【連載】季節のプラントベースレシピ (第11話)「作り置きがあれば安心!クセのない大豆ミートの戻し方と基本のそぼろレシピ」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【連載】季節のプラントベースレシピ (第11話)「作り置きがあれば安心!クセのない大豆ミートの戻し方と基本のそぼろレシピ」

暑い日が続くと、台所に立つのもエイッと気合がいるこの頃。

今回は、そんな夏のごはん作りをちょっぴり楽にしてくれる、ソイミートのそぼろのレシピをご紹介したいと思います。

健康意識の高まりや環境・食糧問題、動物愛護の観点など、様々な社会的背景から、ますます注目されているプラントベース食品のソイミート(大豆ミート)。スーパーやコンビニなど、身近なところでもよく見かけるようになったのではないでしょうか。

ソイミートはお肉の代替品として高タンパクで栄養価が高く、使い勝手が良い一方で、下処理が十分でないと、青臭さや水っぽさを感じることも。

下ごしらえを丁寧にすることで、大豆臭さがしっかり取り除かれ、口当たり良く美味しい仕上がりになるので、ぜひ戻し方の工程は飛ばさず作ってみてくださいね。

とってもシンプルなレシピなので、好みの調味料を足したり他の素材と合わせてアレンジも可能です。

わが家では一度にまとめて作って、小分け冷凍しています。「今日のごはんは簡単に済ませたいなー」なんて日にごはんや麺の上に薬味と一緒にのっけると、満足感のある一品に。

お肉と比べて消化の負担も少ないので、夏バテ気味な胃腸にもおすすめです。

ソイミートは様々なメーカーから販売されていますが、私がよく使うのは「アリサン」の有機大豆を使用したミンチタイプのソイミートです。

原材料が有機大豆のみとシンプルで安心して使うことができ、手に入りやすく大容量タイプもあるので使い勝手が良いのがお気に入り。また、乾燥タイプのソイミートは長期保存も可能なので、災害時のいざというときの備蓄にもなります。

下処理不要のレトルトタイプのもの、下味の付いている加工度合いの高いソイミートは、手軽に使えて便利な一方で、加工工程が増えるため、中には添加物や安全性に疑問のある調味料が使用されたものも。

安全な大豆ミートを選ぶ際には、できるだけ加工度の低いシンプルなもので、かつオーガニック認証があるもの、国産の遺伝子組換えの大豆を使用していないものを選ぶのがおすすめです。

今回のレシピは、乾燥タイプのソイミートなら、どのメーカーでもほぼ同じように作ることができるので、お好みのもの、お手元にあるものでぜひお試しください。

【大豆ミートの戻し方】

※フィレタイプ、ブロックタイプも同様に作れます

<材料>作りやすい分量(約4人分)

・大豆ミート(ソイミート)・ミンチタイプ 50g

・水 適量

 

① 大きめのボウルに大豆ミートとたっぷりの水またはぬるま湯を入れ、ゆっくり戻す(目安は触ってみて柔らかく、芯のようなものを感じないくらい)

② 戻せたらザルに上げてサッと洗い、水を切っておく

③ お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら②の大豆ミートを入れて1.5〜2分茹でる

(フィレタイプは約2分、ブロックタイプは約3分)

④ 大豆ミートをザルに上げてお湯を切り、ボウルに水をため、水を替えながらしっかり洗う。※目安は大豆臭さが薄まり、色が薄くなるまで。絞りすぎると崩れることがあるので、力加減は気をつける。

⑤ ザルに上げ、しっかりと水気を絞って完成

→この後下味つけの工程へ

【ソイミートで作る基本のそぼろ】

<材料>約4人分

・戻したソイミート 約150g(戻し前50g)

・しょうゆ 大さじ2

・みりん 大さじ1.5

① ボウルにソイミート、しょうゆ、みりんを入れてよく混ぜ、5分ほど置く

※この段階で冷凍しても◎

② ①をフライパン又はお鍋に汁ごと入れて、中火で加熱する

③ ヘラなどで混ぜながら、炒めて水分を飛ばす

 

④ 汁気を吸って、ふっくらパラパラしてきたら完成

最初はにんにくやしょうがなどの薬味や玉ねぎ、きのこなども他の素材も入れて作っていましたが、とにかく簡単で他のレシピに応用も効くことを考え、このレシピに落ち着きました。

味付けがシンプルなためアレンジしやすく、薬味も入らないので、辛味が苦手な方や小さなお子さまも食べやすくなっています。

そのままごはんに乗せてそぼろ丼として食べるのはもちろん、そうめんや冷麺のトッピングに、コチュジャンを混ぜてビビンバや担々麺風に、炒めたピーマンや玉ねぎに加えてガパオライス風に。ふかしてマッシュしたじゃがいもとまぜてコロッケに。

「しまった、寝坊した!」。

そんな日も、このそぼろと家にある野菜をちゃちゃっと炒めて、お弁当箱に敷き詰めたごはんの上に乗せたら、それなりに見た目にもボリューム的にも満足感のあるお弁当に。

娘のお弁当、疲れた日の晩ごはん。度々このそぼろに救われている私です。

下ごしらえはひと手間になりますが、慣れてしまえばとても簡単で便利な作り置きになるので、ぜひ作ってみてくださいね。

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】季節のプラントベースレシピ

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
【エシカ独占インタビュー】宇賀なつみ 初エッセイ本『じゆうがたび』刊行記念
独自記事 【 2023/6/19 】 Work & Study
先月、長らく続いていた新型コロナウイルス感染症が5類感染症の位置付けとなったことで、ようやくマスクをはずして外出や旅行に繰り出す人々が増えてきました。旅行や観光業界の中では、近年世界中で注目されているものに「ウェルネスツーリズム」(※)というものがあります。そのトレンドを大々的にピックアップしたイベント、「ウェルネスツ...
インターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2 第二話の見どころをご紹介
独自記事 【 2022/12/5 】 Work & Study
11月7日(月)より配信がスタートした、SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2!「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演して、身近な話題や気づきから、持続可能なアクションやサステナブルについて考えを深めます。今回は、12月5...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

スキマスイッチ20周年記念「Augusta Camp 2023」開催決定! 特別ラジオコーナーのスペシャルオンエアもオーガスタファン必聴
「森とジビエ」をテーマにした一泊二日のフィールドワーク

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます