今こそ本気のエシカルを、利益も生むSDGsをーー。「業界のユニコーン」が挑む。/石川康晴 ストライプインターナショナル社長インタビュー【後編】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
3,979 view
今こそ本気のエシカルを、利益も生むSDGsをーー。「業界のユニコーン」が挑む。/石川康晴

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ファッションブランド「earth music&ecology」は今年20年を迎え、「エシカル」をブランドメッセージに。そこに込めた思い、そして、世界的な課題であるSDGsへの取り組みなどを通じ、社長の石川康晴さんが考える、これからのエシカルが目指す姿とは?(前編:どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー「earth music&ecology」が20周年を迎え、「エシカル」をテーマに掲げられました。

今から20年前の1999年。そのころから世界中で環境問題について危惧する声は高まってきていて、ブランドをローンチするときに「ecology」というサブタイトルをつけたのです。21世紀を前に、このブランドであり僕らの大事な哲学として環境問題にトライしていこうという意志でもありました。

それから20年。結局、何も変わらなかった。地球も消費者も僕らメーカーも。麻素材やオーガニックコットンの商品を1000円高い価格で販売したことにも、砂漠化した内モンゴル自治区の緑化活動にも、残念ながら期待していたほどには共感を得られなかった。多くの消費者が求める便利さや安さにわれわれの哲学が勝てなかったのです。

しかし今、20年前に比べて世論も地球環境に対して関心が高まってきています。エシカルな生き方がかっこいいという潮流もでき始めている。「earth music&ecology」というブランドを通じてエシカルを普及させていくチャンスが来ていると感じました。もう1回本気で取り組もう。その決意表明として、「エシカル」を掲げたのです。

広瀬すずさん出演のCM。エシカルを宣言した。

ーー広瀬すずさん出演、是枝裕和監督のCMを制作されました。ショップで試着を楽しむ広瀬さんの姿から、場面は縫製工場へ。そこで働く女性をフォーカスしています。このCMに込めた思い、伝えたいメッセージは?

当社では5年ほど前から「フェアサプライチェーンマネジメント」に取り組んで来ました。

CMの撮影は当社のバングラディシュの工場で行いました。バングラディシュでは2013年にファストファッションの縫製工場が倒壊し、1000人以上の方が亡くなった事故がありました。

この事故を受け、当社では洋服を販売する側にも倫理的な責任があると考え、2014年から「フェアサプライチェーンマネジメント」に取り組んできています。

海外工場で働く人をフォーカス。「顔が見えることでエシカルへの取り組み、思いが伝わりやすくなるのではと考えています」と石川さん。

ーー反響は?

おもしろいのは、若い世代から大きな反響があったこと。逆にあまり響かなかったのが僕と同世代の40~50代。消費意欲が強く、マンションに車に時計、バッグ、靴……と所有することが趣味で生きて来た世代です。一方で一番ビビッドに反応があった20歳前後の若い人たちは、フリマアプリで中古品を買うことは当たり前、普段の洋服も当社が運営する「メチャカリ」のようなサービスを利用してレンタルでいい、車もカーシェアリングでいいというマインドを持ち、その上で学校教育でもSDGsについて学んでいる。エシカルに対して自然に理解していて、われわれのメッセージもダイレクトに受け止めてくれるのです。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ごみ箱をなくして見えたこと

ーーSDGsというキーワードが出ました。御社の取り組みをお聞かせください。

政府の発表に先駆け、ショッピングバッグ有料化の活動を始め、2020年からは紙のショッピングバッグのみにする予定です。また、各ブランドでオーガニックコットンの比率をルール化します。

9月は一ヶ月間のチャレンジとして店舗、オフィスからごみ箱をすべて撤去しました。その上で出たゴミを細かく分別し、一ヶ月間でどんなゴミがどのぐらいの量で出るのかを測定しています。ごみ箱がないのはもちろん不便ですが、不便にならないと見えないことがたくさんある。ひとつ明らかになったのが「レシート不要というお客さまがこんなにいるのか」ということ。燃えるごみの中で多かったのがレシートだったのです。

日本の小売店では「代金を支払い、お釣りとレシートをもらう」というオペレーションが当たり前になっています。それを無くし、レシートが必要な方はおっしゃっていただくように切り替える予定です。紙ごみは激減すると思います。さらにレシート用のロールペーパーの使用量も減るので経費も削減できます。SDGsでは、企業は本業を通じて取り組み、利益を上げていくことも重要です。環境や人権に配慮しながら、きちんと利益にも結びつけていくか。「ごみ箱をなくす」というアクションは一例に過ぎませんが、「SDGsとは何か、どうするべきか」という難解な呼びかけだけでは一広い層になかなか伝わらない。ごみ箱を使わない、それだけで自分も地球も良くなっていく。そんな風に誰もが「自分ごと」として捉えられるような活動を取り入れていく必要があると考えます。

本気でエシカルを広めるために取り組むべきなのは大企業、大きな組織だというのが僕の持論。いくらエシカルだからといって、みんなが今までより1000円高いフェアトレードのチョコレートを買うかというと難しいでしょう。今までと同じ価格で、気づいたらエシカルな商品だった、というのがいいのではと思うのです。山の中で自然に優しい草木染をすることも素晴らしい活動ですが、それだけでは世界は青空にならない。1兆円、5兆円という規模の企業が本気でエシカルに向かわない限り、世界は変わりません。事業規模1千億円を超えたアパレル業界のユニコーンと言われる当社が先頭を走ることが重要と考えています。フェアトレード・ファッションをリーズナブルに展開して世界にフェア・ファッション広げるーー。それを見据え動いていく考えです。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ーー最後に。石川さんにとって「私によくて、世界にイイ。」とは?

「無駄、無理をしない」ということですね。たとえば、賞味期限切れの使わない調味料が冷蔵庫や食品ストッカーの中にあふれているなど。これは食品の無駄。フードロスの問題が叫ばれる今、地球環境にとっていいことは何もありません。

無理をすると安定的にいい仕事ができなくなる。食事もおろそかになり、睡眠時間が減って休みがなくなると、肉体的にも精神的にも追い詰められ、自分のライフスタイルも崩れてしまう。体を壊せば医療費もかかってしまうかもしれません。

無駄が多い社会や地球は続かないと思いますし、無理する生き方も人として続かない。無駄をせず、無理をせず、いい地球に長くすみ続ける。それが、僕にとっても世界にとっても最善のことだと考えています。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

前編:どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける

記者 中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
戦後の日本で衛生環境を改善したサラヤが、何故?アフリカの女性支援活動を始めたのか。安田知加さんに伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/14 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
今、教育業界からも熱い眼差しが注がれている社会起業家・仲本千津さんにザンビアへの訪問について伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/13 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
冨永愛 ジョイセフと歩むアフリカ支援 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/12 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO 〜サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...

次の記事

どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける。/石川康晴 ストライプインターナショナル社長インタビュー【前編】
日本語を知らない人に教えたくなる6つの言葉

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます