(第16話)パーマカルチャー夏のイベントに参加しよう! 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第16話)パーマカルチャー夏のイベントに参加しよう! 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

自然から人へ、人から自然へ循環するサステナブルな暮らしを実践する四井さん。自宅内の農園や庭のあちこちに、草花が咲き乱れる初夏を迎えた八ヶ岳の自然暮らしから学ぶことはたくさんあります。

植物の生命力を全身で享受しに、四井家を訪ねてみませんか?

里山の循環する暮らしが体験できるさまざまなイベントが開催されます。

初夏の八ヶ岳は自然の恵の宝庫

ナスタチューム、カレンデュラにホーリーバジル、キューリやレタス、ブラックベリーなどがあちこちに。庭を歩いているだけで心が癒されそう…。今回は、そんな四井家で、7月17日に開催されるパーマカルチャー講座『四井式暮らしの講座 夏』についてお知らせします。

愛でるだけでなく、植物染めなどを楽しむことができる植物は年々の「絵の具」

種まきをして野菜や花を育て、収穫した花で草木染めをしたり、ハーブを蒸留してスキンケアウォーターを自作したり。四井家の暮らしは、どこを見てもサステナブルな知恵が満載です。

「暮らしは毎日の小さな工夫の積み重ねです。楽しみながら手を動かせば、そこからまたあらたな循環が生まれます」という四井千里さん。

生ゴミを活用した堆肥小屋、コンポストトイレ、そして、自然の仕組みを応用して排水を浄化するシステム、バイオジオフィルターなど、パーマカルチャーに基づいた暮らし方を見ると、日頃、当たり前だと思っていたことが、実は当たり前ではなかったことに気づきます。

自然の営みとともに暮らす四井さんのライフスタイルから、パーマカルチャーの知恵を学べる講習会に、たくさんの人が参加しています。

都会ではあまり目にすることのない麦の穂。畑には、香ばしい麦の香りが漂っています

八ヶ岳の初夏。自家農園には野菜やハーブなどが実り、収穫の時期を迎えています

こだわりチーズたっぷりの「石窯ピザ」を手作りする

6月に行われたイベントでは、畑を歩きながら野菜の収穫を体験したり、採れたての野菜を野外でジャジャッと炒めたり。四井家の庭先にある土間空間ではかまど炊きの実践指導もありました。電気や鍋で炊いたご飯とはまったく別の、かまどご飯の美味しさに驚くはず。

異常気象により、今後ますます自然災害が増えるのではないかと予測されていますが、自分で火を起こしたり、かまど炊きの知恵があれば、いざというときにも外でご飯を炊くことができます。覚えておけば、いつか役に立つ日が来るかもしれません。

ドイツ製の粉挽きで小麦を挽き、ふるいにかける。挽きたてのフレッシュな小麦粉でピザやクレープを焼く

講習会の中では料理好きの長男・木水土(きみと)くんがクレープを手作り。

自宅で飼育している名古屋子コーチンが産んだ卵を使い、風味豊かに焼き上げました。

「小麦粉は、我が家がタネから育てた自家栽培小麦を使用しました」(千里さん)

フェアトレードのコーヒー豆を自宅焙煎した、淹れたてのコーヒーとも好相性。

ただ「おいしい!」だけでなく、四井家がゼロから積み上げてきた、生きる知恵と知識が凝縮された講習会。パーマカルチャーに興味がある人はもちろん、日々の暮らし方を考え直すきっかけになるに違いありません。

かまどとはまた違った使い勝手。石窯でピザを焼き熱々をいただく

循環する暮らしには、未来を変えるヒントがいっぱい。今回のテーマは「火を使う知恵」。火って何?今、都会では熱源のほとんどを電気エネルギーに頼っているので、 “火”についてあまり考えたことがないという人が多いのではないでしょうか。もともと私たちは土間のかまどで煮炊き、薪でお湯を沸かすなど、暮らしの中で「火」を使いながら生きてきた長い歴史があります。今回は、そんな「火」についての興味深いお話も聞けますよ。

「春の講座ではかまどの使い方を学んだので、今回は石窯の使い方を学びます。

数分でピザが焼けてしまう石窯はどんな仕組みになっていると思いますか?まず皆さんで、焚き木の準備をして石窯に火を入れます。そして、我が家で育てた小麦の粒を製粉し、出来た小麦粉でピザ生地を作ります。

あとは畑で収穫した野菜を使ってご自分のピザを作ってみてください。

お店で食べるピザとはまた違った美味しさが体験できるのではないでしょうか」

と千里さんは言います。

市場にはあまり流通しない吉田牧場のチーズを使用したピザは夏の講座の目玉メニュー。濃厚なトロトロチーズを召し上がれ

今回のピザに使うチーズにもこだわりが。

岡山の吉田牧場で作られたチーズを使用します。吉田牧場は、放牧した牛たちのミルクを使って造った「モッツァレラ」や「カチョカバロ」は、その素晴らしい味わいから全国の名だたる料理人を魅了し、今では一般には入手困難と言われていることでも有名です。都内でもごく限られた店舗でしか扱っていないチーズが、八ヶ岳で食べられる!楽しみ倍増ですね。

ランチの後は、四井真治さんが、暮らしの道具の修理について教えてくれます。

「修理には色々な知識や経験が必要です。その道具の素材やどのような仕組みになっているのが観察し、次にどうやって修理していくのかを考えていきます」(四井真治さん)

丁寧な暮らしの基本「修理の仕方」を習う

割れてしまったお気に入りのスプーンの柄

切れ味の悪い包丁など、学校では教えてもらわなかった修理の知恵を知ることで、暮らしはもっと豊かになると四井さんは言います。修理したいものがある人は、持参して直し方を教えてもらってはいかがでましょう。

また、5月に大好評だった「小さなマルシェ」も続行。スズ竹で編んだカゴやザルなど実用的な調理道具をはじめ、手作りのワイルドストロベリージャムやニホンミツバチの蜂蜜も入手可能なのだとか。

人も空気の流れもゆったりとした夏の八ヶ岳で自然と触れ合い、暮らしの知恵を体験してみてはいかがでしょうか。

四井式 暮らしの講座 夏

https://www.facebook.com/events/858889064698600/

イベント主催者: 四井 千里

日程:2021年7月17日

所要時間: 6時間

※7/2現在定員となったため、キャンセル待ち受付中

左から、四井真治さん、畑仕事や料理、家具作りなどにも積極的に取り組む四井家の長男・木水土(きみと)くんと次男・宙(そら)くん、四井千里さん

バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」を読む>>>

四井真治

福岡県北九州市の自然に囲まれた環境の中で育ち、高校の時に地元の自然が都市開発によって破壊されてショックを受けたのをきっかけに環境意識が芽生え、信州大学の農学部森林科学科に進学することを決意。同農学部の大学院卒業後、緑化会社に勤務。長野で農業経営、有機肥料会社勤務後2001年に独立。2015年の愛知万博でオーガニックレストランをデザイン・施工指導。以来さまざまなパーマカルチャーの商業施設や場作りに携わる。日本の伝統を取り入れた暮らしの仕組みを提案するパーマカルチャー・デザイナーとして国内外で活躍中。

Soil Design http://soildesign.jp/

四井千里

2002年より都内の自然食品店に勤務。併設のレストランにてメニュー開発から調理まで運営全般に関わり、自然食のノウハウを学ぶ。2007年より八ヶ岳南麓に移り住み、フラワーアレンジメント・ハーブの蒸溜・保存食作り等のワークショップ講師、及び自然の恩恵や植物を五感で楽しむ暮らしのアイデアを提案。

記者:山田ふみ

多摩美術大学デザイン科卒。ファッションメーカーBIGIグループのプレス、マガジンハウスanan編集部記者を経て独立。ELLE JAPON、マダムフィガロの創刊に携わり、リクルート通販事業部にて新創刊女性誌の副編集長を務める。美容、インテリア、食を中心に女性のライフスタイルの動向を雑誌・新聞、WEBなどで発信。2012年より7年間タイ、シンガポールにて現地情報誌の編集に関わる。2019年帰国後、東京・八ヶ岳を拠点に執筆活動を行う。アート、教育、美容、食と農に関心を持ち、ethica(エシカ)編集部に参加「私によくて、世界にイイ。」情報の編集及びライティングを担当。著書に「ワサナのタイ料理」(文化出版局・共著)あり。趣味は世界のファーマーズマーケットめぐり。

<自然の仕組みがわかるオススメの2冊>

パーマカルチャーや土と自然のつながりがわかりやすく紹介されている『地球のくらしの絵本』シリーズ「自然に学ぶくらしのデザイン」と「土とつながる知恵」(四井真治著 農文協)ともに2,500円/税別

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田ふみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO 〜サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
そろそろ知っておかなくちゃ! 水素のこと。森中絵美(川崎重工)×中村知弘(UCC)
sponsored 【 2024/3/26 】 Work & Study
2023年の記録的な猛暑に、地球温暖化を肌で感じた人も多いだろう。こうした気候変動を食い止めるために、今、社会は脱炭素への取り組みを強化している。その中で次世代エネルギーとして世界から注目を集めているのが「水素」だ。とはいえまだ「水素ってどんなもの?」という問いを持っている人も多い。2024年2月に開催された「サステナ...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

P&Gジャパンがインクルーシブな未来に向けた シンポジウムを開催
(第10話)「こぼれた梅シロップ」【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます