KDDI 最勝寺奈苗 執行役員「Xの時代に求められる人財価値を最大化させるサステナビリティ経営とは」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
KDDI 最勝寺奈苗 執行役員「Xの時代に求められる人財価値を最大化させるサステナビリティ経営とは」

グローバルで活躍するサステナビリティのリーダーが集うコミュニティ・イベント「サステナブル・ブランド国際会議2023東京・丸の内(SB 2023TOKYO-Marunouchi」。ethicaは例年メディアパートナーを務めており、今年も数多くのセミナー、ディスカッション、ワークショップが繰り広げられました。この記事では、サステナブル・ブランド国際会議、KDDI株式会社、花王株式会社が参加した「Xの時代に求められる人財価値を最大化させるサステナビリティ経営とは」と題されたセッションから、ファシリテーターを務めた田中信康氏(サステナブル・ブランド国際会議ESGプロデューサー)と最勝寺奈苗氏(KDDI)のディスカッションをレポートします。(記者:エシカちゃん)

サステナブル・ブランド国際会議 ESGプロデューサー 田中信康氏 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

経営戦略にサステナビリティをどう位置付けるか

田中: パーパスからヒューマンキャピタルにつなげていく重要性について、実感している人も多いと思います。このセッションでは「Xの時代に求められる人財価値を最大化するサステナビリティ経営とは」について、理解を深めていきたいと思います。

サステナブル・ブランド国際会議では「サステナビリティを経営の中心に置く」ことがよく議論されています。既存のビジネスモデルは衰退していて、限界に達しています。TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)やTNFD(自然関連財務情報開示タスクフォース)への積極的な対応が大命題になっています。多くの日本企業が未来への不安を抱えるなかで、今回は「サクセッションマネジメント」に注目したいと思います。

まず、未来に通じる強い企業とはどのようなものでしょうか。こうした企業になるためには、先見の明や自社らしさとともに、事業の根幹にサステナビリティをしっかりと据えることが大切です。事業の課題解決とサステナビリティの課題解決を一挙両立することが、求められています。

サステナビリティを経営の中核に据えるというのは、サステナビリティをトランスフォームするなかで社会の理想像を重ね合わせ、そこに自社の経営戦略をどう位置付けるかということです。昨年の会議で人的資本の開示についてお話しましたが、その時点では認知度が高くないようでした。しかし1年経った今、多くの人が認知するようになり、最大のテーマになりつつあります。情報を開示しながら、人財をどのように生かしていくのか。社員と社会との融合という点も問われています。

そこで今回は、サステナビリティ経営を中長期経営戦略の中核に置いている企業として、KDDIの最勝寺さんに自社での取り組みをお話いただきたいと思います。

人財ファースト企業への変革

最勝寺: 私はコーポレート統括本部に所属し、サステナビリティ経営推進に力を注いでいます。本日は、KDDIのサステナビリティ経営実現に向けた取り組みのひとつである人財戦略について説明します。

「KDDI VISION 2030:つなぐチカラを進化させ、誰もが思いを実現できる社会をつくる」を掲げ、中期経営戦略の軸にサステナビリティ経営を据え、事業戦略と経営基盤強化を両輪で推進しています。サステナビリティ経営の基本方針として「サテライトグロース戦略の推進と、それを支える経営基盤の強化により、パートナーの皆さまとともに社会の持続的成長と企業価値の向上を目指す」ことを掲げています。

私たちが考えるサステナビリティ経営とは、「経営戦略」と「社会価値」の観点を組み入れて「持続的成長」を実現することです。「経済価値」「社会価値」「環境価値」の3つの価値を向上させて、企業価値の向上が社会の持続的成長につながり、それが私たちの事業戦略のもとにかえってきて、社会に還元される。そんな好循環を目指しています。

事業戦略であるサテライトグロース戦略というのは、5G通信を中心に置いて、通信事業の進化と通信を核にした注力領域を拡大させるというものです。特に、金融やDXなどの5つの注力領域を掲げて取り組んでいます。この戦略を推進するためには、強固な経営基盤が必要です。そのために、「カーボンニュートラルの実現」「ガバナンス強化によるグループ経営基盤強化」「人財ファースト企業への変革」という3つの主要テーマをマテリアリティ(重要課題)にも掲げ、取り組んでいます。

KDDI 最勝寺奈苗 執行役員 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

中期経営戦略の策定にあたり、当社のマテリアリティ(重要課題)を6つにまとめています。この課題は、加速する社会変革に対応しながらも、企業の価値向上や社会の持続的成長に貢献するために必要なものです。

人財ファースト企業への変革として、「新人事制度」「社内DX」「働き方改革」の三位一体改革を進めています。特に、社内DXについては全社員のDXスキルの向上とプロ人財の育成を目指しています。事業を支えるDXプロ人財の育成のために、2020年に社内の人財育成の機関として“KDDI DX University”を設立しました。そのDX Universityを2022年度より専門領域のプロ人財育成機関へと進化させ、2024年度までに全専門領域において、プロ人財の比率を30%にすることと、全社員約11,000人がDX基礎スキルを習得することを目指しています。

企業理念・フィロソフィ(哲学)とサステナビリティ

田中: サステナビリティ経営として、人財ファースト企業へと変革していくというお話でした。その狙いや背景について、詳しく教えていただけますか。

最勝寺: 経営戦略の頂点に企業理念があり、発足以来、「全従業員の物心両面の幸福の追求」を掲げています。底辺にはフィロソフィ(哲学)があり、KDDIの社員が持つべき行動の規範が記されています。変化の激しい時代を乗り越えていくためには、社員と組織の高度な自律と成長が不可欠です。当社は人財を最も大切なリソースと捉え、その育成・強化に向けてDXの専門人財やジョブ型の人事制度を導入し、人財ファースト企業へと移行しています。

(参照)中期経営戦略(2022-24年度)の全体フレーム

田中: KDDIでは、本業としてDXを推進されています。プロ人財の育成をさらに推進することで、さらなる企業価値の向上につながるということでしょうか。

最勝寺: DX関連事業はたくさんの引き合いがあり、人材が不足しています。人財育成により社内のリソースを強化して、DX領域に要員シフトしていきたいと考えています。

田中: 社員とエンゲージメントを深めていくのが大切だと感じました。期待されていることやこれからの動きについて教えていただけますか。

最勝寺: 制度を作るだけでなく、社内におけるさまざまなアプローチが大切です。社員一人ひとりとのエンゲージメントを高めるためには、職場での1on1(1対1)でのミーティングが有効になります。グループリーダークラスの上司と月1回以上のミーティングを行うように定めています。また、業務上の悩みについては、社内カウンセラーが一人ひとりに対応する仕組みになっています。こうした取り組みが、社員とのエンゲージメントを高める上で役に立っているのではと感じています。

田中: さまざまなことを「見える化」して、経営パフォーマンスや企業価値の向上につなげているということでしょうか。

最勝寺: ほかにも、人事の面でさまざまなツールを活用しています。データにより、いろいろな動きを可視化しています。それぞれの分析を、今後はそれぞれ有機的に結合させてさらに深い分析をしていきたいと思っています。

田中: まさに専門の領域ですね。新たな社会変革につながることを期待したいと思っています。社員とのエンゲージメントを高めるために、議論を重ねて「見える化」されています。

最勝寺: 私たちはKPI(重要業績評価指数)のなかにESGの項目を含めていて、役員と従業員の賞与に反映される仕組みになっています。そのほか、各本部組織のプロファイルには「サステナビリティにどう取り組むのか」という記載もあります。フィロソフィとサステナビリティについては、それぞれがどう紐づいていて、業務を通じてどう実践していくのかを社員と対話しています。

田中: 社員の自立心を刺激してマインドを高めていくような企業風土を作っていくことがポイントになっていると感じました。今後の活動にも期待しています。本日はありがとうございました。

今回の「サステナブル・ブランド 国際会議2023東京(SB 2023 TOKYO)」レポート記事は如何でしたでしょうか。

注目すべきセミナー、ディスカッション、ワークショップの様子を引き続きethicaで連載していきますので、お楽しみに!

バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

[連載企画]サステナブル・ブランド国際会議2023東京

 

※本記事は2023年2月15日時点の内容となります。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
そろそろ知っておかなくちゃ! 水素のこと。森中絵美(川崎重工)×中村知弘(UCC)
sponsored 【 2024/3/26 】 Work & Study
2023年の記録的な猛暑に、地球温暖化を肌で感じた人も多いだろう。こうした気候変動を食い止めるために、今、社会は脱炭素への取り組みを強化している。その中で次世代エネルギーとして世界から注目を集めているのが「水素」だ。とはいえまだ「水素ってどんなもの?」という問いを持っている人も多い。2024年2月に開催された「サステナ...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「マザーハウス」シルク生地をリメイクしたサステナブルなスカーフを発売
フランスのラグジュアリーブランド「ゲラン」が「世界ミツバチの日」を記念した限定イベントを伊勢丹新宿にて開催!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます