(第41話)「年末年始で疲れがちな胃腸を整えて1年のはじまりをスッキリと。”ゆるファスティング”のすすめ(前編)」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第41話)「年末年始で疲れがちな胃腸を整えて1年のはじまりをスッキリと。”ゆるファスティング”のすすめ(前編)」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第40話では、消臭・防虫・芳香などの効果がある消臭スプレーとサシェの作り方・使い方をご紹介しました。work&study第1話となる今回は、生活が乱れがちな年末年始の体調を整えてくれるファスティングについてお話ししたいと思います。

新年こそファスティングで体のケアを

冬の一大イベントであるクリスマスを終えたと思ったら、すぐにお正月を迎える準備。なんだか慌ただしい時期ですね。

クリスマスに続き年末年始は、何かとご馳走を食べる機会が多いと思います。

 

いつもよりお酒を飲んだり、お肉や油をたっぷり使った食事をしたりと、知らず知らずのうちに胃腸をはじめ、体への負担が大きくなっていることも。内臓の疲れは、むくみや便秘、頭痛などさまざまな不調につながります。

 

そうなる前におすすめなのが、ファスティングで日頃頑張ってくれている体のケアをすること。

 

ファスティングとは、一定期間食事を摂らない”断食”のことで、そのデトックス効果は消化機能の回復だけでなく、お正月太りの解消や美容にも!

 

近年、雑誌やネットなどでも話題になることが多く、耳にする機会も増えていると思います。

ファスティングというと、一昔前は「断食道場」で口にするものは水のみと厳格に行うものでしたが、今は酵素ジュースや消化によい食事を取り入れたり、またやり方も、何日にも渡って続けるものから、1日1食のみ控えればよしとするものまで、さまざまなスタイルがあります。

 

ファスティングの期間は長いほど効果はアップしますが、準備期間や回復期間をどう過ごすかも重要で、それを怠ると体への負担が大きく、逆効果になってしまいます。安易に行うのは危険も伴うため、初めての方は3日以上の断食は専門家に相談する方が安心です。

 

そこで今回は、友人や家族、仕事関係の方とのお付き合いがある中でも気軽に取り入れやすい、ゆるファスティングの方法をお伝えします。

 

ゆるファスティングは、食べ過ぎた次の日の1食を控えたり、消化のよいものに置き換えるやり方で、完全に食事を断つファスティングより気軽に取り入れやすいのがポイント。

 

年末年始の胃腸の疲れをリセットし、新しい1年をスッキリと気持ちよく迎えるためのお手伝いができればと思います。

ファスティングの効果

一定期間何も食べずに過ごすことで、普段動かしっぱなしで疲れている内臓を休めることにつながるファスティング。

「万病を治せるのは断食だけ」という言葉があるほどデトックス効果が高く、さまざまな不調の改善につながります。

 

体の機能維持には「体内酵素」が大きく関わっています。

ざっくり分けると、食べたものを分解する「消化酵素」と、体にとって必要なものをつくったり不要なものを排除して、細胞の再生や修復を担う「代謝酵素」の2種類。

ファスティングは、消化酵素に偏りがちな体内酵素の働きを代謝酵素にまわし、体の機能の回復を高めることにつながります。

 

先にお伝えしたように、肌荒れ、便秘、むくみ、慢性的な疲労感、風邪の症状など、不調の原因の多くは、内臓や免疫機能の低下によるもの。ファスティングによって胃腸をしっかりと休ませてあげることで、免疫力がアップし、体全体の代謝機能も上がると言われています。

 

腸をしっかり休めるとお通じがよくなり、腸内環境が整うことで血液がサラサラになり美肌効果も期待できます。また血行がよくなると体の隅々まで栄養が行き渡り、肌のくすみも取れ、ニキビや肌荒れも改善していくことも。

さらに、摂取カロリーが抑えられるため、結果的にダイエットにもつながることもあります。

 

何より大切なのは体の感覚が変化していくこと。

・胃が正常な大きさに戻り、満腹感を感じやすくなる

・味覚や嗅覚が鋭くなり、素材の味を美味しいと感じられるようになる

・体が軽く、体を動かすことが心地よくなる

・不調が改善に向かい、気持ちも前向きになる

・眠気や疲れでぼーっとしていた時間が減り、頭の中がスッキリと記憶力も高まる

などといった変化が感じられたら、ファスティングが効いている証拠です。

 

定期的に行うことで、本来の体の声が聞こえるように。

「より体にとっていいもの」「本当に体に必要なもの」を自然と選べるような状態にリセットしていきたいですね。

ゆるファスティング、どうやってする?

私がファスティングと出会ったのは10代後半のころ。

その時大きな悩みだったアトピーに、薬以上の効果を発揮してくれたように感じます。アトピーが改善したことも大きく影響して、何事もネガティブに考えがちだった性格は前向きになり、フットワークも軽くなりました。

 

それをきっかけに、今でも不調を感じたときは、無理のない形でファスティングを取り入れています。

 

かつての日本のライフスタイルにハレとケがあったように、普段の食生活は野菜・穀物中心で腹八分目くらいが日本人の体に合っていますが、食の多様化によって糖質・タンパク質に偏り、さらにてついつい食べ過ぎがちになっている現代。

 

精製された小麦、乳製品、お肉は消化の負担も大きいので、日常的に口にしていると知らず知らずのうちに体にとって大きなストレスになっていることもあります。

栄養バランスが気になるかもしれませんが、3食きちんと摂っている方は日常的に胃腸を休めることをもっと意識しても大丈夫です。

ファスティングを終えたあとは、びっくりするくらい体が軽くスッキリしているかも!

取り入れやすいのは、1食を消化のいいものに置き換えたり、1食から2食を控える方法。

 

結婚する前は自分だけの食事なので思うように調整できていましたが、家族のご飯を作る必要があったり、職場で昼食が出るので控えることができなかったり、といった状況で3食を完全に控えることが難しいため、ライフスタイルに無理なく、ゆるやかに取り入れる方法を実践しています。

 

ゆるファスティングの前後1日分の食事は「まごわやさしい」(*)を意識して腹8分目以下に、アルコールやカフェインは控えておくことが、負担や反動を少なくするポイントです。

 

普段しっかり食べていたところから急に食事を抜いてしまうと、体はびっくりして「もっと食べなきゃ!」と食欲アップの信号を脳に送ります。

そうするとファスティング後にむくむく食欲が増加して結果前よりも食べてしまう、なんてことも。

 

そうならないためにも、ゆるファスティングは計画的に行ってくださいね。

ゆるやかに取り入れて、無理なく体の変化を楽しんで

今回はファスティングの基本的な知識と効果をお伝えしました。

本格的なファスティングにハードルの高さを感じる方も、ゆるファスティングならライフスタイルに無理なく取り入れることが可能です。

 

次回は実践編。ゆるファスティングをするのにおすすめなタイミングと、具体的な方法をお伝えしたいと思います。

 

年末年始で疲れた胃腸をしっかり休めて、心身すっきりと新たな1年を過ごせますように。

 

どうぞよいお年を!

 

(*)健康的な食生活を送るための和食の食材を表したことば。

「ま」=豆、「ご」=ごま、「わ」=わかめ、「や」=やさい、「さ」=さかな、「し」=しいたけ、「い」=いも

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
戦後の日本で衛生環境を改善したサラヤが、何故?アフリカの女性支援活動を始めたのか。安田知加さんに伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/14 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
今、教育業界からも熱い眼差しが注がれている社会起業家・仲本千津さんにザンビアへの訪問について伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/13 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
冨永愛 ジョイセフと歩むアフリカ支援 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/12 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO 〜サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...

次の記事

(第4話)“種”から育てるパウンドケーキ 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
【ethica-Voice】1杯のコーヒーがサステナブルな未来に貢献できること 企業の様々なサステナブルな取り組みをインタビュー(第2回)スターバックス コーヒー ジャパン

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます