すべての女性が輝くためにーー。女性チームが込めた思い。 新感覚のエシカルウォッチ「CITIZEN L Ambiluna」のデビューイベント!(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
すべての女性が輝くためにーー。女性チームが込めた思い。

「CITIZEN L」ブランドを監修したファッションジャーナリストの生駒芳子さん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

前編につづき、今年9月発売、新たなコレクション「CITIZEN L Ambiluna(シチズン エル アンビリュナ)」を加えた、お披露目イベントのレポートです。

実は「CITIZEN L」は、シチズンの女性社員の皆さんが中心となって立ち上げたブランドプロジェクト。その一人、シチズンブランド事業部・企画営業部の宮川花菜さんは、お披露目のこの日を「ようやく迎えられました」と感慨深げ。その上で、ゲストの反応には少し驚きもあったようです。

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ) EW5506-51W 45,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

「会場にいらっしゃった多くの方々は、『キレイ!』とまず見た目のデザインを称え、その上でエシカルなモノづくりに賛同してくれました。私たちは当初からデザインの美しさと同時に内面の美しさにもこだわってきたのですが、まず美しさをほめて頂いたのでちょっと驚いてしまって(笑)。でも、それはまさに『CITIZEN L』が提案する“Beauty is Beauty”、つまり、内面の美が外側を輝かすというコンセプトや私たちの思いが形となって伝わったということ。うれしかったですね」

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ) EW5491-56A 67,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

そして、こう続けます。

「美しい時計を身につけることで感じる自信と、社会や環境を配慮している時計を自ら選んでいるという自信。二つの自信を得ることで、これからの時代を生きる女性たちにもっともっと輝いてほしいですね」

シチズン時計株式会社 広報宣伝部 PRチーム 木下久美さん

PRを担当する宣伝部の木下久美さんは、

「想像以上にエシカルというコンセプトを好意的に受け止めていただけました」と手応えを感じている様子。ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオールなど世界的なハイブランドはすでに環境配慮などエシカルな取り組みを進めており、日本でもこの動きはますます広まっていくでしょう。「CITIZEN L」は、国産の時計ブランドとしてその先頭を切って走るフロンティア。木下さんは「エシカルの考え方をしっかりと伝え、共感を得ることで、これまで時計に興味のなかった人や海外ブランドの時計しか使ったことのない女性など、幅広い層にアピールしていきたい」

と語りました。

CITIZEN L Ambiluna (シチズン エル アンビリュナ)限定モデル(世界限定1,000個)EG7000-01A 180,000円 +税 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

「CITIZEN L」ブランドを監修したのは、ファッションジャーナリストの生駒芳子さん。エシカルファッションに詳しいからこそ、ある確信があったと言います。

「エシカルというコンセプトはとてもいいけれど、デザインがよくなければ伝わらない」

そこで生駒さんは、光を取り込み自然と融合する数々のアーキテクチャーを手掛ける建築家の藤本さんにデザインアドバイザーを、西陣テキスタイルのデザインを京都の老舗「細尾」に、漆玉を漆の老舗「坂本乙造商店」に、そして時計とセットの西陣テキスタイルを使ったクラッチバッグとバングルのデザインを、レディ・ガガの靴を作ったことで知られるアーティストの串野真也さんに依頼しました。最強の布陣で生み出した新作への思いを、生駒さんはこう語ります。

「CITIZEN Lはアクセサリーになるのはもちろん、光を取り込んだり宇宙とつながったりという感覚を持つことができるアイテムでもある。それに、仕事などで勝負をかける時にはきっとパワーをくれる! 『CITIZEN L Ambiluna』は、女性の心をくすぐる要素をたくさん持っています。様々な方に様々なシチュエーションで、ファッションのスパイスとして、そして、コミュニケーションのツールとして楽しんでいただきたいですね」

ファッションジャーナリスト 生駒芳子さん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

光のうつろい、時のたゆたいを身にまとい、しなやかに、力強く生きる女性たちへーー。新感覚ラグジュアリーウオッチ「CITIZEN L」は強い味方になってくれるに違いありません。

前編はこちらから

(前編)表面的な美しさはもちろん、内面から輝く美をーー。新感覚のエシカルウォッチ「CITIZEN L Ambiluna」のデビューイベント!

ーーBackstage from “ethica”ーー

コンセプチュアルなウオッチブランド「CITIZEN L」。このブランドを生み、育み、そしてルックスも内面も美しいプロダクトとして花開かせたプロジェクトチームには、時計同様、輝く女性たちがいました。ストーリーと思いの込められたエシカルウオッチ。仕事もファッションも日々の暮らしも、自分らしく楽しむすべての女性たちを応援してくれるはずです。

記者:中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

後日、生駒芳子さんの独占インタビュー及びシチズン・商品企画の櫻井沙織さんと生駒芳子さんの対談を公開予定です。

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

表面的な美しさはもちろん、内面から輝く美をーー。 新感覚のエシカルウォッチ「CITIZEN L Ambiluna」のデビューイベント!(前編)
炊きたてごはんでTKG(卵かけごはん) 小さな贅沢を日々の暮らしに。器を楽しもう! 栗原はるみさんプロデュースの「share with Kurihara harumi」から、炊きたてごはんに似合う飯椀が新登場!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます