【連載】季節のプラントベースレシピ(第16話)「親子でつくりたいお手軽米粉ピザ」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【連載】季節のプラントベースレシピ(第16話)「親子でつくりたいお手軽米粉ピザ」

寒の入りを迎え、本格的に寒さが増してきたこのごろ。

陽射しがある日はポカポカと温もりを感じられますが、そうでない日はキーンとした冷たい風に外に出るハードルがぐんと上がることも。

今日はちょっとおうちでのんびりしたいなぁ……なんて日におすすめなのが、幼い子も一緒に楽しめる、米粉のピザづくりです。

今回ご紹介する米粉ピザは、小麦、卵、乳製品不使用のグルテンフリー&プラントベースのレシピです。

イーストではなくベーキングパウダーを使っているため、発酵の待ち時間の必要がなく、すぐにつくって食べられます。

わが家では、予定がない休日のお昼ごはんの定番となりつつある米粉ピザ作り。

小麦粉の生地よりベタつかず、粘土感覚で扱いやすいのも米粉のいいところ。

計って、こねて、丸めて、伸ばして、塗って、切って、載せて、焼いて……といろいろな工程があるためか、5歳の娘も飽きることなく毎回最後まで楽しんでつくっています。

トッピングはおうちにあるもの、お好みのものを。

定番のケチャップ、トマト、コーン、玉ねぎ、ウィンナー、じゃがいもなどはもちろん、米粉なので、煮物や和え物といったおかずの残りものも相性がよいです。

最近では、ジェノベーゼソースにひじきと大豆の煮物とソイチーズの組み合わせや、お醤油とソイマヨを混ぜたソースにたっぷりの白ネギとソイチーズの組み合わせなど、その都度オリジナルな(!?)トッピングで「これ意外と合うなぁ」などワイワイ盛り上がっているわが家です。

外はカリッと、中はもちもちした生地は、ジャムやフルーツなどとも合うので、おやつにもおすすめです。

思い立ったらすぐにつくれるので、ぜひお気軽に!

【即席米粉ピザのレシピ】

<材料>直径20cm2枚分

【A】

・米粉 200g

・片栗粉 大さじ2(約20g)

・砂糖 小さじ2(約10g)

・塩 2つまみ

・ベーキングパウダー 小さじ2弱(約8g)

・好みの油 大さじ1

・ぬるま湯 130cc〜(熱湯1:水2で混ぜると、ちょうど人肌くらいの温度になる)

 

【トッピング】お好みのもの

・ソース…ケチャップ、ジェノベーゼなど

・トッピング…スライス玉ねぎ、コーン、トマト、きのこ、ブロッコリー、じゃがいもなど

・チーズ

☆お好みのジャムやフルーツ、あんこ、クリームなどをのせてデザートピザにしても◎

 

*事前準備*

・トッピングの具材を切っておく(お芋や根菜など火の通りにくいものは、茹でる・蒸すなどあらかじめ加熱しておくとよい)

・オーブンを200℃に温める

①ボウルに【A】の粉類を計量し、軽く混ぜる

②①のボウルにぬるま湯と油を入れてゴムベラで混ぜる。ある程度まとまってポロポロしてきたら手でこねてひとまとめにする。

※米粉の種類によって吸水率が異なるので、ぬるま湯は130ccから始めて様子を見ながら10〜20gを目安に少しずつ追加するとよい

③生地がまとまったら半分に分け、半量の生地をクッキングシートの上にのせて、くっつき防止にその上にもう一枚クッキングシートを被せて麺棒で3〜5mmほどの厚さに伸ばす。※麺棒が無ければ、手で押し広げてもよい

④お好みのソース、具材をトッピングする

⑤200℃に予熱したオーブンで10分、向きを変えて180℃に下げ5〜10分ほど焼く

※オーブンによって焼き具合が異なるので、ご家庭のオーブンに合わせて様子を見つつ温度と焼き時間を調整してください

⑥ピザの縁にうっすら焦げ目がつき、具材に火が通っていれば完成!

この日は、米粉ピザと、娘が作った芽キャベツとコーンとウィンナーのスープのお昼ごはん。

小麦粉でつくるピザよりあっさり、モチモチした食感で腹持ちもよく、家族3人で2枚でちょうどいいくらいの量です。

普段、娘はあまり積極的には食べないおかずや素材も、ピザにのせると自分でつくった嬉しさと大好きなチーズの美味しさも相まってか「おいしい!」とパクパク。

いろいろな食べ物にチャレンジしてみるメニューとしても、おすすめかもしれません。

「今日は何しよう?」

そんなちょっとゆとりのある日に、親子でつくってみるのはいかがでしょうか?

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】季節のプラントベースレシピ

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)Wサンフランシスコ
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン3がスタート!
独自記事 【 2023/10/10 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から8年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
【エシカ独占インタビュー】宇賀なつみ 初エッセイ本『じゆうがたび』刊行記念
独自記事 【 2023/6/19 】 Work & Study
先月、長らく続いていた新型コロナウイルス感染症が5類感染症の位置付けとなったことで、ようやくマスクをはずして外出や旅行に繰り出す人々が増えてきました。旅行や観光業界の中では、近年世界中で注目されているものに「ウェルネスツーリズム」(※)というものがあります。そのトレンドを大々的にピックアップしたイベント、「ウェルネスツ...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

フランス産の上質なチョコレートを使用した菓子を作り、障害のある方へ機会も作る。
サスティナブルなAIRWASH™技術でデニムの新時代をつくるGUESS JEANS

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます