(第39話)「エシカル素材って?環境にも優しいアウターをまとって、冬コーデをより心地よく快適に」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
3,500 view
(第39話)「エシカル素材って?環境にも優しいアウターをまとって、冬コーデをより心地よく快適に」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第38話では、ハレの日はもちろん、普段のオシャレにも取り入れたい着物の着こなしについてお話しました。今回の記事では、冬に欠かせないアウターの素材についてお伝えしたいと思います。

エシカル素材とは?

エシカルとは「倫理的・道徳的」という意味で、その観点を考慮して生産された素材をエシカル素材といいます。

エシカルファッションで大切にされている基準と同様、「人にも環境にも社会にも優しいもの」であることを基準としています。

 

ざっくりいうと、フェアトレードで生産者の労働環境が守られていること、素材・生産・輸送のプロセスにおいて環境負荷を最小限に抑えていること、リサイクルやエネルギー問題に取り組んでいること、伝統技術や地場産業を守りつつ未来に繋げていくこと、動物の権利を守っていることなどが挙げられます。

 

具体的にエシカル素材とされるのは、植物系の自然素材やリサイクル繊維などです。

オーガニックコットン、リネン(麻)、ジュートなど植物の内部繊維、テンセル、さとうきびやとうもろこしなどの植物に由来する化学繊維、ペットボトルなどから再生されたリサイクルポリエステル、寝具など使用済みのダウンを再生したリサイクルダウンなどがあります。

 

消費者として、このような基準をもとに製造されたエシカルファッションを選択することで、地球環境を守り、持続可能な未来に一歩近づけるといえますね。

 

寒い冬に欠かせないアウターも、その基準を大切に選びたいものです。

アウターの素材、どんなものを選ぶ?

冬のアウターの定番といえば、ダウンやウールが真っ先に浮かぶと思います。

どちらも自然素材で、寒さからしっかりと身を守ってくれるのが特徴です。

 

ダウンをはじめとする動物性繊維は生分解性があり、理論上は土に還元することが可能で環境に優しいというイメージがあります。

 

一方で、サスティナビリティやアニマルライツの観点から見ると、その製造過程は倫理的には非道なものであることも少なくありません。

 

なかには、エシカルであることを考慮して生産されているものもありますが、ファストファッションをはじめ、より安く、よりたくさん衣服を製造するために、その背後には多くのものごとが犠牲になっているという現実があります。

”再生”というキーワード

リサイクル繊維の方に目を向けてみると、近年ペットボトルなど使用済みの廃棄物からリサイクルされたポリエステルを使ったウェアが数多く製造されています。

 

「化繊」というと石油を原料としているために、環境にはよい影響を与えないイメージが強いかもしれませんが、それはあくまで新たに生産する場合のこと。

リサイクルすることでCO2や廃棄物の削減に大きく貢献しています。

 

ポリエステルの特徴は、水に強く乾きやすい、丈夫、シワになりにくい、そして軽い、など。

暖かさ、肌触りの良さ、着心地の良さでは自然素材の製品に劣りますが、どんなシチュエーションでも気軽に着用できて、自宅でお手入れしやすいというメリットがあります。

 

ポリエステルを素材とするアウターは、中綿のインサレーションやフリースなど。

防寒に強いダウンやウールのコートが、屋外で過ごす時に適しているのに対して、ポリエステルを素材とするアウターは、屋内外のような温度差の大きい場所を行ったり来たりする時にオススメです。

 

今日は冷え込むというニュースを見て、ダウンにマフラーに……と、ばっちり着込んで出かけたものの、徒歩での移動や満員電車では暑すぎて汗がにじむ……なんていう経験は、皆さんにもあると思います。

 

お天気が怪しい日、徒歩や自転車での移動が多い日、暖かい屋内と寒い屋外を頻繁に行き来することが予想される日などは、ポリエステル素材のアウターが便利です。

高い性能かつオシャレも楽しめるアウトドア製品

今回ご紹介したいのは、アウトドアブランドのアウターです。

 

アウトドア製品の魅力は、なんといっても機能性に優れているところ。

過酷な自然環境でも快適に過ごせることを前提に、タフに作られているので、保温性、透湿性、防風性など寒い冬に必須の性能がしっかり揃っています。

 

最近のアウトドアウェアは、機能性に限らずファッション性にも優れたものがたくさんあるので、手持ちの服に気軽に合わせられるのも魅力ですね。

私が愛用しているのはPatagoniaの「ガールズ・トレス・3way・パーカ」。

防水シェルと、ジッパーで付け外し可能なダウンのインサレーションがセットになった三通りに着用可能なアウター。どちらも生地には100%リサイクル素材が使用されています。

 

エシカルなアウトドアブランドで有名なPatagoniaでは、ウェアに使用する素材のリサイクルにいち早く取り組み、製品の多くにリサイクルダウンやリサイクルポリエステルが使用されています。

 

アウトドアウェアは、キャンプやちょっとしたトレッキングなどアウトドアはもちろん、街着、子どもとの公園へのお出かけ着など、さまざまなシーンに対応してくれるので、服をミニマムに揃えたいという方にもぴったりです。

 

私自身、娘が大きくなるにつれて外遊びをする機会が増えて、そのたびにアウトドアウェアの快適さを身にしみて感じています。

抱っこした拍子に靴の汚れが服についても、寒空の下「まだあそぶー!」と待ちぼうけをくらっても、手軽にお手入れできて隙間風を感じないアウトドアウェアのおかげでストレスフリーです。

 

ほかにも、お出かけのときにはウールのコートの下にインナーダウンを。電車に乗ったり、屋内外を頻繁に出入りするので、サッと着てサッと脱げるような服が必要という時には、コンパクトに収納できる薄手のインサレーションを。

カジュアルな着こなしを楽しみたい時は、ゆったりサイズのジャケットにロングスカートを合わせて。綺麗にまとめたいときはダウンにニットと細身のパンツですっきりとしたシルエットに……。着こなし方は無限です。

「エシカル素材」であることを選択肢のひとつに

まだまだファストファッションがあふれる社会ですが、使用後もしくは未使用の素材をリサイクルして再生する技術が発展したことによって、消費者である私たちの心がけ次第で、環境、社会、そして人にも、より優しい選択をすることが可能となってきています。

 

服のデザイン性、機能性はもちろんですが、素材や生産背景も選ぶ時のポイントに。

 

どんなものを買う時にも共通することですが、どこで、どのように作られているかということにも目を向けて選択することを、日々大切にしたいと思います。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
戦後の日本で衛生環境を改善したサラヤが、何故?アフリカの女性支援活動を始めたのか。安田知加さんに伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/14 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
今、教育業界からも熱い眼差しが注がれている社会起業家・仲本千津さんにザンビアへの訪問について伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/13 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
冨永愛 ジョイセフと歩むアフリカ支援 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/12 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO 〜サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...

次の記事

(第2話)土と堆肥は“命の泉” 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
手話の世界に触れてみよう スターバックスによる国内初のサイニングストアで 手話をテーマにした店舗限定グッズを販売

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます