2021年のバレンタインチョコは新しい価値観で選びたい! imperfect表参道にて開催中の企画、テーマは「幸せなチョコレート」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
2,471 view
2021年のバレンタインチョコは新しい価値観で選びたい! imperfect表参道にて開催中の企画、テーマは「幸せなチョコレート」

今年も、もうすぐバレンタインデーがやってきますね。街の売り場に並ぶたくさんのチョコレートを眺めていると、思わずウキウキしてしまいます。チョコレートを食べるのって幸せ!と感じる方はきっと多いと思いますが、もしも美味しさだけじゃない、別の視点からも幸せを噛み締めることができたとしたら・・・おいしさ倍増になるかもしれません。今日はそんな想いにぴったりのイベントをご紹介します。

(記者:エシカちゃん)

幸せなチョコレート、それってどんなチョコレート?

新型コロナウイルス感染拡大に伴いステイホームを人々が心掛けた結果、全世界でCO2排出量が減少するなど、私たちは自らの意思や選択がダイレクトに社会や環境に影響を与えていることに気づきはじめています。この経験を経て、私たちの「世界中の人とつながっている」という想いは、より一層強くなったのではないでしょうか。

地球環境に配慮され作られた服に注目が集まり、就活においては「#エシカル就活」が企業を選ぶ新基準になるなど、自分のことだけではなく、自分以外の人や社会、環境のことを考え選択することが、いま生きる時代の新基準になりつつあります。imperfect表参道はそうした時代の流れをリードするアクションを私たちに提示してくれました。

今回の取り組みでは、このアップデートされた新基準をチョコレートで体現することに。生産から販売に関わる全ての人が、正しい対価と正しい環境の中にいる「幸せなチョコレート」。半径5mの人の幸せを想うバレンタインデーではなく、半径6371kmのバレンタインデーへ。もっとみんなを幸せにできるチョコレートを選ぶのが、現代(いま)の私たちらしいかもしれない。

バレンタインデーというチョコレートの消費が最も増えるこの日に、一緒に考えてほしいという想いが込められています。

バレンタインエシカル(※注)に関する意識調査

今回のイベントに先駆け、imperfect表参道では、2021バレンタイン及びエシカル※1に関する意識調査を実施したとのこと。その結果がこちらになります。

(※注)ここでは「人や地球環境、社会、人に配慮すること」と定義

■調査概要(imperfect表参道自社調べ)

手法:インターネット調査/対象:全国、女性、20ー60代/サンプル数:250名/調査実施日:2021年1月19~22日

「新型コロナウイルス拡大によって人や地球環境、社会、人に配慮した消費行動の機会が増えましたか。」という問いに対して、YESと回答した人は86%。パンデミックを通じて人々の意識に変化があったことが分かります。

さらに、問1でYESと答えた人の中で「2021年のバレンタインにおいて地球環境、社会、人に配慮した消費行動を実践しようと思いますか。」という質問もあり、これには半数以上の62.8%がYESと答えています。

コロナ禍のバレンタインにおいては、以前よりもエシカル意識が高まっている様子がうかがえますね。

チョコレートアーティストnoricoさんとのコラボを実施!

norico(チョコレートアーティスト) チョコレートを用いてコルネや指先で描写するアーティスト。主に、プレートに描写する過程を刹那的に表現したストーリー性のあるムービーを制作している。個人向けの結婚式オープニングムービーや企業向けのプロモーションムービー、アーティストミュージックビデオ等の制作だけでなく、ライブペイントやワークショップなどの活動も行っている。

imperfect表参道の店舗では、2021年2月1日(月)〜2月14日(日)の期間限定で、チョコレートで絵を描きストーリーを展開することで話題のチョコレートアーティスト、noricoさんとのコラボを実施しています。

noricoさんは、今回、imperfect表参道の想いに共感したことから、imperfect表参道オリジナルの作品を作成することになったのだとか。「幸せなチョコレートがあるとしたら」という問いに対してチョコレートが広がり、ストーリーが紡がれていきます。“imperfect” のロゴから始まり、カカオの実る木が描かれ、現地のカカオ農家の女性が幸せな笑みを浮かべながら収穫する様子が展開。その後、私たちの手に届くまでの長い繋がりの中で、関わる全ての人が笑顔になっている様子が描かれています。ストーリーが展開されるように一つのチョコレートが巧妙に変化していく様子を、驚きとともに楽しむことができます。

2021年のバレンタインのテーマである「幸せなチョコレート」に併せて制作されたimperfect表参道オリジナルのチョコレートアートを、店頭ポスターと特別ムービーの形で見ることができます。店頭とWEBサイトは要チェック!

「幸せなチョコレートというものがあるとしたら」。高さ2mの特大チョコレートアートポスターを作成

ムービー最後にも登場する特大チョコレートアートポスター作成中の様子

制作には1行あたり1時間以上費やしています

店内では、「幸せなチョコレート」というテーマのもと、imperfect表参道の想いを載せた一点もののチョコレートアートポスターが展示されています。なんと、その名の通り、チョコレートで描かれた絵なのです!そんな超絶技巧のポスターには、中心部に、アーティストnoricoさんによって作られた大皿作品が組み込まれています。

文字にいたるまで全てチョコレートで手書きされたポスターには、カカオの実・花・葉っぱ・枝などを中心にしたパターンの中に、動物がアクセントとして描かれています。さらにポスター右上には幸せな生産者の顔が描かれており、隠されたギミックを探すことで楽しみながら観賞できます。

さらにテーマに併せ、1粒のショコラで2つの素材を掛け合わせたフレーバーのハーモニーを楽しめるバレンタインオリジナルアソート「幸せなチョコレート」も、店舗及びECサイトにて、期間限定で販売中です。

オリジナルアソート「幸せなチョコレート」

◆ 販売期間:2021年2月14日(日)まで

※数量限定のため、無くなり次第終了。

◆ 内容:1粒で2つの素材の掛け合わせが楽しめるチョコレート

3種類を各2粒ずつ、計6粒の詰め合わせたボックスです。

◆ 価格:2,100円(税別)

◆ 販売方法:店舗&オンライン販売
https://imperfectonline.com/items/5fe35749f0b108230ac67eeb )

その3種類のチョコレートはこちら!

ALMOND & COCONUT(アーモンド&ココナッツ)

アマレットリキュールを加えたアーモンドペーストのガナッシュの上にココナッツ

風味のミルクチョコレートを掛け合わせた2層のチョコレート。

アーモンドの香ばしさとココナッツの濃厚な甘さの組み合わせが、ミルクチョコレ

ートで優しく包み込まれています。

COFFEE &ORANGE PEEL(コーヒー&オレンジピール)

高カカオチョコレートにコーヒーとトリプルセック(オレンジピールのリキュー

ル)で風味づけされたオトナなチョコレート。ビターチョコレートとコーヒーの苦

味やコクに、オレンジピールが爽やかなアクセントとなり、食べた後にコーヒーの

フルーティーな香りが口いっぱいに!

CACAO & ELDERFLOWER(カカオ&エルダーフラワー)

ダークチョコレートの上にエルダーフラワーリキュールを加えたホワイトチョコレ

ートを組み合わせた2層のチョコレート。重厚なチョコレートに、香り高いエルダー

フラワーの香りが広がり、上品で気高い味わいを楽しめます。

担当者の想い

今回の企画を担当された、imperfect株式会社の佐伯美紗子さんは、このような想いを述べていました。

「パンデミックを経て、今まで以上に私たちは世界中の人とつながっているという想いが強くなっていると感じています。だからこそ、チョコレートが一番消費される“バレンタイン”のタイミングで、今一度、生産から届くまでに関わる全ての人を思い浮かべていただけたら嬉しいです。今年のimperfect表参道のバレンタインのテーマ『幸せなチョコレート」にはそんな思いが込められています。生産者と生活者のどちらにもWellなimperfectのチョコレートだからこそ、作り手と食べる人がつながり、双方が幸せな気持ちになることを願っています。幸せな気持ちで紡がれてできた、幸せなチョコレートがあるとしたら、ということを考え、チョコレートを堪能してほしいと思います」

imperfect株式会社 佐伯美紗子さん

遠く離れた国や生産者の方々の生活にも思いを馳せて食べるチョコレートは、いつもと違う味わいが感じられるかも。imperfect表参道による「幸せなチョコレート」は、バレンタインデー当日までの期間限定で、店舗とオンライン、両方で購入が可能です。明日の休憩時間のデザートに、仲良しのあの人への贈り物に・・・わたしも購入したいと思います。

imperfect表参道

住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ同潤館1階
営業時間:11:00~21:00(日曜日のみ~20:00)
※当面、全ての営業時間を20:00までに短縮して営業
TEL:03-6721-0766
URL:https://www.imperfect-store.com/

 

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
戦後の日本で衛生環境を改善したサラヤが、何故?アフリカの女性支援活動を始めたのか。安田知加さんに伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/14 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
今、教育業界からも熱い眼差しが注がれている社会起業家・仲本千津さんにザンビアへの訪問について伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/13 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
冨永愛 ジョイセフと歩むアフリカ支援 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/12 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO 〜サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...

次の記事

(第47話)「”ことば”を愉しむ〜古くから伝わる大和言葉の魅力」キコの「暮らしの塩梅」
【ethica編集長対談】動物ジャーナリスト・森啓子さん(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます