立されて75周年です。この75周年を機に、世界の一般の方々が国連に対してどういった期待、懸念、そして願いを持っているのかという世論調査を行いました。

ここに示されているように、市民の中に湧き上がってきている怒り、格差に対する怒り、不作為に対する怒り、こういったエネルギーを政策実現の場につなげていかなくてはいけません。そういう気持ちを国連は強く持っています。そして、国連憲章の冒頭は「われら人民は」から始まっています。ですので、もちろん加盟国政府で成り立っている組織ではありますが、もとを正せば国連は人民のための人民のものであるといえます。そういう中で100数十万人が声を寄せてくださって、日本からもすでに5万人が声を寄せています。

 

より持続可能な、より良い復興を

コロナを経験して世界の人たちが国連や国際社会に望んでいるのは、基礎的な医療サービスをはじめとして基礎的なサービスを充実してほしい、そして、若者に対してチャンスを与えてほしい、そういう声が中心でした。

今ご覧いただいているスライドは長期的に見て、どういった課題について国連、そして、国際社会に取り組んでほしいのかとの質問に対する回答でした。声を一番集めたのが環境保護、気候危機です。続いて、基本的サービス、医療や教育へのサービス、そして、人権の尊重、紛争のない世界、こういったことが世界の人々の長期的な願いです。そういった人たちの願いを汲み取ってのSDGsの実現です。

昨年の9月ですが、まだその頃は世界の首脳がリアルにニューヨークに集うことができました。その際に4年に1回行われることになっている首脳レベルのSDGsサミットが行われて、SDGsの進捗状況が遅い、もっと拡大しなければいけないという話が出ました。そういった首脳の声を受けて今年から2030年までを行動の10年にしてグイグイ引っ張っていこうということになりました。

これはコロナ前のSDGsの状況、特に1丁目1番地である貧困撲滅についての状況ですが、2030年までにあらゆる形態の貧困に終止符を打つのがSDGsですので、左上のグラフは0%になっていなくてはなりません。それがコロナ前の状態ですが、6%残ってしまいます。もっともっと貧困削減のスピードを上げなければいけません。

また、格差がある若年労働者は成人労働者よりも貧困度がずっと高くなっています。

そして、気候危機というのは経済的な損失、打撃がひじょうに大きいのです。そういったデータがあり、このままでは2030年にSDGsを達成するなんて全くできないよというのがコロナ前の状況でした。

そして、コロナがさらに追い打ちをかけました。コロナは保険医療の機器として始まったわけですが、瞬く間に人権、人道、社会、経済、金融の全てにおいての人類の危機にまで広がってしまいました。その中で最も大きな打撃を受けているのが置き去りにされがちな人たち。女性、移民労働者、子どもなどがより大きな打撃を受けています。

これは国連開発計画、UNDPがまとめている人間開発指数です。これは教育、保健、そして暮らし向きを指数化したものですが、ずっとプラスで推移してきたものが今年初めて大きくマイナスに転落してしまう見通しです。

雇用についていいますと、5億人のフルタイム労働に相当する雇用が失われています。特に非正規雇用、インフォーマルセクターに従事している人たちが打撃を受けています。それは女性なんです。女性は外出規制などで家に留まることが多く、中には自分に対して暴力をふるうパートナーとの時間が増えてしまって家庭内暴力により遭いやすくなっています。このことはデータ的にも世界各国から上がってきています。大変不幸な実態です。

教育機関についても、ピーク時には世界の全ての生徒、学生の9割にも上る16億人が学校に通えませんでした。今も10億人規模が学校に通えない状況で、一番最初に脱落してしまうのは途上国の女の子です。途上国の女の子は最初にドロップアウトして学校に来るのは最後、あるいは学校に戻ってくることはないかもしれません。

そういった中でSDGsがもっとコロナ前に進んでいたならば、医療サービスがもっと充実して、そして、格差のない状態があったならば、ここまでひどい打撃にはならなかったでしょう。コロナの打撃とSDGsが進んでいないことが生んでしまったといえると思います。

そういったことからもSDGsを羅針盤にして、決してコロナ以前のオールドノーマルに戻るのではなくて、より包摂的、より平等、よりクリーン、そして、より持続可能な、より良い復興を遂げなくてはならないというのが国連の考えです。

忘れてはならないことは、コロナの陰で気候危機が進んでしまっているということです。これは最新の世界の平均気温の状態ですが、産業革命以前に比べてすでに1.1℃上昇してしまっています。どういうところで気温上昇が激しいかといいますと、

北極、南極の極地の温度上昇が激しくなっています。それは氷床がすごいスピードで溶けることにつながっています。そうなると低地ばかりの小さな島嶼国は、ひとたまりもありません。また、脆弱な社会であるサハラ砂漠以南のアフリカもひとたまりもありません。

これらの国々は、温室効果ガスの排出にはほとんど寄与していません。そういったところが先進国並びに中国、インドの排出してきた温室効果ガスのしわ寄せを受けてしまうという、そういう不正義が起こります。

そうした、今申し上げたような多岐に渡るメガレベルの危機に対して、我々は連帯の精神で立ち上がらなければなりません。そういった願いを込めて国連が国連75周年を機に作ったドキュメンタリーの予告編をお持ちしましたのでご覧ください。

豪華な出演陣から成る「NATIONS UNITED」、これは全ての方々がノーギャラで出てくださいました。監督をしてくださったのは「ノッティングヒルの恋人」「ミスタービーン」シリーズで知られているリチャード・カーティスさんです。日本語の字幕がついたものはYoutubeで全編ご覧いただけます。年内であれば放送やwebで公開するという形であれば全くの無償で使ってもらってもいいというふうに、この映像を預かっていますので、関心のある方はおっしゃっていただければと思います。

 

NATIONS UNITED(全編)

 

 

私たちにできること

私たちにできることはたくさんあります。フードシステムについてもそうです。来年はフードシステムというものからSDGs全体を見て2030年にSDGsの実現をみんなで目指そうではないかというフードシステムサミットを国連が開催します。

皆様、ACT5の中でサステナブル・フードについて大変力を入れて取り組んでこられましたので、ぜひフードシステムサミットにつながるような動きをしていただければと思います。

アパレル産業もそうです。アパレル産業は環境負荷のひじょうに高い大きな産業です。日本だけでも年間で10億着から20億着が捨てられているといわれています。大量生産・大量消費・大量廃棄、こういったビジネスモデルはもう持たないだろうということが私たちに突きつけられているのだと思います。

国連ではアプリを開発して個人レベルでSDGsに貢献できて、それを可視化するというアプリを作っています。

ぜひ、こちらからダウンロードしていただければ幸いです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.samsung.sree&hl=ja&gl=US

 

2030年、今の若者たちが社会の中枢を担っている

2030年のSDGsのゴールイヤーには今の若者たちが社会の中枢を担っています。彼らの意識調査を日本総研が8月に発表しましたが、若者の半数がSDGsのことを知っています。そして、企業を選ぶ際、特に女性は環境問題や社会課題に取り組んでいる企業に行きたいとしています。もちろん賃金の問題もありますが、同時にいかにその企業が環境問題や社会課題に取り組んでいるかが、会社選びの大きな尺度になっています。

商品やサービスの選択においては、まだ4人に1人とかしか環境問題や社会課題を考慮していないということですが、これがどんどんどんどん高まっていくのではないかと思っています。

企業が生き残っていくためにもSDGsをはじめとして環境問題や社会課題に取り組んでいくこと、それが必須です。ぜひこの時代の転換点においても、ともにパートナーシップで力を合わせながら取り組んでいかなければと思っています。国連広報センターは常に皆様のおそばにいますので、ご用命をいただければと思います。

ご清聴ありがとうございました。

【講評②】を読む>>>

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

米倉誠一郎氏に関する関連記事

明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)【副編集長対談・前編】

明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)【副編集長対談・後編】

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

手話の世界に触れてみよう スターバックスによる国内初のサイニングストアで 手話をテーマにした店舗限定グッズを販売
(第3話)クリスマスリース【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます