白木夏子さんディレクション『PIMLICO No.72』には、毎日をご機嫌にしてくれるヒントがあふれていました
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
白木夏子さんディレクション『PIMLICO No.72』には、毎日をご機嫌にしてくれるヒントがあふれていました

取材当日は、白木さん自らが各商品の特徴やチャームポイントを紹介してくださいました。ここに並ぶアイテムすべてに愛着を持ち、日々大切に使用していることがよくわかりました。

エシカルジュエリーの第一人者でもある白木夏子さんがディレクションするオンラインショップ『PIMLICO No.72』(前回記事http://www.ethica.jp/44845/)。その人気アイテムを実際に手に取ってチェックできるポップアップショップ(※)が期間限定でオープンしましたので、エシカ編集部もおじゃまして、その世界観を楽しみました。手にした瞬間に「欲しい!」と叫んでしまった注目アイテムをご紹介しましょう。

原点は“エシカルジュエリー”

日本でもいち早くエシカルを掲げたジュエリーブランド『HASUNA(ハスナ)』(https://hasuna.com/)を立ち上げた、起業家の白木夏子さん。その白木さんが、信頼できる宝石を求め世界各地を旅するなかで出会った素敵なものや、日々の暮らしのなかで実際に愛用し、「これはぜひ、みんなにも使ってもらいたい!」と感じた逸品が、オンラインショップ『PIMLICO No.72』に揃っています。

バッファローボーン(骨)とウッドを組み合わせたフォトフレーム。和室など日本的な空間にも馴染む落ち着いた色合いが素敵です。¥3,200 (税抜)

インド古来の伝統工芸「ザリ刺繍」のキーホルダー。ビーズなど一針一針手作業で縫ってあるので、動物の表情はどれも少しずつ違って見えます。¥2,400 (税抜)

インドの職人による手刺繍を贅沢に施した収納ボックス。ドレッサーやチェストに置いておくだけで、雰囲気ある空間づくりができそうです。¥2,800(税抜)

こちらはマチ有タイプのポーチ。化粧品やアクセサリーなどの小物入れとしても最適で、オリエンタルな雰囲気が魅力的な一品です。¥3,800(税抜)

日本のものづくりの素晴らしさも再認識

今回のポップアップショップでキラリとした存在感を放っていたのが、金ドット模様が印象的な陶器。陶芸家の岡崎裕子さんの手によるもので、白釉で焼かれたマットでしっとりした風合いが特徴。そこに金彩がほどこされ、華やかさと愛らしさを感じることができます。お皿のほか、マグカップやスープボールなど様々な器がありますので、揃えて使うと毎日の食卓がいっそう楽しくなりそうです。

白木さん: この金ドット皿は、器そのものに存在感があるので、お菓子や果物を無造作に置くだけでも見栄えがします。おもてなしの席で大活躍してくれますし、日常生活でもよく使っていますよ。

白釉で焼かれた金ドット皿。温もりを感じるマットでしっとりした風合いが特徴です。¥18,000 (税抜) ※手作りの為、一点一点の仕様や色味が若干異なります

次に白木さんが紹介してくれたのが、こちらもゴールドの色合いが美しいトラベルパース。このNAGAE+のTIN BREATH LEATHERシリーズは、兵庫県の熟練の革職人が上質な牛革に箔を型押し、香川県の職人の高い技術で縫製を施したシリーズ。シンプルさと機能性にとことんこだわりぬき、日常・非日常を彩るメイドインジャパンの革製ライフスタイルウェアとして評判を呼んでいます。

白木さん: とっても薄くてスマートに見えるパースですが、パスポートや航空チケットなどもスッキリ収納できるので、海外旅行のお伴にも欠かせない存在です。斜め掛けにして、その上からジャケットを羽織ることができるので、スリ対策にもなります。また、レストランなどフォーマルな場所ではパーティバッグのように持っても素敵なんですよ。

白木さんは、こういった日本の作家による“ものづくり”や“職人の技”の素晴らしさをもっと発信していきたいともおっしゃっていました。

TIN BREATH LEATHERシリーズのストラップ付トラベルパース。カラーは3色あり。¥30,000 (税抜)。取材当日も、白木さんはこれにスマホなどを入れて身に着けていらっしゃいました。

心身に届く香りで自分にエールを

“香り”を楽しむアイテムも秀逸で、ポップアップショップでは早々に売り切れになってしまった商品もありました。なかでも人気だったのが、肌に直接つけられるアロマパフュームのcaptivate perfume。全7種類の香りがあり、それぞれhero》《beautist》《love》《passionistなどのテーマを持っています。

白木さん: 大事なプレゼンがある日はheroの香りをまとって、自分を勇気づけたりしています。また、その日の体調や気持ちによっても、つけたくなるアロマは違うんですよ。昨日は一番好きな香りと感じたものが、今日は違っていたり。気持ちに素直にしたがってこのアロマオイルを選んでつけると、肌も輝くようです。

キャプティベイト・パフュームは、厳選されたオーガニック原料から作られた100%ナチュラルな新型パフューム。3~4滴を直接肌につけるほか、お風呂に入れたりヘッドマッサージに使用するなど使い方は自由自在。『PIMLICO No.72』のサイトにて特別価格で販売中

また、ポップアップショップで実際に試飲して、その上品で優しい香りに驚いたのが、WHITETREEのオーガニックハーバルティー。現代人のライフスタイルに合わせ、ハーバリストがインナー美容に焦点を当て開発、調合したハーブティーです。一般的なハーブティーにありがちな草っぽい感じはせず、スッと飲めてリラックス効果も抜群。また、カフェインフリーで人工香料なども使用されていないので、妊婦さんや授乳中の女性にも人気だそうです。

白木さん: 私はハーブティーを保温できる水筒に入れて持ち歩いています。いつでもリラックスできて、おすすめです。

WHITETREEのハーバルティー。お腹をスッキリさせる「リセットブレンド」、美肌に導く「ビューティーブレンド」、アレルギーや冷え性にも効く「サーキュレーションブレンド」など、体調に合わせて選べます。プレゼントにも最適なボックス入りLサイズ(25ティーバッグ)は¥4,100 (税抜)

金ドットシリーズの器をとても気に入った白木さんは、ご両親へもプレゼントされたそうです。

取っ手付のスープボールはデザートを入れても可愛いかも。使い方を考えるのも楽しみ。

TIN BREATH LEATHERシリーズはカードケースも素敵。驚くほど軽く、手にしっくりと馴染む感覚は格別。Business card case double ¥15,000 (税抜)

こちらのBusiness card case singleは¥10,000 (税抜)。シルバー、ゴールド、アンティークゴールドの3色があり、さりげない輝きは男性にもおすすめ。

白木さん流のセンスの磨き方とは?

エシカ: 今回のポップアップショップには様々なアイテムが並んでいますが、全体の雰囲気に統一感があり、オシャレですよね。こういう風に揃えるコツやセンスの磨き方のようなものはありますか?

白木さん: もともと買い物が大好きで、多くのモノに囲まれて暮らしていたのですが、引っ越しを機会に、いわゆる断捨離を行いました。センスの磨き方とは違うかもしれませんが、本当に大好きなものだけを残した結果、自分にとって素敵と思えるものの基準ができたように思います。

エシカ: センスを磨くというよりは、削ぎ落すという感覚が大切なのですね?

白木さん: 身軽でいることを大切にしたいと思っています。理想は、スーツケール3つ分くらいの持ち物で暮らすことかな(笑)。あとは、できる範囲でエシカルな暮らしを実践するなど、自分のベースになる理念を持つことも大切ですね。

エシカ: なるほど、まずは自分の軸を持つことからですね。これから『PIMLICO No.72』にどんなアイテムが登場していくか楽しみにしています。ありがとうございました。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

白木さんの審美眼でセレクトされたアイテムは、どれも美しさと実用性を兼ね備えていて、消費に慎重な現代女性も納得のラインナップでした。ハンドメイドのインテリア雑貨、100%天然由来の化粧品、オーガニックにこだわったファッションなど、ここでは紹介しきれないアイテムも素敵なものばかりですので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

※『PIMLICO No.72』現在はオンラインサイトのみ展開

公式HP(https://www.asmart.jp/pimlico_no72/

【関連記事】

長く愛せる上質 白木夏子さんディレクションのセレクトショップ『PIMLICO No.72』

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO 〜サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
そろそろ知っておかなくちゃ! 水素のこと。森中絵美(川崎重工)×中村知弘(UCC)
sponsored 【 2024/3/26 】 Work & Study
2023年の記録的な猛暑に、地球温暖化を肌で感じた人も多いだろう。こうした気候変動を食い止めるために、今、社会は脱炭素への取り組みを強化している。その中で次世代エネルギーとして世界から注目を集めているのが「水素」だ。とはいえまだ「水素ってどんなもの?」という問いを持っている人も多い。2024年2月に開催された「サステナ...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

太陽の下でイイ音を浴びて、心の栄養を採る。ブルーノート東京の企画・制作による無料本格ジャズイベントが今年も開催
表参道ヒルズにフォトジェニックスポット登場! おいしいコーヒーが飲みたくなるアートは必見 【imperfect 表参道】あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます