《第72回カンヌ国際映画祭・Day4》ペドロ・アルモドバル監督の『Pain and Glory』プレミアを飾ったセレブリティたち
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
《第72回カンヌ国際映画祭・Day4》ペドロ・アルモドバル監督の『Pain and Glory』プレミアを飾ったセレブリティたち

左から、アラヤー・ハーゲート、グアン・シャオトン、アンバー・ハード、マリカ・ペレグリネッリ(写真提供:Chopard)

4日目を迎えたカンヌでは、ペドロ・アルモドバル/Pedro Almodóvar監督のコンペティション部門出品作『Pain and Glory(英題、原題はDolor y Gloria)』が、プレミア上映されました。今回もレッドカーペットに登場した華やかなセレブリティのショットとともにレポートします。

ペドロ・アルモドバル監督『Pain and Glory(英題)』予告編〜Sony Pictures España

スペインが生んだ2大スターが競演する注目作

アルモドバル監督は『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『トーク・トゥ・ハー』『オール・アバウト・マイ・マザー』など多くの作品で映画賞を獲得してきた、スペインの巨匠。第70回カンヌ国際映画祭では審査委員長を務めました。

芸術性の高い美しい映像とともに、人間の内面を時にはユーモラスに、時には鋭くえぐる、独特の作風を持っています。

日本に縁のあるところでは、1991年の監督作『ハイヒール』で坂本龍一さんが音楽を担当しています。

スペイン映画と言えば、映画俳優ではアントニオ・バンデラスとペネロペ・クルスが日本でも名を知られている二人ではないでしょうか。アルモドバル監督は、このふたりをよく起用することでも知られていますが、今回の『Pain and Glory』は、彼らが競演している注目作でもあります。

ペドロ・アルモドバル監督『Pain and Glory(英題)』予告編・別バージョン〜Sony Pictures España

続いて、本作のプレミアでのレッドカーペットを飾ったセレブたちのショットをお届けします。引き続きエシカでは、カンヌの様子を順次レポートしていきます。

アラヤー・ハーゲート/ Araya Hargate

肩から炎が燃立つような真紅のドレスで登場したタイの女優、アラヤー・ハーゲートは、ホワイトゴールドにダイヤモンドとダイヤモンドスタッズを敷き詰めたゴージャスなネックレスで、首元を飾っていました。

アラヤー・ハーゲート(写真提供:Chopard)

アンバー・ハード/ Amber Heard

米国の女優、アンバー・ハード。ルビーをフィーチャーしたゴージャスなイヤリングが、インパクトある深紅のラッフルドレスにマッチしています。

アンバー・ハード(写真提供:Chopard)

アンバー・ハード(写真提供:Chopard)

マリカ・ペレグリネッリ/ Marica Pellegrinelli

ステンドグラスのような輝きのドレスを纏ったイタリアの女優、マリカ・ペレグリネッリの首元を飾るのは、サファイアをフィーチャーしたホワイトゴールドのネックレス。

マリカ・ペレグリネッリ(写真提供:Chopard)

グアン・シャオトン/ Guan Xiaotong

エメラルドとダイヤモンドを散りばめたユニークなシェイプのイヤリングが映える、中国の女優、グアン・シャオトン。

グアン・シャオトン(写真提供:Chopard)

グアン・シャオトン(写真提供:Chopard)

公式サイト
https://www.festival-cannes.com/

《第72回カンヌ国際映画祭》連載企画

《第72回カンヌ国際映画祭・Day1》煌びやかなレッドカーペットから、ゴージャスなショットをお届け

《第72回カンヌ国際映画祭・Day2》ショパールのレッドカーペットコレクションから

《第72回カンヌ国際映画祭・Day3》注目の音楽映画『ロケットマン』を上映、エルトン・ジョン本人もレッドカーペットに登場

《第72回カンヌ国際映画祭》チャン・ツィイーをゴッドマザーに指名

《第72回カンヌ国際映画祭・Day4》ペドロ・アルモドバル監督の『Pain and Glory』プレミアを飾ったセレブリティたち

《第72回カンヌ国際映画祭》マライア・キャリーの圧巻パフォーマンスに酔いしれる 〜ショパールLOVEナイトより

《第72回カンヌ国際映画祭》若手俳優に贈られる「ショパール・トロフィー」授賞式から

《第72回カンヌ国際映画祭》クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』プレミアから

記者:山田勲

上智大学理工学部卒。1985年ソニー株式会社入社。ソニー・ミュージックエンタテインメントEPICソニーレコードのディレクターを経て、インタービジョン・レーザーフィッシュ取締役などを歴任、ethica編集部では音楽制作の現場経験を活かし、音楽を中心にエンタメ分野のライティングを担当。これまで担当した著書に「デジタルエレクトロニクスの秘法」(岩波書店ジュニア新書)、「0と1の世界」(教育出版・中学国語3)の寄稿がある。

ーーBackstage from “ethica”ーー

アルモドバル監督の作品『ハイヒール』は、宣伝ポスターがステキだったのと、坂本龍一さんが音楽担当ということもあって、公開時に観に行った記憶があります。同じ頃、教授は『ラストエンペラー』に続くベルナルド・ベルトルッチ監督の『シェルタリング・スカイ』の音楽も担当していて、そのグローバルな活躍に敬服したものです。

彼の監督作ではありませんが、ペドロ・アルモドバルが製作総指揮を担当し、第67回カンヌに出品されたアルゼンチン映画『人生スイッチ(英題:Wild Tales、原題:Relatos salvajes)』が、本国では『アナと雪の女王』の倍の興行収入を得たとのこと。アナ雪と比べるものではないとは思いますが、面白そうなので、近々観てみようと思います。

映画『人生スイッチ』予告編〜ギャガ公式チャンネル

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田 勲

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

人毛でも化繊でもないサステナブルな新素材。アデランスとスパイバーが新しい選択肢を提案
《第72回カンヌ国際映画祭》マライア・キャリーの圧巻パフォーマンスに酔いしれる 〜ショパールLOVEナイトより

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます