《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け

最高賞「パルム・ドール」のトロフィー(写真提供:Chopard)

「カンヌ」と言えば、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルム・ドールを日本に持ち帰ったのが記憶に新しいところです。

あれから早1年。そのカンヌ国際映画祭が、今年も5月14日夜(現地時間)に開幕しました。

今回は、第47回に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを勝ち取ったクエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がぎりぎりになって出品されたり、カンヌの常連とも言えるジム・ジャームッシュ監督の最新作『The Dead Don’t Die(原題)』がオープニングを飾ったり、話題作が目白押しです。

エシカでは、公正な労働環境の下で採掘され、フェアマインド認証を受けたゴールドを使用して作られたパルム・ドールのトロフィーを手がけているハイジュエラー、ショパールのエシカルな精神に賛同するとともに、今年もカンヌからの最新情報をいち早くお届けします。

カンヌ国際映画祭の不変のシンボル、パルム・ドールとは

カンヌは、フランス南部の地中海に面するリゾート地です。そこで毎年5月に開催されるのがこの映画祭で、ヴェネチア、ベルリンと並ぶ「世界三大映画祭」のひとつと称されています。

なぜアカデミー賞がその三つに入っていないの?と思うかも知れませんが、受賞式に特化したアカデミー賞と違って、コンペティションと同時並行して、映画製作会社や配給元などが一同に介して、作品の権利を売買する国際的な見本市も行われている、まさに映画界の大規模な祭典なのです。

また、カンヌで連想するのが、コンペティションの最高賞である「パルム・ドール」です。古くは黒澤明、今村昌平など歴代の日本人監督も受賞していることから、わりと耳慣れた言葉でもあるでしょう。

この「パルム・ドール」とは、トロフィーのデザインを見れば一目瞭然ですが、フランス語で「黄金のパルム(ヤシの葉)」を意味します。

エシカルなゴールドのみで作られた、パルム・ドール(写真提供:Chopard)

このトロフィーは、オフィシャルパートナーであるショパールのメゾンの共同社長兼アーティスティック・ディレクターを務める、キャロライン・ショイフレ/ Caroline Scheufeleが1998年にデザインしたものです。サステナブル・ラグジュアリーを掲げるショパールは、このトロフィーを、エシカルなフェアマインドゴールドで作りあげました。

キャロライン・ショイフレ(写真提供:Chopard)

そして、レッドカーペットでセレブリティが身に纏うジュエリーも、キャロライン・ショイフレの構想によってラインナップされた2019年の「レッドカーペット コレクション」から、セレブリティたちに選ばれたものです。

早速、初日のレッドカーペットを飾った、煌びやかなショットをご覧ください。

ジュリアン・ムーア/ Julianne Moore

まずは、オープニングセレモニーの常連でもある米国女優のジュリアン・ムーア。深緑のドレスに、エメラルドのイヤリングがマッチしています。

ジュリアン・ムーア

ショパールのキャロライン・ショイフレ(左)と、ジュリアン・ムーア(右)〜写真提供:Chopard

エル・ファニング/ Elle Fanning

今回、コンペティション部門の審査員を務める米国女優・エル・ファニングは、エレガントなサーモンピンクのドレスで登場。洋梨シェイプのダイヤモンドをフィーチャーしたイヤリングが、眩いばかりの輝きを放っていました。

エル・ファニング(写真提供:Chopard)

エル・ファニング(写真提供:Chopard)

クロエ・セヴィニー/Chloë Sevigny

今回のオープニングを飾った、ジム・ジャームッシュによるゾンビ映画『The Dead Don’t Die(原題)』に出演している米国女優、クロエ・セヴィニーの左手に輝く、ダイヤモンドをフィーチャーしたホワイトゴールドのブレスレットも、ショパールのコレクションから。

クロエ・セヴィニー(写真提供:Chopard)

ロミー・ストリド/ Romee Strijd

大胆なドレスに身を包んだオランダのモデル、ロミー・ストリドの耳に輝いていたのは、フェアマインドホワイトゴールドをフィーチャーしたイヤリング。

ロミー・ストリド(写真提供:Chopard)

このほかにも、多くのセレブリティが集結し、華やかなオープニングを迎えたカンヌ初日でした。

エシカでは、引き続き、2日目以降の動向も順次お伝えしていきます。

ブラジルのモデル、イザベル・グラール/Izabel Goulart(写真提供:Chopard)

元・少女時代メンバーで、女優・シンガーとして活躍するジェシカ/Jessica Jung(写真提供:Chopard)

セネガルの映画監督・女優Maimouna N'Diaye(写真提供:Chopard)

中国の女優、劉涛/ Liu Tao(写真提供:Chopard)

公式サイト
https://www.festival-cannes.com/

《第72回カンヌ国際映画祭》連載企画

《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け

《第72回カンヌ国際映画祭・Day2》ショパールのレッドカーペットコレクションから

《第72回カンヌ国際映画祭・Day3》注目の音楽映画『ロケットマン』を上映、エルトン・ジョン本人もレッドカーペットに登場

《第72回カンヌ国際映画祭》チャン・ツィイーをゴッドマザーに指名

《第72回カンヌ国際映画祭・Day4》ペドロ・アルモドバル監督の『Pain and Glory』プレミアを飾ったセレブリティたち

《第72回カンヌ国際映画祭》マライア・キャリーの圧巻パフォーマンスに酔いしれる 〜ショパールLOVEナイトより

《第72回カンヌ国際映画祭》若手俳優に贈られる「ショパール・トロフィー」授賞式から

《第72回カンヌ国際映画祭》クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』プレミアから

記者:山田勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

是枝裕和監督の『万引き家族』がパルム・ドールを受賞してから早くも1年経ったのですね。昨年は、この映画に出演していた樹木希林さんが惜しまれつつ亡くなり、その直後に安藤サクラさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説『まんぷく』の放映が始まるなど、いろいろあった年でした。

今年は日本人監督の作品のエントリーはありませんでしたが、久しぶりにカンヌに戻ってきたクエンティン・タランティーノ監督の、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットのダブル主演による新作がどんなものか気になっています。

クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「ちがうから、おもしろい!」 フェロー諸島北西の島で出逢った方の言葉 。 エシカリスタ Vol.34 写真家 内山香織さん
《第72回カンヌ国際映画祭・Day2》ショパールのレッドカーペットコレクションから

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます