「歩いた道よ、愛になれ!」展覧会 「たかすぎるな。」×「C-DEPOT」
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「歩いた道よ、愛になれ!」展覧会 「たかすぎるな。」×「C-DEPOT」

池袋にある複合商業ビル「WACCA(ワッカ)池袋」は、施設としての可能性をより掘り下げるため、「場所や地域」を題材とした新しい価値観を提示するアートや、展覧会の開催支援を行っています。

そんなWACCA(ワッカ)池袋で、2024年2月4日(日)までアーティスト・たかすぎるな。とアーティスト集団C-DEPOTのコラボレーションによる、施設内のアートデコレーションが行われています。(記事:エシカちゃん)

歩いた道よ、愛になれ!「たかすぎるな。」×「C-DEPOT」

「歩いた道よ、愛になれ!」をテーマにした空間装飾は、アーティストたちによって生み出されたユニークなキャラクターたちが、WACCA池袋の中心に向かって歩み、皆が集うことで愛が生まれてゆくイメージから構成されています。

アーティストたかすぎるな。のライフワークである「アート・詩・歌」という三つの表現からなる展示を楽しみながら、施設内を巡る楽しさ。キャラクターたちを探しながら歩くことで「歩いた道よ、愛になれ!」を体験することが出来ます。

歩いた道よ、愛になれ! に込められた思い(たかすぎるな。からのメッセージ)

今回、WACCA池袋の空間装飾をさせていただくにあたって「歩いた道よ、愛になれ!」というテーマを設けさせていただきました。このテーマは「過去に自分が歩いてきた道にあったすべての感情や記憶よ、全部愛に変わってゆけ!」という自分や世界に向けた願いです。

この世界は、たくさんの人の些細な日常の心の動きが、たくさん積み重なってできあがっています。そういったひとりひとりの感情は、本来社会の中で無視されてはいけないもので、大切にされるべきものだと思っています。WACCA池袋に集ったみんながそれぞれ「気持ち」を自分で抱きしめて、気づいたら全て愛になっていた、そんな世界になることを願ってこのテーマにしました。
店内を歩いている100体の「気持ち」たちには全て詩が存在し、様々な身近な記憶が元になっています。足の数が偶数のものは割り切れる「気持ち」、奇数のものは割り切れない「気持ち」になっているので、ぜひ数えてみてください。

会場:WACCA池袋 1階~5階各所

Artist:たかすぎるな。
Collaboration Artists :C-DEPOT(飯野由美恵、大石麻央、葛西明子、金丸悠児、かなやまひろき、金親敦、神谷たお、小松冴果、杉山治、高橋祐次、堤あすか、星川あすか、杉山智佳子、八田大輔、依田恵、水口麟太郎、mole^3)

たかすぎるな。音楽ライブ
開催日:2024年1月27日(土)
開演時間:1st 14:00/2nd 17:00(各回30分程度)無料

歩いた道よ、愛になれ!

たかすぎるな。

1997年、神奈川県生まれ。2022年、東京藝術大学デザイン科卒業。
社会生活に勤しむうちに擦り切れていったり思想が小難しくなっていって、忘れてしまう小さな心の動きや想像力があると考え、それを制作で掬い上げることにより素朴であり同時に大きな存在である「愛」とはどんなものなのかを探究している。

 

C-DEPOT

絵画、立体、映像、写真、メディアアート等の様々なジャンルを専門分野とする、総勢約100名のアーティストによって構成されているアーティスト集団。「アート=多様性」を理念に2002年に設立、アーティストと社会の架け橋を作る活動を続けている。

 

WACCA池袋

WACCA池袋は、価格の訴求ではなく価値を提供する場を目指して、2014年に開業しました。サスティナブルな「つながり」を大切にした環境配慮型の商業施設として、ユニバーサルデザイン設計や「明るく」「文字が大きく」「わかりやすいサイン」「感謝の気持ち」等をコンセプトにした駐車場の設置を行なっています。

WACCA池袋のリーフ(葉)をモチーフにした外観デザインには「つながったすべての人とともに成長する」憩いの場所へとの願いが込められています。

https://wacca.tokyo/rental-space/#artspace

WACCA池袋から生まれるつながりやチャレンジの種・・、そこを訪れる人たちや地域の人たちと一緒になって育てていく商業施設の形って、何だか素敵です。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)Wサンフランシスコ
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン3がスタート!
独自記事 【 2023/10/10 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から8年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
【エシカ独占インタビュー】宇賀なつみ 初エッセイ本『じゆうがたび』刊行記念
独自記事 【 2023/6/19 】 Work & Study
先月、長らく続いていた新型コロナウイルス感染症が5類感染症の位置付けとなったことで、ようやくマスクをはずして外出や旅行に繰り出す人々が増えてきました。旅行や観光業界の中では、近年世界中で注目されているものに「ウェルネスツーリズム」(※)というものがあります。そのトレンドを大々的にピックアップしたイベント、「ウェルネスツ...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

チョコっとおどろくカラフルなおいしさ! しみこみショコラを発売
廃棄物ゼロを目指す SHIRO 15年目の宣言

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます