宮沢賢治の理想郷イーハトーブで地ワインを味わう。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
宮沢賢治の理想郷イーハトーブで地ワインを味わう。

賢治が愛した厳しくも豊かな自然の中で育ったぶどう。

宮沢賢治の理想郷“イーハトーブ”のモデルとなった岩手県花巻市をめぐる旅をしました。

JR東京駅から東北新幹線「はやぶさ」に揺られること2時間半。新花巻駅を降りると、少しひんやりとした澄んだ空気が気持ちがよい。乗り換えたバスの車窓からは、連なる山々や茅葺き屋根のお家も見え、のどかな風景が広がっています。

山々に囲まれた大迫町は、夏は暑く、冬は町全体が冬眠してしまうほどの厳しい寒さです。傾斜地が多く年間降雨量が少ないため、乾燥した気候の土地を起源とするぶどう造りに適しているそうです。

恵まれた大自然に囲まれた大迫町ならではの、味わい深いワインをご紹介したいと思います。

(記者:ethica編集部・りりこ)

大迫町「エーデルワイン」のワイナリー

花巻市葡萄が丘農業研究所。1.5ヘクタールの畑には生食用のぶどうと醸造用ぶどうが栽培されています。

バスを降りると広大なぶどう畑がひろがっていました。

ちょうど収穫時期で、たわわに実るぶどうが枝をしならせています。

絵本などでみたことのあるぶどうの木といえば、背の高い棚状に実がなっているイメージでしたが、畑の中を歩くとぶどうの木の形にもいくつか種類があり、こちらの畑では低い位置になるものが多いというのが印象的でした。農家の方にお話を伺うと、気候風土にあうよう品種や育て方の様々な試行錯誤が繰り返されているそう。

ワインの原料はぶどうのみです。「土壌成分」「土地の気候」「栽培する人の個性」がダイレクトにワインの味になるため、ぶどう造りは最も重要なワイン造りの工程になります。合言葉は「美味しいワインは美味しい葡萄から」。

白ワインになるリースリング

光に透けてキラキラと輝く畑のぶどうを、お味見させていただきました。

一粒もいで皮ごと口に含むと、とても濃厚な香りが広がります。

大迫のぶどうは国内の他のぶどうの名産地、山梨や長野の葡萄と比べて、皮が厚めで硬く、香りが強いそうです。生産者の方によると、「あっちは皮が薄くて瑞々しいお上品なお嬢様。こっちはたくましく育っている」とのこと。大迫の自然の恵みと厳しさが凝縮されているような味わいでした。

なかには樹齢70を超える、歴史あるぶどうの木も。実の数は減ってはきているものの、まだ現役です。

「エーデルワイン」をテイスティング

エーデルワイン ワインシャトー大迫。こちらではエーデルワインのすべての商品が揃い、試飲も常備されています。ここでしか販売していない限定ワインも。

白、赤、りんごワインなど全14種類のワイン。

エーデルワインは、ミネラル感とキレのある酸味が特徴です。岩手県の中央を流れる北上川を境とする太平洋側の地域は、非常に古い地質があることで知られています。そこに含まれる石灰質と、冷涼な気候が合間って、生き生きとした酸味、ミネラル感、ぬけの良さと余韻の長さ、複雑な中にも絶妙なバランスのワインを生み出すことができるそうです。
また、その高い技術力を活かしブルーベリーやりんごなどのフレッシュなワインも作られており、初めて経験する感覚のワインもありました。

私が特に惹かれたワインを3つご紹介します。

まず一つ目は、白ワイン、「グリューナー・ヴェルトリーナー2018」(グリューナー・ヴェルトリーナー100%)。こちらの品種を日本で飲めるのはここだけ。オーストリアではメジャーですが、他国ではほとんど飲めない品種だそうです。

大迫町とオーストリア・ベルンドルフ市は友好都市であり、特別にいただいた苗木から作られたもの。とても貴重なもので、果実感のある芳醇で酸味と甘みのバランスがとてもよく口当たりがすっきりしていてとっても飲みやすかったです。日本食とも相性が良さそうでした。

二つ目は、赤ワイン「ゼーレ・オオハサマ ツヴァイゲルトレーベ樽熟成2016」(ツヴァイゲルト89%、ロースラー11%)。大迫では栽培の難しい品種だそうですが、丁寧なお手入れで高品質なぶどうになるそうです。ブラックベリーを思わせる果実とほのかな甘い樽の香り、ちょうど良い渋みと酸味でバランスの良い

調和のとれた赤ワインでした。ワインのコンクールにおいて日本のワイントップを二回受賞したことがあるそうです。

最後にご紹介するのが、「ナイアガラ冷凍果汁仕込2018」(ナイアガラ100%)です。こちらのワインはぶどうを絞って冷凍し、濃縮した果汁で造ったワインで、ぶどう1kgに対して200mlしかできません。透き通る黄金色をしていて、とっても甘く南国フルーツのような濃厚な香り。このデザートワインは、一口飲むだけでぶどうを何房もいただいたような満足感がありました。

畑でワイン用のぶどうを試食させていただいたときは、そのままでとっても美味しかったのでワインにするのがもったいないような気持ちになっていましたが…どのワインからも、より生き生きとぶどうを感じることができました。

樽熟成中の赤ワイン

地産地消でマリアージュ

ワインとお食事のマリアージュも楽しみました。その土地の食べ物、飲み物がお互いを引き立たせあい、最高の贅沢です。

水と空気が美味しいからでしょうか。滞在中何をいただいてもおいしく、素材の味が引き立つ味付けで、残さずペロリといただいてしまいました。

レストランベルンドルフ白金豚ロース(1,650円) シャルドネ2016 落ち着いた雰囲気の居心地の良いレトロな造りのレストラン。

宮沢賢治の理想郷イーハトーブ

エーデルワインがある岩手県は、作家宮沢賢治心象世界の中にある理想郷イーハトーブのモチーフになったと言われています。

宮沢賢治は、生前から時代の危機をいち早く察知し作品に取り組んできました。

印象的な言葉に、「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」(『農民芸術概論綱要』)というものがあります。

エシカのグランドコンセプト、「私によくて、世界にイイ。」が浮かびます。数十年前を生きていた賢治から、私たちが学ぶことは多くありそうです。

資料館にて。大迫で採れた宮沢賢治の短編童話「やまなし」に登場するやまなし

賢治が愛した厳しくも豊かなイーハトーブの自然の中で生まれた「エーデルワイン」。

ワインは原材料がシンプルであるがゆえに、造り手の方々の日々の取り組む姿勢や感性が大きく反映する奥深さがありました。

畑では自然と向き合いながら日々土壌を整えぶどうを育てる農家の方々、そのぶどうを活かすワインを作るための試行錯誤をするエーデルワインの方々の姿をみさせていただきました。ワインの奥深い魅力を改めて感じることができ、個性豊かな地ワインをもっと楽しんでいきたいと思いました。

記者:りりこ

京都育ちの女子大文学部卒です。日本の伝統文化が大好きで、茶道や日舞、合気道などをお稽古しています。京都の老舗旅館に勤務したのち上京。2019年10月よりethica編集部に参加。

日本の伝統文化のサスティナブルな一面に惹かれています。現代の暮らしにイイとこ取りして、令和時代的・豊かなライフスタイルを提案していきたいです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

りりこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
【エシカ独占インタビュー】宇賀なつみ 初エッセイ本『じゆうがたび』刊行記念
独自記事 【 2023/6/19 】 Work & Study
先月、長らく続いていた新型コロナウイルス感染症が5類感染症の位置付けとなったことで、ようやくマスクをはずして外出や旅行に繰り出す人々が増えてきました。旅行や観光業界の中では、近年世界中で注目されているものに「ウェルネスツーリズム」(※)というものがあります。そのトレンドを大々的にピックアップしたイベント、「ウェルネスツ...
インターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2 第二話の見どころをご紹介
独自記事 【 2022/12/5 】 Work & Study
11月7日(月)より配信がスタートした、SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2!「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演して、身近な話題や気づきから、持続可能なアクションやサステナブルについて考えを深めます。今回は、12月5...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

煙のない社会を目指す フィリップモリスのグローバルな挑戦 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『フィリップ モリス編』
「3.1 フィリップ リム」と「ザ・ウールマーク・カンパニー」がコラボレーション!「ザ・メリノシリーズ」をローンチ。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます