姿勢が伝わるコミュニケーション(後編) 電通 プランナー 木下舞耶氏 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『電通編』木下舞耶氏
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
姿勢が伝わるコミュニケーション(後編) 電通 プランナー 木下舞耶氏

電通 PRソリューション局 クリエイティブ・プランナー 木下舞耶氏

ethicaがメディアパートナーとして参加した「サステナブル・ブランド 国際会議2019 東京」で行われたセッションの一つが「姿勢が伝わるコミュニケーション」でした。参加されたのは凸版印刷、ポーラ、電通の3社。今回は電通からの報告についてご紹介しましょう。(エシカちゃん)

カンヌライオンズ 国際クリエイ ティビティ・フェスティバル SDGs部門

毎年6月、フランスのカンヌで行われている世界最大規模の広告賞が「カンヌライオンズ 国際クリエイ ティビティ・フェスティバル」です。日本でも6割の消費者がブランドの社会的・政治的主義やスタンスに購買行動が影響されているなど、消費者の意識の変化にともなって広告コミュニケーションのクリエイティブ表現も年々進化している中、一昨年この広告賞にも大きな変化が見られました。国連とのパートナーシップによってSDGs部門が新たに設けられたのです。

電通 PRソリューション局 クリエイティブ・プランナー 木下舞耶氏

コミュニケーションで使える12のクリエイティブ手法

昨年、同フェスティバルに参加された電通PRソリューション局クリエイティブ・プランナーの木下舞耶さんは、今回その経験を踏まえてコミュニケーションで使える12のクリエイティブの手法

1、可視化する

2、置き換える

3、擬人化する

4、立場を逆転させる

5、機能を発明する

6、具現化する

7、データ化する

8、仕組みを作る

9、ルールを逆手にとる 

10、対立構造をつかう

11、ストーリーを与える

12、時間軸を変える

の中からいくつかの具体的事例を紹介してくださいました。

海に浮かぶごみを全部集めるとフランスの国土ほどになるという事実を可視化

1「可視化する」事例として挙げられたのは、世界中の海に浮かぶごみを集めて国を作ったと仮定すると、フランスの国土ほどの広さになるという事実を踏まえ、トラッシュアイルズ(ごみの島)と名付けて国連に国として申請しようというキャンペーンです。世界中の海に浮かぶごみを全部集めるとフランスの国土ほどになるという事実を可視化し、その規模の大きさを国に例えて分かりやすく表現することでごみ問題への関心を高めようとしました。

国として認められるためには、通貨があること、ある一定の数以上の国民がいることなどいくつかの条件が必要ですが、その条件を1つずつクリアしていくことでさらに話題となり、キャンペーンが広がっていきました。

ロゴのワニを絶滅危惧動物に変える

2「置き換え」の事例はポロシャツで有名なラコステです。ラコステは動物保護団体とパートナーシップを組み、ロゴのワニを絶滅危惧種にされている動物に置き換え、しかも、枚数を現在のその動物の生息数にして制作・販売したところ、限定感が高まったこともあって24時間以内に完売したそうです。商品を売るというよりも、目的は絶滅危惧動物に対する認知を向上しようというものでしたが、これにより動物保護団体への寄付金が4倍にもなるなどその狙いは見事に達成されたといえそうです。

パスポートに署名という新たな機能を追加

5「機能を発明する」の具体例としては「パラオ・プレッジ」と名づけられたパラオのパスポートに関するキャンペーンの事例が紹介されました。

パラオでは観光客による自然破壊が大きな問題になっていました。そこで、国は空港の入国スタンプを「私は自然を守ります」という誓約文にし、観光客自身が署名をするというアクションを義務化。パスポートの入国スタンプに署名という機能を新しく発明した事例で、これにより問題の解消へとつながっています。

カナダのLGBTサポート団体が作ったサイト

7「データ化する」の事例として挙げられたのは、カナダのLGBTサポート団体が作ったサイトです。これは世界中の都市のLGBTに関する法律やSNS上でのLGBTに対する好意的あるいは嫌悪的なコメントを解析し、レインボーフラッグをモチーフにした棒グラフとして表示することで、LGBTに対してどれだけフレンドリーな都市なのかを一目で分かるようにしたものです。データを象徴であるレインボーを活用してビジュアライズしたことで、LGBTの旅行者にとって役に立つと同時に、LGBTに対する寛容度の指標理解にもなりました。

電力を50%以上節約できることを実証

最後に紹介されたのは9「ルールを逆手にとる」事例で、アメリカのテレビチャンネル、ナショナルジオグラフィックが実践しているケースです。

番組を編集する際、使用するピクセル数を半分に減らすメッシュ加工をすることで、映像のクオリティは落とさずに電力を50%以上節約できることを実証しました。

テレビ番組はピクセルを全部使わなければならないというルールや常識を打ち破ることでソリューションを生み出している事例です。

よりよい世界をつくるにはクリエイティブの力が不可欠

(左)電通 PRソリューション局 クリエイティブ・プランナー 木下舞耶氏

報告を終えた木下さんは、

「場合によっては炎上しやすい、難しいテーマがありますが、伝えたいテーマがブランドにフィットしていて説得力があることが大事だと思います。よりよい世界をつくるためにはクリエイティブの力が不可欠です。私たちクリエイターが消費者の皆さんと一緒に取り組んでいけたらいいですね」

と締めくくりました。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

関連記事:

3月6日・7日【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】メディアパートナーのethicaでは優待チケットも

誠実努力で「なくてはならない会社」へ 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『セイコーエプソン編』

セイコーエプソン・碓井社長が思い描く、色彩豊かな未来のヴィジョン

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『テレビ東京編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『クボタ編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『電通編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『YouMe Nepal代表理事 ライ シャラド氏編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『フィリップ モリス編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『横河電機編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『横浜市編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『凸版印刷編』

【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『ポーラ編』

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

姿勢が伝わるコミュニケーション(中編) ポーラ 市場接点開発部部長 望月亮氏 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『ポーラ編』
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」 2020年1月22日(水)~2月4日(火)渋谷スクランブルスクエア7階イベントスペース「L×7」で「GO Journal in SHIBUYA」開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます